憶えている限りのあらすじは以下の通りです。

主人公(男性)は、ふるさとの小さな病院に医者として勤めています。彼は、何かのきっかけで、幼い頃仲が良かった女の子のことを回想します。その女の子を泣かせたり、一緒の大学に進学するために、東京の予備校の夏期講習に通ったり、という回想だったと思います。予備校の場面でイチゴを食べていたことは憶えています。あと「もちろんだ」という台詞もあったかもしれません(何が「もちろんだ」なのかは忘れました)。

断片的であいまいな記憶で、間違っている部分もあるかもしれませんが、もしピンときた方はぜひ教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

> 主人公(男性)は、ふるさとの小さな病院に医者として勤めています。



このあたりは「南木佳士」の作品にありそうですが
(彼自身がそうなので)作品名が浮かびません。
すいません、思いついたらまた来ますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「南木佳士」で検索したら探していた作品が見つかりました。「冬への順応」でした。作者自身もお医者さまなんですね。読み返すのがとても楽しみです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/16 16:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ