はだしのゲンの著作について知ってる人はいませんか。
知りたいのは、原版出版社と著作権の有効期限を過ぎているかどうかです。
僕はこの前、アメリカ人の中で原爆について知っている人は数少ないという話を聞きました。それは欧州でも同じことだそうです。そこで欧米の人たちに核の恐怖を知ってもらうためにはだしのゲンを英文化し、インターネットで公開したいと思っているのですが、自力で調べてもはだしのゲンの著作権情報が見つかりません。
時間があれば回答を下さい。情報公開をしている団体の情報でもかまいません。お願いします。

A 回答 (3件)

著作権の存続期間は、著作者の死後50年までです。


ですので、現在でも当然に権利は存続しているでしょうし、個人でのインターネットへの公開は難しいんじゃないでしょうか。

また、はだしのゲンは既に英語、ロシア語、韓国語など各国語に翻訳されて出版されているようです。電子書籍としても販売されているようですね。
    • good
    • 0

http://www.kamatatokyo.com/
(たぶん)公式サイトです。
ここによると,初出は少年ジャンプです。
また,韓国語版があると言うことです。
著作権については時間がなかったので調べていません。

参考URL:http://www.kamatatokyo.com/
    • good
    • 0

中沢啓治さんと言う方だそうです。



参考URL:http://uri.sakura.ne.jp/~hikawa/yomi.cgi?mode=li …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ