弟のことなのですが、1年半前知り合ったスペインの女性と結婚しました。付き合いだして数ヶ月で彼女が妊娠したので籍を入れたと事後報告でした。弟は東京に在住しており、仕事も忙しいので嫁さんのみ実家(大阪)に来て出産しました。
それはそれで何も問題はないのですが、一ヶ月ほど前にその嫁さんから電話があり、ものすごい剣幕で「私はだまされた!あなたたちを許さない!」と言う内容で30分以上一方的にののしられ電話を切られました。こちらとしては心あたりがまったくなく、訳が分からないので弟に連絡を取ると、夫婦間でいろいろ揉め事があり、気性も荒いほうなのでほっておけば良いとのこと。そのときはそれで収まりましたが、最近になって実は彼女はフィリピン人で知り合ったのはフィリピンパブの様なところであることが分かりました。弟は結婚当初から彼女の実家に仕送りしてお向こうで2軒家が建ったそうです。 彼女は前と同じく夜の仕事に行くようになり、昼間は数ヶ月ごとに彼女の家族が入れ替わり来て子守をしているようです。それをやめるように言っても聞き入れず逆に「あんたの給料が安いから仕方がない!」と言われさらに家族全員を日本に呼ぶからその生活費を出せとまで言われているようです。一度離婚を話をしたそうですが、逆上され話にならなかったそうです。
私はフィリピンの生活や文化のことは何も知りません、フィリピンの人もジャパユキサンしか知りません。いろいろな話を人から聞いて正直私自身は良い印象がありません。弟はやはり典型的にはめられてるのでしょうか?何とかしてやりたいと思っています。良きアドバイスをお願いいたします。
※きちっとしたかたちで幸せなご家庭を築かれている方も多数おられるかと思います。もしお気を悪くされたら申し訳ありません。

A 回答 (6件)

No3で回答したtakayukiです.


フィリピンへ行くとわかることですが,一部のフィリピン人は日本人=お金持ちという考えがまだ抜けきってないようです.フィリピンパブなどへ出稼ぎにきている彼女たちは,6ヶ月働いて帰国するときに相当量のお土産を持って帰ります.それと,その間の給料(帰国時のまとめてもらえる)3000~6000ドルも一緒です.日本から帰ってそれなりにもって帰るということは,日本へ行けばお金が儲かる=日本人お金もちといったところでしょうか.
私もフィリピンへ行くと,親戚や近所の人がやってきて何かお土産でもないのかといってたくさん集まります.そう考えれば,フィリピンにいる彼女の家族は金銭面も含めていろいろといってくるのではないでしょうか.彼女が自分の家族と弟さんの間にははさまれてストレスがたまっているかもしれません.フィリピン人も考え方が違っているだけで同じ人間ですからうまく話し合いをもってこちらの事情もよく理解してもらうようにしてはいかがですか?
どうしても,話し合いに応じなければそのときはしょうがないと思います.また,家族を呼ぶ場合日本人が保証人にならなければ日本のビザは出にくいようなのでさほど心配ないとおもいます.

私の妻も最近,夜の仕事はじめました.フィリピンパブは結構日本人と結婚している人多いですよ.夫婦がきちんとしていれば問題ないと思いますが.
    • good
    • 0

No.4のho1004です。

補足を読んで、詳しいことがわかったので、再び登場させていただきました。pop7777さんはとても心のやさしい方ですね。心を痛めていらっしゃることを思うと私の心も痛むようです。
私は東南アジアの友人・知人がたくさんいますが、貧しい国で貧しく育った人のお金に対する執着というか、執念というものは、日本人のそれとは全く違っています。幼いころからいつもひもじかった、とか、お金のために身を売られて行った親戚や友達がいたり、病院にも行けずに死んでいったり、そんな環境で育ってきた人には「お金が欲しい、裕福になりたい」という願望だけが生きる力となってくると思います。日本人は「お金がすべてじゃない」「お金で幸せは買えない」と言えますが、彼女たちにとっては、お金が人生のすべてだと思えるのかもしれません。それは彼女たちが悪いのではなく、貧しいために不幸せだった人生の中で、仕方なく身についてしまった人生観なのだと思います。恨みのまじったような悲痛な思いのお金に対する執着・執念です。だから、彼女にいくら言葉で、お金は幸せのバロメーターじゃないよ~と訴えても、彼女たちには通じないと思います。弟さんが、そんな奥さんの悲しく辛かった過去、果ては奥さんの親族の(フィリピンの国の)抱える悲しみまで愛し、理解しようと思うなら、問題の解決の糸口を見つけることができるかもしれません。勿論、そんなに人生観・価値観が違っていては、一緒に暮らしていくことは難しい、と思っても仕方ないこととは思えます。
    • good
    • 0

結婚は確かに個人と個人がするものですが、国際結婚となると、子どものころから身についた価値観や考え方に根本的な違いやずれがあるので、国境を越えた結婚は、本人たちにとって、かなりの努力を要するものになると思います。

わたしたちにとっては当然のことが、他の国の人にとっては考えられないくらい非常識なことだったり、反対にわたしたちがどうにもこうにも理解できそうもないことが、相手の国の人にとっては当然なことだったりすることがあると思います。だから、そのフィリピンの女性も、日本に来て、慣れない文化の中でいろいろ辛い思いをしたり、ショックを受けるようなこともたびたびあったかもしれません。相談しようにも、同じような境遇にある友達が近所にいるわけでもなかったでしょうし。そこに輪をかけて、東南アジアのほうは、一般に気質が激しいですね。日本人のように「顔で笑って心で泣いて」とか「出る杭は打たれる」とかそんな性格の人は少なく、「言わなきゃわからない」と思ってなんでも思ったことはズケズケ言う人が多いと思います。そのため、お互い誤解がどんどんつもってきて、今本当に大変になってきたのでしょう。国際結婚は大変な反面、それを乗り越えて、本当に固い絆で結ばれた夫婦もあります。弟さんもいろいろ悩みながら、真剣に考えていらっしゃることと思いますが、子どもまでいるのに離婚話なんか持ち出したら、奥さんが逆上するのは当然じゃないでしょうか。「離婚」という言葉は、本当の最後の最後の最後まで、持ち出すべきじゃないと思います。それから、私たちも英語で話をしようとすれば、表現がやわらかくならず、直接的で、押し付けがましい表現になってしまいますが、フィリピンのかたが日本語を話す時、思いやりの感じられないストレートすぎる表現になってしまったとしても、その言い方で彼女を誤解しないであげてくださいね。お姉様として、気苦労の多いことと思いますが、一回り大きな心で弟さんの幸せのため、元気をだしてがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。結婚した当初は日本に来て数ヶ月でしたから会話するにも苦労しました。でも短い期間でそれだけ日本語を理解出来るなんてすごいなって思っていました。でもこの前の電話では「私たちにはかかわるな、電話もするな、もしこっちに来たら殺してやる!」とまで言われました。それはちょっと言葉の行き違いとは違うような・・・。ただ、今になっていろいろ考えると弟と彼女が最初にこっちに来た時国際結婚は難しいねと言うような話になり、そのとき私が「そんなこと関係ない、大丈夫!ジャパユキさんとかやったら問題やけどな。」と冗談で言ってしまいました。彼女に悪心がないのだとしたら、その言葉で心を傷つけてしまったのじゃないかと、胸を痛めています。

お礼日時:2001/12/13 20:26

わたしも,フィリピン女性と結婚しています.最近子供もできて幸せな毎日を送っています.


質問者の言われるようなことは,よく耳にします.私の場合の結婚は自分の家族を説得して,フィリピンへも何度か行ってその上で結婚しました.(質問者の弟さんと同じようにフィリピンパブで知りまいました)

以下に,私の場合について書いてみます.

私の妻の実家は裕福ではありませんが,月に数万円しか仕送りしてません.
これで,フィリピンで8人が十分生活しています.フィリピンの平均的な給与は,日本の20分の1程度ですからこれで十分と考えています.

また,フィリピン人は家族(日本の家族+親戚)を大事にし,トラブルがあるとみんなで助け合うという考えがあります.ここまでの考え方は、日本人も見習うことが多いと思います.
但し,一部の家族は収入のある人(日本に出稼ぎに来ている人も含む)に金銭面を含めすべてを頼ってきます.そうなると,日本人と結婚した彼女に金銭的に頼ってくると思います.
私の妻の兄弟にも自分の家がなく借家やアポート住まいがいますが,フィリピンで家を2軒も建てようとは考えていません.自分の収入にかなりの余裕があればそうするかもしれませんが,私のようなサラリーマンではとてもできません.

それから,どうして家族を全員呼ぶ必要があるのでしょうか?家族が日本に来るためには親族訪問用のビザが必要で,その有効期間は3ヶ月です.その間に何をするというのでしょうか?
今日本にいる家族は,本当に家族ですか?
彼女は,配偶者ビザもってますか?(市役所行って外国人登録証明書の写しもらえばわかります)
いろいろと疑問が出てきます.


結論から言えば,やばいのではないでしょうか? 質問があればまたお答えします.
(これは,私個人の意見ですから必ずそうとは限りません)

この回答への補足

質問欄では書き込み出来なかったので補足します。彼女が騙されたと言っているのは弟が金持ちだと思っていたのに実際一緒に暮らしてみると全然お金を持っていなかったということらしいです。それを知っていて家族ぐるみで私を騙したと電話で言っていました。弟は結婚した時に数回フィリピンに行きその都度日本円で十数万円を向こうの親に渡しました。こちらの親は結婚祝いにと50万くらいの指輪をあげました。それを金持ちと勘違いしたみたいです。弟は20代で普通のサラリーマンですからフィリピンに何回かいって貯金はありません。母親も一人で生活しており指輪のローンも残っています。そのことも含め毎日のようにけんかが絶えず(と言っても一方的にののしられているだけのようですが)たまらなくなりそんなにいやなら別れようかという話をしたら家族を全員呼び寄せ、その費用、生活費はあんたの親や、兄弟に出してもらうと言うそうです。その理屈が私にはさっぱり分かりませんが、気になっているのは付き合いだした頃も弟には自分はスペイン人だと言っていたこと(親に会いに行くまでフィリピン人だとは知らなかった)、商売をしたいからその費用を出してくれと言っていること、また前の仕事に戻ったこと。どう考えても家族を大事に思っているようには取れないのですが?どう思われますか?

補足日時:2001/12/13 19:15
    • good
    • 0

 質問を伺う限り、「はめられている」のではないと思います。


 単に彼女は家族思いなんでしょう。真剣に「日本人の男性に騙された、思っていたよりずっと薄情で冷たい国だ」と思っているかもしれません。
 おそらく、出世した人間が一族全部の面倒を見るのが当たり前、男性はそのために骨身を惜しまず働くのが当たり前、女性もそのために夜の仕事に行っても罪ではないという価値観の地域から来ているのだと思います。血の結びつきがとても強いのでしょう。
 東南アジアではよくある価値観だと思います。出世した人間は金銭的な面倒を見るかわり、一族での立場が重くなるしまた面倒を見てやっているという見栄を張れるわけです。日本での暮らしが楽なので、家族を呼び寄せたいと思うのもまた当然だと思います。
 何とかしてやると言っても、あなたができるのは金銭的な援助か、弟さんに離婚をそそのかすか、話し合いの場をもうけるかぐらいしかないと思いますが・・・。
 一つ一つ、あなたの価値観はこうなのか、と聞いていき、日本の価値観は違う、これこれは譲れるけれどこれだけは絶対に譲れないと言ってみはいかがですか。
 正確には、弟さんに言ってもらうことだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。もっと外国のことを勉強した上で、私の認識不足により彼女を傷つけないよう慎重に話をしていこうと思います。

お礼日時:2001/12/13 19:13

貴方のお気持ち察します。


ただ質問の表題が「フィリピン人との結婚について」ということもあり
アドバイス的な回答です。私の友人にフィリピンの方がいます。とても素敵な方です。親友です。(人格)人それぞれでしょう?

ただ貴方の悩みはなんとなく理解できます。全くアドバイスにもなっていませんが
個人=国という考えはやめてくださ。お願いします。

貴方の問題が解決することを望みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
彼女は私の家に寝泊りしていたので出産の前後2ヶ月は一緒に暮らしていたので、とても良い娘だと言うことは良く分かっています。ただそのときの印象と最近の電話での会話がまるっきり別人になっていたのでびっくりしました。生まれや育った環境でその人を判断する気はさらさらないのですが、フィリピンと聞くとどうしても・・・。ただ私の認識不足なだけなのですが、もっと外国のことを勉強した上で話を進めたいと思います。

お礼日時:2001/12/13 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ