この週末に、高校の同級生の結婚式に招待されています。
高校の友達は3人招待されており、一緒に歌を歌うことになっています。
ご祝儀なのですが、私は2万で1万円札1枚、5千円札2枚にしよう
と思い、新札の準備もしていました。ところが、友人のうちの一人が
ご祝儀を連名にしてほしい(袋と袱紗の準備ができなかったらしいのです)
と行って来たので、一応OKはしたのですが、その場合のお札の入れ方が
わかりません。2人で4万の4の数は良くないですよね?
そこで、
1.2人の連名にする場合はいくらが妥当でしょうか?
2.3人で6万にしたほうがいいんでしょうか?
3.その場合は1万円札6枚ですか?
4.それとも奇数になるように金額を増やすべきでしょうか?

ややこしい書き方をしてしまい、申し訳ありません。
どうか、回答をよろしくおねがいします。

A 回答 (3件)

erumaさん、こんにちは。



皆さんと同じように、祝儀袋は、連名ではなく個別に差し上げるのが
礼儀だと思います。
頂いた方として「まとめていくら」ではなく、一人一人にお祝いをしてもらったという、
心のこもったご祝儀が喜ばれます。
ふくさの事は、あまり気にしなくてもその場限りの見た目の問題ですから
気にすることはありません。
偶数は良くないとされていますが、2万円の場合は、重ねておめでたいとか、
ダブルでおめでたいとして許されます。
8万円の場合も、末広がりと言う事で許されています。
それ以外の偶数の場合のみ、5千円札などを混ぜて奇数にするといいでしょう。
いずれにしても、一人一人で包んだ方が先方に失礼がないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切な回答ありがとうございました。
そうですね。やはりひとりひとりからのお祝いということが、大切なんですね。友人に話したらわかってくれたので、別々に送ることになりました。
不安だったことも解消でき、式に楽しく出席することができました。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/11/05 23:51

別々に招待状を頂いているのなら、ご祝儀も別々のご祝儀袋で持って行くのが


普通だと思いますので、その友人の方にご祝儀袋を用意していただいた方が
良いのじゃないでしょうか?
ご祝儀袋を買いに行く時間がないのであればerumaさんが用意していってあげると
いうのはどうでしょう?

袱紗は別になくても極端な話し受付の方にしか見られないですし、受付もした
経験がありますが、必ずしも袱紗に包んで持ってくる人ばかりではありませんよ。
そういう私も自分の袱紗は持っていないので、その時に親等から借りる時間が
ないときには、ご祝儀袋のまま持っていってしまうことがありますし・・・。(笑)
特に年齢の若い方なら持っていなくてもそれ程気にならないのではないでしょうか?

袱紗は受付の人しかみませんが、ご祝儀袋は結婚式を挙げる本人達やご両親が
見るわけですから。

連名にするのであれば、壱万円札3枚と五千円札2枚とか偶数枚にならないように
気を付ければ良いのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切な回答をありがとうございました。
みなさんの回答を友人に話し相談したところ、別々に持っていくことに
なりました。やはり、個別に招待状をもらってますし、そのほうがいいと
思うようになりました。
全員初めての披露宴だっただめ、袱紗がなくてはいけないのではないかと
思いこんでいたのですが、受付は新婦友人の同年代の子たちだということで、友人は袱紗なしでいくことに決めたようです。
実際袱紗がなくても全然いいような雰囲気だったので安心しました。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/11/05 22:15

こんばんは。


出来ればその友人さん、まだ間はあるわけですし、袱紗にこだわらず祝儀袋を買うといいかと思うんですが…。
それが無理だというのなら、

>1.2人の連名にする場合はいくらが妥当でしょうか?
4万でもいいと思いますよ。1万円札を3枚、5千円札2枚で5枚にするとか。
あと、私達の頃には、2万円と5円玉(御縁に掛けて)を入れる。
という事もやっておりましたよ。
つたない意見ですが、検討してみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございます。
5円玉をいれるという手もあるんですね。勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/05 22:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ