巨人の星に出ていたキャラでプロ野球選手になった人達の成績が知りたいんです。
星飛雄馬は何勝したとか・・花形はホームラン何本打ったとか・・
知ってる方お願いします。

A 回答 (5件)

☆Tosshie-Toshikoさん



>星君が大リーグへ挑戦、というのは、アニメの『新巨人の星II』
>(アニメ版『新巨人の星』の続編)のラストではなかったでしょうか……?

あ、勘違いしていました。そのとおりです。


>「天才にありがちな」(と作中で誰かに批評されていたような記憶が……)
>むらっ気が祟って(?)、

確か、村山監督だと思います。
花形が大リーグボール2号の秘密を100%解くシーンの前、
正月か何かで村山監督の家で説教されている場面だと記憶しています。
自ら身を引いて花形の前から姿を消した明子の話から、
「ボールも協力して消える」ということに気づき、火鉢の煙を利用して
消える魔球を再現してみせた・・・あのシーンの前ではなかったでしょうか?

また、同様の発言は、大リーグボール1号を打つ為の大鉄球特訓をしている間、カムフラージュでスランプを演じていた際、スタメン落ちを監督から言い渡される時にも、監督から「エリート育ちでひ弱」のようなセリフが出たように記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび有り難うございます。
そうとうなフリークですね。

お礼日時:2001/11/15 21:36

某データ本からですが。



星の通算成績 27勝3敗3セーブ(左)
       20勝2敗(右)

花形の対星成績 13打数2安打2本塁打3三振(対左)
         9打数3安打2本塁打3三振(対右)

などなど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
星はすごい勝率ですね。
10年くらいやっていたら200勝くらいしたかもしれませんね。
花形は思ったよりも <パ> としませんね。

お礼日時:2001/11/14 21:37

 saikyousenさん、こんにちは。


 生まれて初めて親から買ってもらった漫画が『巨人の星』だった、という者です(笑)。

 ちょっと気になりましたので、投稿させていただきます……
 星君が大リーグへ挑戦、というのは、アニメの『新巨人の星II』(アニメ版『新巨人の星』の続編)のラストではなかったでしょうか……?
 「週刊読売」連載の『新巨人の星』のラストは、大リーグボール右1号を左門君にも打たれてしまった(当時の一塁手の王さんがファインプレーでキャッチしましたが)試合の後、何処かの埠頭で(笑)、新たな魔球の開発をと星君が決意したらしいところで、見開きページの夜空に不死鳥が舞って終わり……だったと記憶しているのですが……(単行本は全部実家の倉庫の中なので、確認は出来ませんけど)
 (全くの蛇足ながら、後年発表された『巨人のサムライ炎』(?)なる漫画の中で“星飛雄馬はその後間もなく現役を引退して巨人のコーチに”なっているらしいのですが、読んだことがないです……)
 もし私の記憶違いだったら、御免なさい m(_ _)m

★★★★★

 さて、『巨人の星』ですが──
 花形君は、天才天才と言われた割に、星君がいないとヤル気が出ないという「天才にありがちな」(と作中で誰かに批評されていたような記憶が……)むらっ気が祟って(?)、タイトルが取れるほどの成績は残せなかったようです。
 大リーグボール1号を予告ホームランしたり、大リーグボール2号をやはりホームランしたり、と、派手な活躍はしていましたが……
 典型的な「記録より記憶に残る」選手だったのかも(笑)。
 左門君も、地味にコツコツ頑張っている割に、首位打者など「1番」になることはなかったです。
 現実とパラレルの世界で架空の人物を活躍させつつも、「記録」や「タイトル」を実在の選手達を差し置いて架空の人物に与えることのないよう、配慮していたのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
今、テレビ埼玉でやっているんです。
結構をおもしろくてなるべく見てますよ。
単行本も読みたくなっちゃいますね。

お礼日時:2001/11/14 21:43

>今だったら速攻で大リーグ行くでしょうね。



新・巨人の星の最終回(TVではなく週刊読売連載の方)では、蜃気楼ボールを打たれた飛雄馬が、大リーグへ挑戦することを決意して終了します。
ちなみに蜃気楼ボールは、正式名称を「大リーグボール・右1号」といい、劇中では懐かしい「大リーグボール・左1号」を1球だけ投じています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も有り難うございます。
単行本が読みたくなりました。

お礼日時:2001/11/14 21:46

巨人の星は全巻持っていましたが、個人の成績について詳しく述べた個所はありませんでした。

記憶している範囲内での「記録」は、

星飛雄馬、大リーグボール1号で破竹の9連勝
伴宙太、中日移籍後の代打成功率8割
星飛雄馬、大リーグボール3号でパーフェクトゲーム達成
星飛雄馬、最初の契約更改は60%アップ
星飛雄馬、3年目の契約更改は倍増

くらいなもんで、星飛雄馬はルーキーで大リーグボール1号を編み出し、
日本一にも大貢献したにもかかわらず、新人王すら取れませんでした。
花形満にしても左門豊作にしても、タイトルは取れていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
意外ですね。
今だったら速攻で大リーグ行くでしょうね。

お礼日時:2001/11/13 20:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ