今日、ドコモのファミリー割引を解約してきました。ふと思ったのですが、このような割引は、企業にとって何のメリットがあるのでしょうか?普通に商品を販売するようなところの安売りは、在庫処分や次回の来店を願う意味があると思います。このファミリー割引も新規顧客の獲得を目指しているのでしょうか?それとも、一口座から一括で引き落とせるのがそんなに便利なのか・・・この割引に限らず、なぜ様々なプランを勧めてくるのか分かりません。

A 回答 (4件)

携帯電話の世界は体力勝負になりつつあり、


いかにして契約を取るかよりも、いかにして契約者から
確実にお金を取るかに移りつつあります。

だから、事実上最低料金を上げるコミコミプランの
ようなものが出てくるのでしょうけど、

このファミリー割引も似たようなものです。

つまり、この場合、2人(以上)の家族がドコモを使うわけですが、
電話会社にとっては、もともとのお客が2つの携帯を持ったのと
変わりません。つまり、事実上1人のお客からもらえるお金が
増えるのです。

そして、解約防止の側面もあります。
普通、携帯電話を家族が同時に買い換えるという事は
あまり考えられないですが、
こうしないと他社の家族割引には乗り換えられないのです。
    • good
    • 0

ファミリー割引


これに入っていると、他社に行き難い・・・基本料が増えるから

一括で引き落とせるのがそんなに便利なのか?
銀行はボランティアで自動引き落としはしていない。
銭取ってるんよ。(いくらか知らん)
まとめたら、経費削減やろ?
それに、手間も・・・
何万件のファミリー割引適用者がいるか知らんが、個別になったら、その分の手間が一気に増えるんじゃよ。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全国単位で加入者を考えると、確かに大変な手間になるのでしょうね。

お礼日時:2002/01/10 22:38

 ファミリー割引は基本形として、親がドコモを持っている家庭の子供が新規に携帯を購入する際、ドコモを選択させる動機付けとして使われます。



 もしこれを行わない場合、子供は各社を公平に選択するため、大人より価格を重視する子供はドコモを敬遠するかもしれません。 よってそういう子供には特別に安い料金を提供する差別価格政策です。

 同様に各種料金プランというのはすべて差別価格政策の一環です。 価格に比較的敏感な学生を映画館や旅行に呼ぶため「学割」が存在するのと同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういえば、大方は子供のほうが後から加入するケースが多いんですよね、きっと。うちの場合、親に半ば強引に進めたもので・・・。

お礼日時:2002/01/10 22:34

サービスによって収入を得ている企業にとって他と違うサービスを提供することが企業の戦略となります。

従って顧客にとって魅力的なプランを提示出来なければ顧客が他の企業に取られてしまいます。逆に魅力的なプランがあれば少しぐらい不具合があっても顧客は特に会社を変えようとはしません。結果的に顧客をより多く獲得出来た方が利益が上がることになります。

>この割引に限らず、なぜ様々なプランを勧めてくるのか分かりません。
とのことですが、サービスが売りもの(スーパーの商品と同じこと)と考えれば分かるんではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、<サービス>も売り物ですね。確かにデパートで買い物をするとき、少しくらい安くても店員さんの対応に不満を感じるとそこではもう買いません。一回顧客になったからって、それが続いていくとは限らないですしね。企業は新規の顧客のことばかりを考えているように考え違いをしていました。
よくわかりました。ありがとうございます。 

お礼日時:2001/12/25 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ