井上靖「星と祭」は良かったです。
他にも読んでみたいので、お薦めを紹介してください。(「氷壁」は読みましたのでそれ以外で)
出来れば、簡単なあらすじ&お薦めの理由もかいてくださると嬉しいです。

A 回答 (4件)

本覚坊遺文:本覚坊という遁世の茶人が師・利休とその死についてえんえんと省察を深めてゆく小説


化石:余命1年と宣告された実業家が死と向き合いながら残りの人生を送る
花壇:自動車事故にあった主人公が残りの人生の意味を考える

いろいろかんがえさせられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答をどうもありがとうございます!
チェックしてみますね。

お礼日時:2005/11/10 08:15

初期作品ばかりでなく晩年の作品もよんでみてはいかがでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

もし宜しければ、晩年の作品でお薦めの作品名を教えて頂ければ嬉しいです。

お礼日時:2005/11/02 14:49

こんにちは



私も#1さん同様、「あすなろ物語」をお勧めしますが
その前身である
作者幼少期の「しろばんば」
中学時代の「夏草冬濤(なつぐさふゆなみ)」
をまず読まれることをお勧めします。
井上靖がどんな幼少期を送り、どのように自己形成
していったか、ということがよく分かると思います。
作者の分身とも言える洪作の日常に私もハマって
夢中で読んだ覚えがあります。
読書のおもしろさを知った本でもありました。
また、作者の自分史のような「幼き日のこと・青春放浪」もいいですよ。
すべて新潮文庫から出ています。

参考までに書いてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介ありがとうございます。
順をおって読んでいきたいと思います。

お礼日時:2005/11/02 14:47

私も井上靖の作品大好きです。


全てお勧めですが、あえて「あすなろ物語」を選びました。
この物語は、井上靖自身の少年期を基に書かれたらしく、今では稀な素朴さ、誠実さ、はにかみ、悩みなどを丁寧かつ素直に書かれています。
とても微笑ましく思える一方、なるほどと頷ける場面も数々・・・
自分を繕う事無く書かれたこの小説に、とても感銘を受けました。

他にもお勧めの作家は、昔文学史で丸暗記しただけの作家で、実際に読んでみると、とても文体が上品で、昔の良き時代の日本を垣間見る事ができると思います。
夏目漱石・田山花袋・三島由紀夫などなど・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
これから読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/11/02 14:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ