アジアや アフリカなどでは しゃがみこむ座り方(和製便器を使用する時のスタイル)で 街角や道端に座っている?人たちがよくいますよね。

日本でも そのような座る方をする若い人たちがいますが、あの座り方は 苦しいと思いますし、格好もうつくしいとはおもえないのですが(私の主観ですが)
白人というか 欧米人はあのような座り方をしているのをあまり見かけませんが、なぜなのでしょうか?

欧米人の 美意識の問題なのでしょうか?
椅子文化のせいなのでしょうか?

かつて ある方に尋ねましたら 
「貧しい人たちだから 立っていられないから」
と言われましたが、
そうではないと思うのです。

欧米人は 貧しくてもどこかに腰掛けるか、
足を投げ出して座っていると思うのです。

私は あのスタイルが あまり好きではないので、
なんだか アジア人として恥ずかしく思います。

A 回答 (5件)

回答の中にもあった、本多勝一の『しゃがむ姿勢は格好悪いか?』(朝日文庫)を一読してみてください。


美意識の問題ではないと思います。というのは美意識は近代化とともに西欧から植え付けられたものだからです。(日本では)。
袴や着物などでは、しゃがみ用に作られていることにお気づきでしょうか?
    • good
    • 0

西洋人がそのスタイルがかっこいいか悪いかを考える以前の問題として、彼らはその座り方が出来ないのです。


これは骨格的に難しいのだそうです。(絶対に不可能ではないらしいけど)もし、知り合いに西洋人の人がいたら、そのスタイルをやってもらってください。おそらく後ろに転んでしまうと思いますよ。
    • good
    • 0

もともと白人の世界には公衆便所などは存在せず、又家の中で用をたしても最終的には道に捨てていたのです。


2階から壷の中の糞便を投げ捨てたりとか。(中世位まで)こんな状態では道でしゃがめないですよね~!
対してアジアでは農耕が盛んである為にその肥料となる糞便は貴重であったのです。
当然きちんと貯蔵するので道には落ちていない訳です。
これだとしゃがめますよね~!
こう言った時代背景が原因だと思います。
    • good
    • 0

まさに質問者のそうした意識を問題にした、



本田勝一『しゃがむ姿勢はカッコ悪いか?』

と言う本があります。

本田勝一も過去の人ですが、なかなか面白いですよ。

たしか、同名の単行本か、本田勝一集Zあたりに収録されていたと思います。
    • good
    • 0

どういう姿勢で休息するかは


どの部分の筋肉を休ませたいかに依存し
どの部分の筋肉が強くてどの部分の筋肉が弱いかに依存しますから
生活文化によって大幅に違うと思います。
例えば正座は足は痛いですが腰はラクです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ