精密機器の製造、使用環境において「クリーン度」はどのような意味で使われてますか?またクリーン度の具体的表示方法についても教えてください。

A 回答 (1件)

初めて答えさせていただきます。



 まずクリーン度の定義としては、
  『一定体積内に存在する、固有サイズの異質物の
 個数』としてとらえて頂けるとよいです。
  例えば、一リットル中に1μmのゴミが5個存在する。と
 いう様に...

 具体的に規格化された単位としてのクリーン度は、
 『1立方フィート中に存在する5μmのゴミの数量』
 をクリーン度として表示されます。
  上記の条件で2000個カウントされた場合は
   「クラス2000」といいます。
 
 一般的には建物内のクリーン度はクラス3万~5万
 精密部品の組立等を行う適度に清掃された環境では
 クラス5000~8000程度です。
 防塵室と呼ばれるエアーシャワー等を通り入居する様
 な室内ではクラス2000以下で設計されます。

 クリーン度を確保する為には、室内環境以外にも様々
 な工夫があり維持管理にもノウハウを必要とします。

 測定については、測定器内に一定量の空気を吸い込み
 指定されたゴミのサイズ以上の個数をカウントする形
 式が一般的です。

 とりあえず以上が回答です。
 その他詳細事項で必要な事があればご提示ください。
 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ