だれか、アメリカ大統領選挙の仕組みを教えてください。
今度のテストにでるんです(T_T)。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

 同じような質問が過去にいくつかありますので、まずはそちらを参考に・・・



http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=12527

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=14238

あとは、以下のページが参考になるかな?

CNN.co.jp - 米大統領選
http://www.cnn.co.jp/SPECIALS/elex2000/
投票の仕組なども・・・

http://www.kyodo.co.jp/kikaku/uspresident/uspres …
がんばって勉強してください。

参考URL:http://www.cnn.co.jp/SPECIALS/elex2000/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
これで今度のテストはここの分野ならおっけーかもしれません。

お礼日時:2000/12/12 14:31

アメリカ大統領選挙のシステムはとても複雑で、アメリカ人でも完全に理解している人は少ないと言われています。

ここで簡単にそのシステムを説明してみます。実際の選挙戦の始まりは党大会に出席する候補者を選ぶ予備選挙(プライマリー)と党員集会(コーカス)が実施される時となります。プライマリーでは一般の有権者も投票して候補者を選びますが、コーカスでは党員のみの公開選挙となります。プライマリー、コーカスのどちらで予備選挙を行なうかはその州によって異なります。一番最初に行なわれるのはアイオワ州のコーカスとニューハンプシャー州のプライマリーで、多くの人々の注目を集めることとなります。

2月から始まる予備選挙もいよいよ中盤戦を迎え、3月のスーパーチュースデーとなります。正確にはスーパーチュースデーは2度あり、3月7日の第1スーパーチュースデーに加え1週間後の14日にはフロリダ、テキサスなど南部を中心とした6州のプライマリーが行なわれる第2スーパーチュースデーの登場となります。盛り上がりをみせる予備選挙も6月には終わりを迎え、フィラデルフィアでの共和党大会(7/31~8/3)・ロスアンゼルスでの民主党大会(8/14~17)を経て、11月の第1月曜日の翌日のエレクションデーを迎えます。

エレクションデーには一般有権者による投票が行なわれますが、ここで理解しなくてはいけないのが選挙人制度です。州ごとに選挙の結果が集計され、最多票を獲得した候補者がその州の選挙人のすべてを獲得することになります。選挙人の数は州ごとに決まっていて、その数は州選出の上下両院議院数(上院100名・下院435名)に連邦議員のいないワシントンD.C.の3名を合わせた合計538人です。党の指名した候補者を支持する選挙人が最低270人に達すれば過半数を制したことになり、その候補者が当選したことになります。選挙人の数は一律ではなく、それぞれの州による格差がとても大きくなっています。一番多いカリフォルニア州は54人、続くニューヨーク州は33人なのに比べ、モンタナ州・ノース/サウスダコダ州ではわずか3人しかいません。

選挙人制度には問題もあります。カリフォルニア州などの大票田で1人の候補者が僅差で勝ったとしても、その差には全く関係なく54の選挙人のすべての票が勝った候補者に行くことになってしまいます。このため有権者の意向が正確に繁栄されていないという声も聞かれます。選挙人の数の多い州で票を集めることが結果を左右してしまうので、実際の有権者の投票結果と必ずしも同じではないということもありえるのです。

どうですか?何となくアメリカ大統領選挙の仕組みが理解できたでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに長い文章をわざわざありがとうございます。
これで今度のテストのアメリカ大統領選挙の分野はできるかと思います。

お礼日時:2000/12/12 14:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ