パン屋で働いていた女の子が、毎日夕方の割引になるとパンを買いに来る売れない画家のような風貌の人にに恋をして、なんとかこの人の為になる事がしたいと思うようになりました。女の子は、きっとこの人はなけなしのお金でパンを買っていると思い、親切心でパンにこっそりバターを塗って渡してあげました。ところが、その人は実は将来有望な画家で、パンを消しゴム代わりに使っていました。ですから、バターの塗られたパンを使ってしまいあと少しで完成だった絵を台無しにしてしまいました。もちろんカンカンです。女の子に文句を言いにきました。そこまでは、覚えてるのですが、その先が思い出せません。最後は、どうなったのでしょうか。気になって仕方がありません。どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

A 回答 (3件)

再び登場の「papillon」です。

m(__)m

URLの紹介が間違っておりました。

『2001/02/19 トリックアート・トリップ / 善魔女のパン』の
項をご参照願います。(下段の方です)

http://www.lares.dti.ne.jp/~windtown/japan010306 …


『ためいきをついた彼女は、新調した綺麗なブラウスからいつもの古い店着に
着替てパン作りに戻り、その男は2度と店に顔を出すことはなかった。』
これが結末だと思います。

邦題は記載しない方がよかったみたいですね。
ネット上には「善魔女のパン」と「善女のパン」とがあって
どちらが正しいのでしょうかね。

『2001/02/19 トリックアート・トリップ / 善魔女のパン』
http://www.lares.dti.ne.jp/~windtown/japan010306 …


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.lares.dti.ne.jp/~windtown/japan010306 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!主人公も少女ではなく、中年の女性だったんですね。でも、結構寂しい結末だたんですね。

お礼日時:2001/12/01 07:59

この恋はこれでおしまい、という終わりだったのではないでしょうか。


オーヘンリーの短編集に入っている話ですよね。
私は新潮文庫の短編集で読みました。
その中でも時々思い出す話のうちの1つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!オーヘンリー短編集よんでみます。

お礼日時:2001/12/01 08:01

shimogokoro さん、こんばんは~☆♪



O・ヘンリーの短編で「Witches Loaves」(邦題 善魔女のパン)ですね。

> 最後は、どうなったのでしょうか。

下記のURLに、わずかですがストーリーが記載されておりますので、
ご参考にしてくださいませ。

http://www.wafu.ne.jp/~hasep/98/08/12.htm


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

参考URL:http://www.wafu.ne.jp/~hasep/98/08/12.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ