「ドルアーガの塔」に出てくるドルアーガの出典は何か知っている方はいらっしゃいますか?

勇者の名前が「ギルガメス」で、女神の名前が「イシター」で、ギルガメシュ叙事詩、メソポタミア文明の神話を基にしているとまでは調べられましたが、
ギルガメシュ叙事詩やメソポタミア神話に「ドルアーガ」という悪魔が出てくる、とまでは調べられませんでした。

メソポタミア神話に出てくるのであれば、どんな悪魔なのか、出てこないのならば、完全なオリジナルなのか、他に出典があるのか、知っている人がいれば、教えてください。

A 回答 (1件)

原典、という意味であれば、ドルアーガの塔のゲームデザイナー、遠藤雅伸さんが書かれたバビロニアン・キャッスル・サーガという事になります。


この物語が、バビロニア神話を元にしているという事です。

で、ドルアーガですが、明確にこれでは?とされる出典は明らかではありませんが、モデルになったのはバビロニア神話ではなく、インド神話に出てくるドゥルガーではないかと思います。公式にそうだという話では無いので推測ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ドゥルガーを少し調べてみましたが、腕が何本もあるとこととか、確かにイメージが良く似ています。

お礼日時:2006/02/01 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ