2,4-ジニトロフェニルヒドラジンとグルコース、マルトース、フルクトース、ラクトースを反応させました。各糖はアルデヒド基を持っているので2,4-ジニトロフェニルヒドラジンを還元し、結晶を生じることは分かるのですが、マルトースは結晶が生じませんでした。マルトースは還元糖なのになぜ結晶を生じなかったのでしょうか?

A 回答 (1件)

そもそもの認識に誤りがあると思います。


2,4-ジニトロフェニルヒドラジンはカルボニル基の検出に使われるはずです。
したがって、通常、ケトンとアルデヒドがあれば下式のような縮合を起こして、結晶性の沈澱を生じます。これは酸化還元反応ではありませんので、還元糖かどうかは無関係です。
>C=O + H2NNH-Ar →>C=N-NH-Ar + H2O
ただし、過剰量のヒドラジン類を用いた場合には、次の段階として酸化還元が起こり、オサゾンを生じるということのようです。

一般に糖の場合には、アルデヒド基やケト基を有するような互変異性体の割合が低いので、通常のカルボニル基に比べて反応が遅いはずです。また、一般にアルデヒドよりもケトンの方が反応が遅く、立体的な要因の影響も受けます。

上述のことをふまえて考えますと、マルトースの場合にもアルデヒド構造の互変異性体が存在するでしょうから、2,4-ジニトロフェニルヒドラジンと反応するものと思います。おそらくは、アルデヒド構造のものの比率が低い上に、それを生成する速度が遅いだけだと思います。温度を高くしたり、反応時間を長くすれば反応が進むのではないかと思います。手元の教科書には、マルトースがフェニルヒドラジンと反応するように書かれていますので、2,4-ジニトロフェニルヒドラジンとも反応すると思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 怪獣が口から火を吹くメカニズム

    子供のころに見ていた特撮番組で、よく怪獣が火を吹いて街を破壊したり、ヒーローを攻撃したりしていましたが、あれはいったいどういう仕組みなのでしょう。もともとが空想の世界の出来事なので、理屈や仕組みを考え...

  • 思わずドキッ!デートで男性の心を揺さぶる仕草と言葉

    好意を抱きあう男女が、互いの気持ちを育て合い確か合うための幸せなひととき、デート。例え毎回スペシャルなイベントはなかったとしても、ふたりで一緒の空間にいるだけで、相手への愛しさが募る大切な時間に違いな...

  • 【長谷川豊】動物研究家のパンク町田さんの話が面白かった!

    毎週日曜日にレギュラー出演させてもらっている『上沼・高田のクギズケ!』で、動物研究家のパンク町田さんがとても面白い話をしてらっしゃったのでシェアします。 最近の若い世代がどんどん台頭し始め、バブルを経...

  • 専門家に聞いた。おならは1日何回出るのが健康なの?

    おならがよく出るのは、体に良いことなのだろうか。消化が良いからこそ頻繁に出ているような気もするが、果たして……。「教えて!goo」には、「オナラが止まらない」という切実な悩みが投稿されている。 「イモ類な...

  • サバをトーストにオン!タモリ流絶品サバサンド

    先日、サバ料理の専門店に行ってきた。メニューのほとんどにサバが使われ、今までサバ塩やシメサバくらいしか食したことのなかった筆者は感激してしまった。サバは「青魚の王様」と言われるほど栄養価が高く、DHAやE...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ