考えさせられた、ふといろいろ考えてしまったマンガってありますか?

エヴァを読んでその謎について考えました。
金田一少年を読んで、犯人について考えました。

ではなく、メインのストーリーとは違っていたほうがいいです。

先ほど別に質問しました。
「成恵の世界」の中のある一話にチューリングテストというのがありまして、人と区別がつかない返答をする人工知能は、人と同等か?と言うのに、あれこれ考えました。
私はPCも、いずれは同じような思考を持つのでは?と思っていたので、人とプログラムで違う事はなにか?とか、いろいろ考えてしまった。
人工知能や2001年宇宙の旅のHALの本とかも読みました。

また、「封神演技」のラストにも、いろいろ考えた事がありました。
まぁ、こちらはネタバレになるので。

みなさんは、マンガからふと考えてしまった事ってありますか?

A 回答 (8件)

山田玲司の「ゼブラーマン」「絶望に効くクスリ」です。


ゼブラーマンは映画でも出ていますが、そちらと内容がかなり異なっています。
絶望に効くクスリは普通のマンガとは異なり、様々な著名人に作者自らが出向いて、絶望に効くクスリを探しに行くという対談型のマンガです。
両方ともお勧めです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ゼブラーマン」は、映画化されたとの事で読んでみたけど、1巻の途中で読むのをやめてしまった。
ありきたりのヒーローマンガでは、ないのは分かってけど。
再度読んでみるか。

「絶望に効くクスリ」は、調べてみたけど、著名人がけっこうでているので、読んでみたい。
なぜなら、現実に絶望、、、というよりリアルさを感じていない人間なので。俺は。

お礼日時:2005/10/15 12:00

「寄生獣」です。


人が造った寄生生物が、人の頭を喰らい、その人間になりすまし次々と人を喰っていくと言う話です。
これだけですと単なるホラーかスプラッタのようですが、内容はとても深く考えさせられる作品です。
寄生獣は知能と学習能力がありますが生殖能力が無く、個体数も少なく、人の頭を乗っ取っても人の身体が無ければ生きては行けない設定です。幸か不幸か、その寄生獣に右手を乗っ取られた高校生が中心となって物語が進んでいきます。

人間と地球の生物のあり方を考えさせられる漫画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネタバレになると申し訳ないので、
一番好きなシーン、セリフは最後の最後ですが、その寄生獣が「悪魔と呼ばれるものに一番近いのは人間だぞ。(こんな感じ)」のセリフは妙に印象に残っています。

ごめん、好きな作品だけに
>人が造った寄生生物が
は、人が作った生物兵器とかではなく、作中では冒頭に神さまを臭わせていたかな(?)。
本編に神話や神さまで出てこないのが、とてもリアルな作品。

yokayoさんの書いている通り
寄生獣の最初に記憶しているのが、「この種(人)を食い殺せ。(?)」でとてもスプラッターに聞こえる。
でも、寄生獣の一人は、自分たちの存在を弱いと言い、また人も発見さえできれば、武力をもってすれば寄生獣の退治も可能である。
主人公以外にマンガでありがちなヒーローはいなく、人も寄生獣もそして、主人公も、あがいているイメージを持ってしまう。
故に寄生獣も万能の敵対者ではない。

どちらかと言えば、食物連鎖で人を捕食するものが現れたら?っていうイメージ。
ライオンは鹿を猟奇的には殺さないでしょ。
捕食のシーンはグロテスクだけど、それはあくまで仕方がない事で、自然の摂理。

マンガ好きなら、ぜひ読んでもらいたい作品の一つ。
でも、中学生の頃買ったんだけど、怖かったので、デパートのゴミ箱に捨ててしまった。(w-
なんか、寄生獣をもう一度読みたくなりました。

お礼日時:2005/10/15 11:55

「っぽい!」です。



連載ものですが、短編的な構成になっています。
どの話にも問題定義が入っていて、
どの話を読んでも、いろいろ考えさせられます。

「いじめ」や「親子関係」の問題定義は、
本当に考えさせられるものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「っぽい」は、1巻しか読んだ事はありませんが、少女漫画でいじめ問題を扱うと、けっこうキツいです。
「赤ちゃんと僕」のそういう話しはけっこうリアルでキツかったッス。

お礼日時:2005/10/15 11:28

高橋しん先生の「最終兵器彼女」です


戦争の当事者から見た恋人について考えました
ただ戦争に巻き込まれる恋人同士ではなく、1人が戦争の当事者で、しかも最終兵器っていう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「最終兵器彼女」は、イタ過ぎて読んでませんでした。
戦争は人を正直にしますからねー。

お礼日時:2005/10/15 11:22

「百億の昼と千億の夜」 宇宙や時間の真理とは?宗教とは?といろいろと考えさせられました。



「火の鳥」 命の意味について考えさせられました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手塚治虫先生は、壮大な展開で書かれていて、終わり方もすっきりしてますからねー。
いろいろ考えたり、のちの事を想像しやすい作品が多いですよね。
火の鳥は、私も好きですよ。

お礼日時:2005/10/15 11:21

僕の地球を守って


命について考えさせられました。
どんな状況でも自殺はダメなのか?ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「僕の地球を守って」は、1,2巻しか読んだことはないかなー。
リアルタイムでは読んでなかったし。
それ以降の日渡早紀さんの作品は、意外と好きなのですが。

お礼日時:2005/10/11 01:28

あります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なはっ、意外とあなたのような方は嫌いではありません。(w

お礼日時:2005/10/11 01:22

Dr.クマヒゲ


ブラック・ジャック
僕たちの疾走

この回答への補足

すぐには締め切らないから、いろいろ書いてくれると嬉しいかな。(w

補足日時:2005/10/10 14:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医療関係がすきなんですかねー。
ブラックジャックは、私も呼んでました。
今も、山本 賢治さんのリメイク版も割と好きで読んでます。
あ、アニメも見てますが、今日は見忘れました。(w

お礼日時:2005/10/11 01:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ