もし、このマンガのタイトルがわかればおしえてください。

一人の男が幕の内弁当を食べている。
おかずとごはんとのバランスを計算しながら
食べているのです。
そして、最後にのこったごはんと塩鮭でフィニッシュというところにきて、
塩鮭が思った以上に辛く、ごはんが足りないという誤算が!

と、それだけの内容なのだそうです。
そういうたわいないことをドラマチックにしあげているらしい。とても興味があって読んでみたいのですが、教えてくれた人もタイトルも作者も覚えていないのです。
どなたかご存知ないですか?

A 回答 (4件)

マンガじゃないんですが、世にも奇妙な物語で似たような話がありました。



それは、2002年3月27日放送の「夜汽車の男」という話です。
弁当のおかずを食べる順番にこだわる男が、ただひたすらに弁当を食べていくという、それだけの話でした。
男役は大杉連さんがたいへんドラマチックに演じておりました。

最後に残しておいたイカリングが、実は玉ねぎのフライだったという落ちに、涙を誘われたものでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともと私にこのマンガの話をしてくれた人に聞いたところ、「世にも奇妙な・・・」の原作になっている話については覚えがないとのことでした。

お礼日時:2005/09/24 11:07

すみません、回答にはなっていないのですが。



漫画ではありませんが、以前テレビで同じような話がありました。
2002年 春の特別編で放映された「夜汽車の男」です。

ラストは、塩鮭ではなくイカリングでしたが、もしや関係が?と思い、書き込みました。

参考URL:http://yonikimo.s21.xrea.com:8080/db/syousai.php …
    • good
    • 0

テレビドラマの「世にも奇妙な物語」で大杉蓮さん主演でそんな話があった気がして調べてみたところ、泉昌之(泉晴紀&久住昌之)さんの「かっこいいスキヤキ」という単行本に収録されている「夜行」という漫画が原作になっているようで、これかなと思ったのですが、オチが違って、その漫画は豚カツだと思ったら豚肉じゃなくて玉ねぎだったというもののようです(そしてドラマではイカリングだと思ったらイカじゃなくて玉ねぎだったというオチだった様子)。

なので違ってそうですが、一応書き込んでおきます(笑)
    • good
    • 0

自信は無いけど四コマなら



中島徹(著)『玄人のひとりごと』かな?

参考サイトで主人公の顔が分かります。

参考URL:http://www.bigoriginal.shogakukan.co.jp/manga/hi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もともと私にこのマンガの話をしてくれた人に教えていただいたサイトを見せてみましたが、おぼえがない、とのことでした。でも面白そうなので読んでみたいです。

お礼日時:2005/09/24 11:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ