質問

私は今年アメリカのサンフランシスコに留学する予定なのですが、銀行口座のことでいろいろ調べてみたら、Citi Bankで口座を作っておくのがおすすめというのが調べた中で、一番多かったのですが、私の行ってる留学センターでは、現地で口座を開いた方がいいと言われたので、どうすればいいのかわかりません。いろいろと話を聞く限りでは、Citi Bankはホントに便利だって聞いてます。あるHPでは、現地口座とCiti Bankを併用するのもいいというのもあって、どういうメリット・デメリットがあるのかいまいちわからないので、そのあたりについて詳しく知っている方がいましたら、ぜひ教えてください!

通報する

回答 (7件)

Citi Bankで口座は海外送金のために良く用いられてました。過去形です。それゆえ、調べたら昔のページの情報が載っているからでしょう。Citi Bankはその目的なら絶対に進められません。最低残高をキープしないといけないし、その規定の残高量もしょっちゅう変更されます。送金手数料も高すぎます。送金目的なら、断然、Paypal ペイパルです。送金手数料はCitiBankの四分の一くらいだったと思います。日本の講座から現地で口座に外貨送金できます。

ペイパルでググッテ見てください。いっぱい出てきます。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ペイパルなんて初めて知りました!!もう少し考えてみたいと思います。
ありがとうございました!

No4です、手数料につきましてURLが見つかったので添付しておきます。参考にどうぞ。

この回答へのお礼

URLありがとうございます!
参考にさせていただきます。

私はCitiで日本とアメリカに口座を持っています。親が日本の口座に振り込んでくれ、それをアメリカの口座に移しています。開いているのは小切手口座です。何かと私の場合は小切手を使うことが多いので、助かってます。Citi同士なので、資金移動に手数料がかかりません。
日本でCitiを開いていて、アメリカでCitiの口座を開くとすんなりいきます。親切ですが淡々とした対応の銀行員の人に、I-20、パスポート、ビザ、大学からのレシート(SSNが無い場合、これがかなり重要です)を渡しました。そして、日本のCitiのクレジットカードを見せたとき、態度が急変しました。「なんだ、これなら話が早い」と言って、とっても親切丁寧に、わかりやすく、説明し、私にとって最適な口座のプランを教えてもらいました。簡単に信用してもらえる要素となるようです。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
Citiで小切手を使えるんですか!?手数料がかからないというのはとても魅力的なんですけど、もう少しCitiについては考えてみたいと思います。
ありがとうございました!

CITIを使ってます。
まず日本の口座ですが常に設定額以上(50万だったか100万だったか忘れてしまいましたが)口座維持手数料が掛かります。

またアメリカ口座にも$6000以上又は$1500以上の金額が無いと同じく維持手数料掛かります。$6000の設定にしていればATM手数料が無料です。
ただしアメリカで別の銀行のATMでお金を下ろす場合はそのATMの設置している銀行によって手数料は$1.5程掛かります。

$1500の設定の際は上記の手数料以外にCITIにも手数料を取られます。
それ程ATMを使わない(DEBITやCREDITを多く使う)場合には問題にはならないと思います。

日本口座からアメリカ口座にWebで送金ができるので便利かと思います。ただ一回につき2000円の手数料が発生します。

あとはカスタマーサービスが日本語もOKくらいでしょうか。

上記の内容はあくまでもCITIの間の話しです。

まずお住まいになられる近所にCITIがありますか?
どうしても銀行窓口に出向かないといけない事があると思うので。

なければCITIを日本で開設する必要は無いかと思います。

近所の銀行で全く問題ないと思います。
その際は長期滞在分を日本から送金してもらえば良いだけの話しなので、この方が経済観念も発生して生活にめりはりが出ると思いますよ。

確かにCITIの外貨預金口座もありますが、デビットにはならないし現金が下ろせるだけですからアメリカでは殆ど使う必要を感じません。緊急時に作っておくくらいで十分でしょう。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
頭の中でうまく整理ができてないので、もう少しCitiについて勉強したいと思います。現地の銀行も考えたいと思います。
ありがとうございました!

まず、整理しましょう。
kate531さんの留学の期間と留学資金の出所などです。これによってかなり違ってくると思います。
たとえば、ご両親が毎月決まった金額を振り込む形なのか、年に数回まとまった金額がもらえるとか。またはご自分の預金であるとか色々な理由がありますよね。
CITIも日本ではかなり高額な預金が無いと(確か50万以上?)口座維持手数料が発生しますし、kate531さんの資金のあり方によって違うとおもいます。送金手数料などがフリーになるのはさらに高額な預金が必要だったります。

また現地での口座開設もソウシャルセキュリティーナンバー(納税者番号)が必要な場合もあるので、労働許可のない留学生ビザでは番号が発行されないので口座開設もすぐにできるかどうかわかりません。また言葉の壁もあるかもしれないので、銀行のいろいろな種類のアカウントの規定など(口座維持費や小切手(チェックのルール)など現地での口座開設は長期の留学なら留学後現地の情報を元に作るとかんがると、やはり前もってCITIやNo.1さんのように郵便局など送金の方法を確保するほうがよいと思います。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
現地の銀行はすぐに開設できるものだと思ってたので、驚いてます。Citiで口座を開くことをもっと考えたいと思います。とても参考になりました。
ありがとうございます!

 私も今までにCITIを勧めた事があるので、簡単に説明します。

CITIの利点
 アメリカと海外とでお金を移動させるには円→ドル、またはその逆の両替が必要になります。また、銀行間送金の場合、1回につき数千円の手数料がかかります。
 CITIの場合、T/C発行無料や、送金手数料割引があります。特に外貨キャッシュカードを利用すると手数料無料でアメリカ国内でキャッシュを引き出すことができます。

 普段の生活に際しては現地の口座があるほうが便利です。あなたの生活圏にある現地銀行で開設すればよいでしょう。アメリカのCITIに口座を開設してもたいしたメリットはないと思います。

 普段の生活は現地銀行
 日米間の資金移動に関して日本のCITI口座を利用

 日米間での資金移動が少ないのであればあまりこだわる必要はありません。何度も移動する場合には利用する銀行・口座を選んだ方が良いと思います。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
なるほど!!そういう使い方があるんですね。今のとこ日本のCitiに口座を開くかは悩み中ですけど、現地の口座を開くのもいいかなって思いました。とても参考になりました。
ありがとうございました!

こんにちは、初めまして。
私も今年からアメリカに留学します。同じ境遇どうし、よろしくお願いしますw
さて、ご質問についてですが、私はまだ実際に生活を始めていないので確実なことは申し上げられませんけれども、シティバンクは確かに便利だそうです。ただ、私がそれでもシティバンクの口座を作らなかったのは、口座維持手数料がかかるからです。でも、常に口座に一定額の預金が入っていれば、かからないか、もしくは安かったと思います。

ちなみに、余談かもしれませんが私は、これまで、給与の受け取りや色々な引き落としを郵貯でやってきて、なんとなく愛着があり海外でも郵貯を使いたかったので、海外で郵貯の預金を現地のお金で引き出せる郵貯国際サービスのカードを作りました。セゾンとビザカードのもので、クレジット機能もついているので何かと便利です。ただ、お金を下ろすのに1回200円かかることと、出発前に郵便局で利用枠の設定をしなければならないのが難点ですね。
それから、新生銀行もオススメかも。
でも、質問者さまが常に一定額の預金を口座に維持できるのなら、シティバンクでも充分ではないでしょうか。ごめんなさい、その「一定額」っていうのが、具体的にいくらなのか、忘れてしまいましたが・・・。
あまり参考にならない回答をしてしまいましたね。
留学前って色々不安ですからね・・・何かお役に立てたらと思い、回答させていただきました。

ちなみに、私もどっちにしろ現地で口座を開こうとは思っていますよ。
長文失礼いたします。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やっぱ口座維持手数料はなにかと大きいですよねー!私もそれについて考えたんですけど、まだ悩み中です。郵貯国際サービスのカードはいいですね!
シティバンクももうちょっと考えてみたいと思います。とても参考になりました。
ありがとうございました!

このQ&Aは役に立ちましたか?3 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピにAndroid版アプリが登場

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」に Android版アプリが登場! もっと身近に使いやすくなりました。
今ならダウンロードで話題の掃除ロボットや全天球カメラが 当たるプレゼントキャンペーンも実施中。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ