自分でも嫌になるほどしつこいと思っています。

空気にも価値があるのでしょうか?

価値が対象と主体の関係に発生するカテゴリーとすれば、空気の存在そのものを科学的に知らなかった時代は価値がなく、空気の存在とその必要性を科学的に理解したと同時に価値が発生したのでしょうか?

価値に関してはこれで最後にしたいと思っています。

A 回答 (13件中1~10件)

●経済に関心があるようですからその観点からひとこと。



 価値とは価格と似た性質を持っています。
 つまり 周りの状況によって「そこに発生している」点です。

 あなたの価値という言葉の認識の問題点は たぶん 本質というものを価値に
 置き換えてしまっているところからくるパラドックスかと感じました。
 価値と本質とはまったく別物です。

 あなたのご両親の本質を考えてみてください。
 そしてむりやり価値をあてはめてみてください。ちがうでしょ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>価値とは価格と似た性質を持っています。
価値と価格は同じと言うことでしょうか、chihokoさんもそう思ってはいないと思います。どこが似ていてどこが違うのか、価値とは何かにっいて、経済学の先人が結論を出せなかった過程を出来だけゆっくり辿ってみたいのです。私が答えに行き着くことは最初から期待していません。
本質と価値の混同はしていないと思います。
経済行為の本質に価値があるのではと言う疑いは持っています。
ご回答有難うございます。おたがい両親は大事にしたいものです。

お礼日時:2002/01/09 19:18

●ひらたく わかりやすく あなたのことを推察して 発言します。



 たぶんあなたは 価値とは「存在に意味のあるもの」としての言葉として
 認識しています。そのように認識することが多くの不幸を招くから
 あえて哲学するわけです。
 価値とは順位をつけるための言葉と限定する必要もありません。
 限定してしまうとその言葉の機能が制限をうけるからです。
 価値とは人それぞれがその言葉の使われ方の範疇で認識して
 それぞれに使用してなお機能している「言葉(概念)」そのものです。
 あなた(他の回答者の方も含む)の解釈が狭いと感じましたので
 価値とは他者との関係を処理するための概念と助言させてもらいました。

 あなたのご両親に価値という概念は引き合わないと感じられた。
 ホッと一安心です。価値という言葉(概念)はまだまだ生きている。
 そのように安心したわたしです。

 全然怒ってはいません。ハッピーです。わたしは地獄の修羅場をくぐってる
 ディベーターですので バカと思えばバカと言う人間なだけです。
 どうせ暇つぶしですから(わたしもあなたも他のどなたも)気楽にいきましょうよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoさんご回答有難うございます。
>全然怒ってはいません。ハッピーです。
そう言って頂けると助かります。しかし、暇つぶしはかわいそうですから、せめて「お遊戯」ぐらいにしておきませんか。

お礼日時:2002/01/09 18:59

>一を聞いて十を知るようには進めませんのでのんびりお付き合いください。


僕なんか、1を言われても0.5しか聞こえず、その内の1/3も理解しません(T*T)。ぼくがいう場合、もちろん、一もいえません。っていうか何も言ってません。何も言わない事ですべてを言います。
>独我論や空観やドラゴンボールのことは詳しく知りませんが、
独我論や空間とよばれるものは、2歳や3歳の人でも考えることです。そのことを詳しく知るということは、あなたのことを詳しく知るということです。ですから、人が何を言おうが、その思考は独自に行う以外に方法はありません。人の話は参考になります。助言になります。そして、あなたが考えます。
>うーむ知らないことがまた増えてしまいました。
ホントに知っている事など実はありません。種をまいて、実を刈る。ですから、知っていると言う事はほんとにそうある事で、その時、知ってるなどと言うことは無いからです。
 ミスターポポは、神の世話人です。神は世代交代しますが、ポポはズッと一代です。神の世話を神のいる時から続けています。その目はズッと開いており、形の変わることはありません(笑)。空(そら)よりも静かにかまえ、稲妻より早く動きます。(すげぇ!)。まるでブラフマンですね。
>自分の表象世界を作る唯一の秤だと思っています。
表彰世界と言うのが、その意味を汲むのに字面を読むしか僕には出来ないですが、自分の世界をつくるのに、はかりなど必要ありません。あなたと、他の誰かを比べる事が出来ますか?「あなた」に、何か数式の様に、他を代入することが出来るでしょうか?無理です。屁理屈にもなりません。あなたは並ぶ者のない者であり、それは唯一よりも唯一的(唯一の本質)であり、すべてです。すべてをはかりにかけて、針はドコをさすのでしょうか?そんな針の動きで「すべて」を悟る事が出来ます。あなたは、何にもよらず、に、あなたの世界を表象すると同時に実現し、その世界にすでに来ており、また、すでに行(い)っているのです。
 そういうのは、針が空を切るからです。そういう証拠があります。
さらにくどくて申し訳ないですが、すべてをはかりにのせることが出来るでしょうか?秤は何によってはかるのでしょう?客観視と言うのは、自分の秤を、ありもしないほかの秤ではかろうとする事です。仮に他のはかりがあるとしましょう。ではそのはかりは何によってはかられているのですか?
そう考えていくと、自分と言う秤がいかにはかれないものかがわかり、そのような秤など実には無い事が判明します。

大切:比べるものなど何もありません。
   つまり、価値の言語(字面)的な意味する所は、値のあたい、です。値の本質です。本質は揺らぎ無く、比べるものが存せず、意味の意味です。そういう意味で、漢字が二つ並んでいます。あたい(アタシ)のあたいははかれません。
どっちの空気がうまいか?
そういうことで、こっちとかあっちとかの選択は意味がありません。場合によってはどちらも必要とされないからです。但馬牛か、松坂か?いや、僕はお腹いっぱいでいいよってことになったときの、前者の問いのむなしさ。こんなへたくそな話しかできないぼくのむなしさ(TT)、選択する必要だとか、勝ち負けだとか、選択肢もなく、試合でもないのに、そのような問いが意味をなすものか。あなたの世界に、比較は場違いなものとして、足を洗われます。ありませんありません、ナイナイといいますが、僕は何も否定しません。無い者を否定するなど出来やしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ただいまの勝負「とったり」(あげあしとり)でcaballero山(さん)の勝ち」といったところでご回答有難うございます。
>ホントに知っている事など実はありません。
その通りだと思いますが、完璧に知ることが出来なくてもどこかで知っていることと知らないことの区別をつけざるを得ないのではと思っています。
caballeroさんは「価値」は無いと言う考えだと思いますが、それでは価値に関する思考は完結してしまいませんか、それこそ釈迦に説法かもしれませんが、哲学の第一歩は「疑うこと」だったのではないでしょうか。

お礼日時:2002/01/09 18:43

文学的な分析



下世話な話
●なあ 空気って価値あるよなぁ なきゃ死ぬもん。
 水とどっち価値あると思う?
 わたしは水 ぼくは空気 拙者はどちらにも価値は無いと思う。
 (価値はひとそれぞれの概念だから こんな会話です。)

科学的な話
●なあ 空気って必要だよねえ。 なきゃ死ぬもん。
 水とどっちが より必要だろう?
 ははは 必要なものに順位は無いよ! なーるほど・・・。
 (科学は人間社会の共通の概念だから こんな会話です。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoさんご回答有難うございます。
つづき
やっぱり下世話な話に怒っていません(笑)
哲学の世界でなく現実の社会では必要なものに(下世話な生活の必要品等のことです)毎日順位をつけて生活しているとは思いますが、その順位づけの価格の前に価値が元々あった筈だと思っていますが、おわり。

お礼日時:2002/01/09 06:40

あとひとつ これも言っときましょう。


●必要性=価値 とはなりません。
 必要性に価値を感じるかも人それぞれですし 科学的価値にしても
 人それぞれです。
●あなたのご両親はあなたの存在に必要不可欠ですよね
 でもご両親に価値を感じますか?感じることも可能ですが
 ふつうは感じませんよね。ご両親はそれだけあなたにとって大切だという証拠です。

 このレベルのはなしですと哲学というよりも文学とか言語学に
 なりそうですね・・・。ま 哲学は両者も含みますからいいんですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihoko何度もご回答有難うございます。
つづき
両親に価値は感じませんねぇ兄弟や子供にも価値と言う感覚は起きませんが、友人や上司・部下になるとなんかもやもやとした価値が感じられそうですか、前にもお礼したように人と物の関係が中心なんです、それと、私は哲学をやろうとは全く考えていませんよ。つづく

お礼日時:2002/01/09 06:27

毎回同じようなことを言わなきゃなんないんで切り口を変えます。


●人生とは考えることにあらず 感じることなり!
 わたしは快楽至上主義です。真の快楽至上主義は生きることを間違いません。
 エクスタシーは感じることに宿るのです。
 考えることはよりよきエクスタシーを得るための手段と言い換えることが
 できます。
●おいしい空気を吸ったときエクスタシーを感じます。
 「この空気はなによりも価値がある」と考えたとき そのときは既に
 エクスタシーではないのです。(わたしは そんな風には考えませんけど。)
 エクスタシーは考えることの以前に宿っているのです。
 つまり価値とは後発的なものであるわけです。(脳のなかで。)
●すべての事象をことばで処理(考える)するわけですから
 あることをないとも ないことをあるとも言うことは可能です。
 (過去の哲学者の発言を見てわかるように。)
●大切なのはどう生きるかです。
 わたしは快楽至上主義です。そのために考えてます。
 価値とは他者との関係を処理するための概念である。
●大切なのは感じることであり 自分にとってのその本質をつかむことです。
 そのことに価値という概念はまったく必要ありません。

 考えることによってエクスタシーがあるとしたなら
 それは 摂理に考えがたどりつくか添って流れるかした場合いでしょう。
 正に感じることとイコールなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoさんご回答有難うございます。
つづき
>価値とは他者との関係を処理するための概念である。
私は下世話な経済学?(経済学関係の皆さんすみません)の出身ですのでどうしても、人と物の関係が中心になって、人と人の関係に関心がないわけではないのですがあまり深く考えていないですね。つづく

お礼日時:2002/01/09 06:17

●科学的に知らなかった時代 というよりも


 それも含めて意識しなかったら と言い換えたほうが論点がはっきりしますね。
●空気を意識しなければ 空気に価値なんて概念あるはずないじゃん!
 空気をなんらかの形で(例えば科学的に)意識した時に空気という言葉が生まれ
 他者とのかかわりにおいて それを位置づけしなければならないときに価値
 という概念が空気に生れるのです。
●空気は 大切であり重要である。だから価値がある。
 どれくらいの価値があるの? えーとー・・・値段をつけられないくらい!
 そうなんです。あなたのように価値という言葉をちゃんと使えないひとが
 おおすぎるんです。値段をつけられないような大切なものに価値なんて
 下世話な概念を引き当ててはいけないのです。
 空気とは それほど大切なものなのです。
●結論!空気を意識しなければそこに価値は無い!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chihokoご回答有難うございます。
あきれてもう回答していただけないのかと危惧していましたが、回答を頂きほっとしています。
でもchihoko怒っていませんか。哲学と言う神聖な学問に価値という下世話な概念を持ち込んだことに怒っているのですかね。価値についてchihokoさんと私の意見が違うことに怒ってもらっては困ってしまいます。意見の違いを楽しみたいのですが。つづく

お礼日時:2002/01/09 06:06

 「価格」というと、やはり経済との絡みになってきますね。

ただ、「価値という個別な主観的な感情あるいは認識が、どのように客観性を持ち、交換を通じて価格に変化するか」であれば、過去のご質問ですでに答えが出ていませんでしたでしょうか。ご存知の古典経済学で言えば、「欲しいと思う人が多ければ価格は上がり、少なければ価格は下がる」。もちろん、もう一方には供給という項もありますが。
 19世紀初頭に古典経済学が現れて、多くの人がそれに酔ったのは、「バラバラの個人が、それぞれの欲望に基づいて利益追求のために行動しても、市場全体のバランスは自然と保たれるし、全体的資産を増大させる」という逆説的にも見える摂理を明快に理論化ていたからでしょう。ここでは「個々人の個別的・主観的感情ないし認識」としての「価値」は、それだけで、何の変化も操作も加えられることなく、多くの他者が(そしてその欲望が)存在しているというその「場」に媒介されて、「価格」になっていったはずです。このプロセスは「客観化」というよりは「間主観化」かなあ…ってところでしょう。釈迦に説法でしょうが。

 さて、「空気の存在を理解していなかった人間にとって、空気は価値がない…」についてです。
 少しく「細やかに弁別」すれば、「一つの生物体・動物としての人間にとっては、認識があろうがなかろうが価値はある」が、しかし他方「何らの認識もないならば人間的・精神的な価値はないだろう」ということになります。
 この一文の前半で言っていることは、「動物にとっては空気は価値がある」といったのと同じことで、空気はこの場合「本能的・生理的次元で価値を持つ」ということです。後半で言っていることは、「言語的に分節し、もろもろの意味を付与して、場合によっては自ら消費・蕩尽することなく貯め込んだり他者と交換したりする対象として価値を持つ」みたいな感じでしょうか。
 それで、「認識がなければ人間的・精神的価値はないだろう」の方に関してですが、ここで言う認識は「科学」に限定することはできないと思います。とりわけ「科学」という語のフツーのイメージでいう「近代科学」となると、やはりそれ以前から空気には価値が認められていたことは確かでしょうし、もう少し広げて「学問・ロゴス」としても、やはりもう一面に「ミュトス(神話)」というのもあって、神話的認識を通しても、人間は空気に独特の価値を与えていたはずです。いや、何もそんなに大風呂敷を広げることもないかもしれません。何のことはない、人間誰しも、一度でも息を止められるだけ止めてみようと自ら実験してみたことがあれば、その人は「空気」なるものを単に本能的・生理的なだけの連関から引き離して自覚化するはずです。「ああ、これが空気…」って。「水に溺れた」でもいいし、「誰かに首を締められた」でもいいのです。その苦しさが反照して「空気」の価値を自覚させます。

 「証明しなければ事実と認めない」のは、論理を重んじる説明の方式、「ロゴスの知」にはあてはまるでしょうが、人間の知のあり方はそれだけではありません。その「それ以外」まで広げれば、科学以前に価値を持っていた物事はいくらでも例がみつかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

serpent-owlさん無視して下さいと言いながら再度回答をしなければと思われるような御礼の仕方をして申し訳ありませんでした。
今回の質問は#1・#5の回答に対するお礼の中で申し上げたように、質問の仕方に問題があったと反省しています。
価値に関して多くの皆様から回答を頂き自分の間違っていた部分に気がつきました、その結果残る疑問を整理せずに質問をしてしまいご迷惑をかけたと思っています。
ただ価値と価格の関係は、需要と供給の関係で決まるとしても、価値と価格が同じ物かどうかについてまだ疑問を持っています(表現があいまいなのをお許しください)。
最後の部分に関しては現在の社会が科学万能主義のような風潮があってそのことに反発しているのですが気持ちは解って貰えると思っています。
最後に言い訳ですが、健康のため夜インターネットに繋がない設定をしています、お礼が拙速なことをお許しください。有難うございました。

お礼日時:2002/01/08 20:44

>空気の存在そのものを科学的に知らなかった時代


しかし、実感的に「知っていた」のではないでしょうか。それは、実感無く遠い宇宙のことを科学的に知るよりも「知っている」様に思います。何故なら、その実感というものはその主体と共にあり、又、主体はそれをものにしていると言えるからです。ストーンエイジの様な、とか、魔法想起時代に、とか、宇宙開拓時代なら、とか、よりも、「今」、どうなのかが、価値を考えるには重要だと思います。実感とは主体に伴うもので、その主体が僕とすると、僕は今、生きているわけです。ですから、今、あなたでどうなのか?ということが大事だと思います。
>価値が発生したのでしょうか?
発生するようなものは最初からありません。幻影のようなものです。価値があるとするならば、それはあるのです。「今」が発生したものと考えるなら、それはなくなります。しかし、あるものと思えるなら、それはあります。すべてにおいて、それはそうなんです。
>どのように客観性を持ち・・
客観性というものはありません。あれは嘘です。嘘は数多くあり、数多い者を求めるのは容易です。しかし、嘘でないものは確かですので、求める「べき」です。
客観性を得るというのは、息のかかった第三者になることであり、客観性を旗に説得的な主張は出来ても、ホントのことは言えません。哲学の場合、向かうべきは独我論です。独我論は、超えれます。そのとき、すべてがあることになります。価値の問題も、独我論と関わってくると思います。もし、それで虚無的になってしまったら、「空観」というようなものにあたられると、それはなくなります。「空観」は宗教ではありません。理解するのに信心は必要ありません(求心は必要かも)。切り札的に持っておいたら役に立ちます。しかし、それを理解するのと得るのとでは違います。理解は簡単ですが、得るのは至難です。しかし、得る「べき」です。ドラゴンボールで、ミスターポポがやってたやつです。たぶん、。ドラゴンボール知ってます?
>自分でも嫌になるほどしつこいと思っています。
そうですか?皆さんこうして応じてくださっているじゃないですか。ということは、だれもこの質問で、うんざりんなんてしてませんよ!マジでしつこい場合は、相手がうんざりしますから、、。(TT)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

caballeroさんご回答有難うございます。

今回の質問は少し間違っていたと反省しています。
空気に価値があるのかと言う質問ではなく、空気の価値が科学的に空気の存在を知る以前と以後について質問するべきだったと反省しています。(いつも反省ばかりしています{笑})
空気を含めた自然の価値?(大切さ)をcaballeroの仰るように科学的に知る以前に何らかの形で知っていたのでしょうね。
哲学に詳しくないので、独我論や空観やドラゴンボールのことは詳しく知りませんが、ドラゴンボールってマンガじゃなかったのですか?うーむ知らないことがまた増えてしまいました。

蛇足ですが、インターネットの世界も知らないことが多すぎて質問の結果、又別の疑問が増えてくることは楽しいことだ前向きに考えていますが、一を聞いて十を知るようには進めませんのでのんびりお付き合いください。

お礼日時:2002/01/07 18:44

お礼を読ませていただきました。



>ここが納得できないのです、価値があると主体が認識する結果、
>対価や犠牲を払って「交換」という行為の要求が生まれるのでは
>ないでしょうか。
なるほど、この点についての疑問が根底にあったのですね。そういうことは既にお判りになっておられるものとして答えてきましたので、納得がいかなかったことも理解できました。

私は、基本的に「価値」は創造されるもの、すなわち人間の手間が加えられているものであると考えております。fishbowlさんが今まで例としてあげてきた、「金」にしろ「ステーキ」にしろ、人の手が加わっています。例えば、「金」はまれに砂金として発見されますが 、基本的には金鉱石の形で存在し、それを人間が掘り出し、精錬して金の形にします。また、ステーキも同様で野生の牛であるか飼育された牛であるかにかかわらず、それを掴まえたり飼育したりする手間がかかり、さらにそれを解体して、食べやすい形に加工し、その上に料理するという手間がかかっています。それらの行為をすべて自分だけで行い、得られた成果も自分だけで消費してしまうならばそれには「価格」は付かないことはお判りですね。

ただ、それらの成果を誰か他の人と交換しようとする時に「価格」が発生します。また、手間を加えること=労働にも価格をつけることができます。こうして価格をつけることによって、労働という形で内在していた価値は表面に現れ、他のものと比較できるようになります。また、労働自体についてもその質や内容によって均一ではない価格が付くようになります。

さて、社会や経済が発展していくと、こうしたものごとの価値は創造されたものであるということが見えにくくなってきて、価値交換の媒介物でしかない貨幣に価値があるかのごとき錯覚が生じてしまいます。そして、fishbowlさんの一連の疑問に繋がっていくというのは話を単純化しすぎかもしれませんね。

まったく話が違いますが、コンピュータに将棋を指させるためのプログラミングを考えてください。このとき、将棋の各駒に例えば飛車は10点、角は9点・・、歩は1点というように評価して価値を与えます。この他にも局面の評価などを点数化して一番点数の高い結果を生むようにしていくわけですね。で、問題は王をどう点数化するかという事です。これが取られてしまえばゲームは終わりですから、他の諸要素に比べて異常に高い価値を付与するのが基本ですが、これを何点とするかはそのプログラマーの主観でしかありません(これは人の命の価値のアナロジーです)。

同様に、バーミアンの大仏・自然環境・空気などありとあらゆるものに対して、価値を見いだし、付与することは可能ですが、それは何を価値とするかという決定の下(これが価値が主観的に決定されるということ)での行為です。まあ、普通の人は価格で示される価値に従うとは思いますけれど・・

もとに戻りますと「空気の価値」は何を価値あるものとするか、価値とは何かと考えた時に異なってくるのは当然です。surpent-owlさんのご回答の指針である、「細やかに弁別すること」もこのことを踏まえているはずです。

最後に、もう一つ、参考URLを張り付けておきます。この#2の回答の意味をお考え下さるようお願いもうしあげます。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=70876
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aminouchi再度のご回答有難うございます。
価値についての一連の質問の前に、私の価値についての考えを定義していなかったことが問題になったようです。

「価値」とは主体である個人が現実の世界(自然と社会)に対して自分の表象世界を作る唯一の秤だと思っています。

それが価値対象である事物に由来するのか、主体の精神の中にあるのかで迷っていました。早いことや、のんびりしたこと・高いことや、安いことに価値を見出す個々の主観的価値を抽象的に思考することが難しく思われました。

ステーキに関する質問は、誰かの加工が関与したことを問題にしたのではなく、価値の認識が精神の中にあるとする定義に対して、具体的なステーキの存在、五感に感じる存在自体の価値を強調して価値が事物にあるのではと思われる例として有効だと考え取り上げました。

価値と価格の違いを考えるため、経済学ではなく不慣れな哲学の世界に迷い込んでしまったのです。

お礼日時:2002/01/06 19:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 煩悩も悟りも捨てる!? 深すぎる仏教の教え

    あなたが生きる目的とは一体なんだろうか。人によって様々あって然るべきと思うが、「教えて!goo」に「煩悩と解脱について」と相談を寄せた質問者は、より有意義な人生のために「涅槃(ねはん)」を意識しているよ...

  • 瞑想中に霊が降りてきて困っています

    瞑想は、心を鎮めたりすることによるリラクゼーション効果があると近年紹介されるようになりましたが、宗教的な修練として行う瞑想は「この世の真理を体得する」といった目的のために行われます。教えて!gooに質問...

  • 1000年生きられたら、どの時代を生きたいですか?

    若返りが期待できる、新しい万能細胞の発見が大きな話題を呼んでいます。もしかしたら1000年どころか、夢物語であった不老不死も可能になる日も来るのではないかと思うほど、科学は進歩しています。現時点では1000年...

  • 印象に残った格言は何ですか?

    名言や格言の中で、いつまでも頭から離れない、印象に残った格言をお持ちの人もいると思います。教えて!gooにはそんな格言についての質問が寄せられています。 「一番印象に残った格言」 「一番印象に残った格言...

  • 人は死んだ後はどうなるの?

    大人になっても、明確な答えができない問いはあります。例えば死後、はそうでしょう。身近な方の死や、お世話になっている方の死を耳にすると、自分自身の死について考えたりもしますが、答えは出ません。教えて!go...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ