カテゴリーを変えて質問しています.

高校時代(6,7年前です)の国語の模試に出た,現代文(小説)の問題文の続きを読みたいのですが,メモをなくしてしまい,作品名や著者を思い出せません.わかる方いらっしゃいましたら教えてください.

以下のシーンがあります.
「主人公の祖母が亡くなった日(葬儀の日?)に,祖父がうさぎ狩りに出かけ家族の顰蹙(「おばあちゃんが亡くなった日に殺生だなんて」といった科白)をかってしまう.夜中,祖父の隣に寝ていた主人公は,祖父が何度も寝返りを打つのを見て,祖父が眠れないことを悟る.」

ぼやけた記憶です.多少異なっても構わないので,似ている作品に覚えがあるかた教えてください.

A 回答 (1件)

丸山健二の『雪間』だと思います。



平成九年の国語のセンター試験(追試)で出題されていた作品です。

あらすじを探したのですが、作品が古いもののためか、見つけることが出来ませんでした。ごめんなさい…。

文芸春秋から出ている「丸山健二自選短篇集」に収録されているそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ