守り刀を出生時に子供にもたせるという風習は、現在ではないようですが、
過去にはどの程度の位(皇族、公家、士農工商)の間で行われていた事でしょうか?
また、一般的に行われていたのは、いつ頃まででしょうか?
時代劇などで、士族の婦女子が自決するのに使うのを見た気がします。

A 回答 (1件)

こんにちは。


過去のことは、
わからなかったのですが
ごく限られた機会においては現在も使われているようです。

隅谷正峯氏の経歴紹介のホームページでは

[秋篠宮眞子内親王殿下の守り刀を制作する 」とありましたので、
皇室ではまだ行われているようです

http://www.kyodo.co.jp/kyodonews/2001/masako/new …によりますと、

【賜剣(しけん)】誕生の当日か翌日・宮内庁病院など=天皇陛下が使者を通じて子供に守り刀を
授ける誕生後最初の儀式。女の子の場合は、刀にはかまを添える。

というらしいです。


また、現在では
葬儀のときに使われているようです。

「 北枕に寝かした遺体のフトンの上に守り刀を置く。守り刀は武士の死者にはその枕頭に刀を置いた名残とも
いわれますが、一般には遺体の死臭をかいでそれをねらう悪鬼を防ぐ為に昔から死者があの世にゆくとき、魔
除けとして刀を遺体の胸の土に置くという風習が行なわれているのです。
 守り刀は、現今では葬儀社の専用小刀となりましたが、昔は普段使っている鎌が使われ、埋葬後はその鎌を
お墓の魔除けとしていました。刃先を遺体の顔の方向にむけないようにします。」

http://www3.ic-net.or.jp/~yaguchi/sougi/sougi1.HTM

あるいは、七五三のときの男の子の衣装の一部です。

あんまり回答になっていなくて申し訳ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
鎌などは、一般庶民の道具ですから広く行われていたのでしょうね。

お礼日時:2001/12/04 06:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 女の子に水をぶっかける!?世界のイースター事情

    キリスト教徒が多数をしめる欧米では、クリスマスよりも大事な行事と位置づけられているイースターであるが、日本での認知度は今ひとつに思える。「教えて!goo」で、「イースターと聞いて思い浮かべることは?」と...

  • ひな祭りに甘酒を飲む理由

    今日は桃の節句、ひな祭りの日だ。女の子の健やかな成長を願い祝う年中行事である。筆者の場合、ひな祭りには毎年ちらし寿司を作って食べたり、ひな人形を飾ったりしてきたが、皆さんはどのようなことをするだろうか...

  • 山伏は普段どこで何をしている? 気になる現代山伏事情

    今年11月に福岡と大分の県境で、国内最大規模の山伏の集落が発見され、話題になった。この集落は江戸時代に繁栄した名残とされているが、実は山伏は現代社会に存在し、修行を行っているのだという。 「教えて!goo...

  • 「ぼたもち」と「おはぎ」って何が違うの?

    お彼岸の食べ物といえば、ぼたもちとおはぎだろう。だが、「ぼたもち」と「おはぎ」の違いについて、知っている人はどのくらいいるだろうか。特に気にしたことのない人も少なくないだろうが、これらの違いを理解する...

  • なぜひな祭りには「ひなあられ」と「ひしもち」なのか?

    もうすぐひな祭り。女の子のすこやかな成長を祈る節句だが、店頭に立ち寄るとひなあられやひしもちが売られていることも多い。特に家に飾ることはしなくても、何気なく「桃の節供だから」と食している人もいるかもし...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ