なぜNTTは分割するの?

A 回答 (2件)

今から20年くらい前に、行財政改革の一環として電々公社の分割民営化が検討され、1985年に民営化が実施され、分割については将来検討になりました。

その後の審議を経て、1999年にNTTの分割が行われ、地域電話会社2社、長距離国際会社1社の3つに分割しました。その他にNTTドコモやNTTデータのような子会社も含め、現在では全て持株会社の傘下にあります。郵政省は電気通信の監督官庁ですので、NTTの事業を監督する立場にあります。なぜ分割するのというご質問ですが、一応は既に分割されています。更に分割の形態を出資関係含めて見直すという議論はあるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。卒論を書く上でどうしてもわからなかったことだったので、とても助かりました。ありがとうございました。(*^▽^*)

お礼日時:-0001/11/30 00:00

NTTが電話網を独占的支配をしているので


公正な企業間の競争に支障が出る、との判断でしょう。
事実、日本の電話代の高さは有名で、それというのも
NTTが一社独占状況にあるからです。
分割するかどうかはまだわからないのでしょうけど。

KDDIがあるじゃないかって?
否、KDDIも、結局はNTTの余剰回線を安く借りて、
それを客に使わせているだけなのですね。
だからCMで何をいっても、NTT様には頭が上がらない
というのが本当のところです。

それから、NTT-docomoの件もあるでしょうのか。
でも実際に技術的にdocomoに分がありますし、
引っ張ってるのはdocomoだから関係ないでしょうねぇ。

日経とかには詳しく書いてあるでしょうけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ