天目茶碗は普通の焼成方法とは違うのですか?
 国宝の油滴天目と普通の天目の違いと、何故同じような物が作れないのか理由はあるのですか。知っている方教えて下さい。
 
 以前質問した‘ふせ焼き’についても情報があったらよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

天目と油滴天目の違いについて


ゆが溶けて分解しガスができた時に.表面で割れて.組成のちょっと異なる部分が油滴になります。ですから.ある程度粘性のあるゆをきざいに使い.黒色を出すのに.マンガンと鉄とコバルトを混ぜます。マンガンあるいは鉄の分解温度付近で.温度を維持し.分解をさせて.表面に浮き上がらせます。この後に.ちょっと温度を上げて.表面の起伏をならして(上げ過ぎに注意.油滴が消えてしまう)火を落とします。粘度の調節の関係で.石灰ゆではちょっと無理で.弱冠マグネが必要です。ナトリウム潮汐よりもカリ潮せきのほうが溶融範囲が広いので使い勝手が楽です。どうしてもというばあいには.フリットで作ります。
だから.人為的に特定の位置に油滴を作れません。

ふんいきについてご存知として書きます。
天目は極端な還元では.FeOが生成し流れてしまいますし.酸化では茶色になってしまいます。ある程度の弱い還元と弱い水(乾燥と言ったほうが良いかも)が必要です。
「普通」という状態が.物によって若干異なるので.普通の状態との比較はできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
 詳しく、分かりやすく説明していただき、とても参考になりました。

お礼日時:2001/11/05 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ