質問

輪廻は存在すると思いますか?

通報する

回答 (8件)

輪廻自体は仏教の考え方だそうです。
高校に入ってはじめて知りました^^;

私自身は輪廻は存在すると小学校あたりから思っていました。
身内で亡くなられたり、かわいがっていたペットが死んだりしたら、別の形で生まれ変わったら、と思うと楽しいと思うからです。気休めでも何でもかまわないです。そのほうが夢があっていいと私は思います。
どう考えるかはその人によると思いますが、あってもいいんじゃないでしょうか。そう考えたほうが、「残った人」は生きる楽しみも出来るんじゃないかと思います。

何か、理想論が多くてごめんなさい;;では。

在ると思う。

前世の記憶とか、デジャヴとか、チベットのダライラマとか。少し信じてる。魂とか信じてる。友達に「ソウルメイト」って自分から言ってる奴には、うさんくささを感じるが。

こんにちは。

 私個人は、肯定も否定もしません。

 少なくとも、物理学的、生物学的な問題ではありませんから、「ある・なし」では、事物を思考することにおいて、単純化しすぎていて、そんな話はつまらないです。人を解剖して、心が見つからないといっているようなものです。

 総じて、「輪廻」を現象面から捕らえると、それは、その人の記憶やその個性に対するものであって、それは、過去と現在の間に「同一性」があるのか、ないのか、ということだと思います。そういう科学的調査は、欧米では済んで、報告はされていても、少なくとも日本では、あまり好まれる種類の話ではないようです。「靖国の英霊の魂」をまことしやかに言っているような状況では、語られることは少ないように思います。

 確かに、擬似的な記憶というものは、あるとされています。

 では、その「擬似的な記憶」というものが、肉体を離れて、勝手に一人歩きするものか、というのは、概ねあるということは分っています。米国のUFO騒動の際に、実際は、体験者のその記憶が、その都度変っていることで、少なくとも事実ではないか、検証不可能ということで、ある一定のラインが引かれました。それは、本人の記憶というものは、いかに移ろいやすいか、また、それ以上に、我々は、その記憶について、実証は不可能な部分が存在しています。アジアで、「輪廻」思想が根強く残る地域では、本人の体験していない擬似的な記憶は、多数報告されていますし、また、それを受け入れることに抵抗のない人々も多くいるそうです。

 「輪廻」は、アジア全体に広がる、仏教以前の根強い思想のひとつです。私は、それを一概に否定することは出来ないと思うのは、ある人々は、そうした精神構造の上に意識に成り立っているもので、それを、我々の信ずる科学でメスを入れたところで、その人間の心が生き生きとよみがえるかというと、それはないというしかありません。それは、我々の信ずる科学というものは、分析的で、非統合的で、分類的で、我々の意識にある「我」というものを、細分化し、細分化した個々について検証しているに過ぎません。それを、統合的に結び合わす力などを持ち合わせていないからです。現代の精神科医が、イエスや仏陀の時代の治療よりも優れていると思えないのは、そのためです。しょせん、物理的(Physical)・薬物学的な方法でしか、その治療を見出せないのがほとんどではないでしょうか?

 私は、「原始仏教(Primitive Buddhism)」では、否定されたという「輪廻」は、なぜ、民衆の間では、逆に「仏教」に不可欠の存在になっただろうか、と考えると、「輪廻」というのは、人々の思考・願いの連続性ではないだろうか、と思うのです。人の死に対して、人の行いの結果が、それで途切れるものなのか、もしそうだとすれば、人はひじょうに孤独で味気ないものになると考えるからです。絶望的な環境の中でも、人は希望さえあれば、心を平常に保つことが出来ます。花は、種から咲き、再び種をつけ、その花の個性は失われずに、次の世代にも花が咲きます。失われたと思った花は、再び、我々の目前に、以前あったように人の目を楽しませることが出来ます。人は、「個」が失って、その「個」はそれで終わったほしくないと考えるのは、私は自然のことだと思います。我々は、本当には、永遠の単位のものを知りません。ただ、想像するだけなのです。

 私は、その中に、自分というものを投影することで、そこに希望を得られることが出来るとすれば、「輪廻」はあってもよいのではないか、と思うのです。

輪廻転生はあると思いますが。
これは、仏教以外の宗教では受け入れられていません。

小さな子供が母の胎内に居た時の事を繊細に記憶している
ところまでは、医学で唱え始めているようですが、
まだ、ごく数人の方が唱えているに過ぎないでしょうね。

さて、仏教以外の宗教の医者や科学者が唱えても、
やはり、天動説や進化論の様になり封殺されるでしょう。

世界各地で輪廻転生でしか説明できない事が、報告されています。
科学のお膝元の欧米の医者?が催眠で記憶を遡り、
受精以前の記憶を催眠を掛けられた人が話したとか言う事も。

なので、真剣に欧米の科学者や医者が取り組めば良いのですが、
やはり宗教に縛られて異端児には成りたくはないのでしょうね。

お釈迦様(仏陀)は輪廻転生を止める方法(成仏法)を
説かれたので、これは、仏教の仏教で在ることを意味します。
この輪廻転生と成仏法が無ければ他の宗教と同じに成りますね。

キリスト教では人間は輪廻転生をしないそうですね、
最後の審判を受けるときにすべての人・・・、
という事のようなので、
したがって、輪廻転生の考え方は受け入れられないのでしょうね。

そして、日本では欧米の科学者が言う事は耳を貸すが、
日本人の科学者や医者が言う事は素直に耳を貸さないようなので、
やはり、輪廻転生は科学的に解明されないのでしょう。

[カルマの法則]という法則も。

お釈迦様が正しいか、科学者と医者が正しいかを、
現在の科学者と医者がチームを組んで研究して、
答えを出して欲しいと思うのですが、どうでしょう。

そう、催眠で何万とか何億というサンプルをとって、
全部のサンプルで輪廻転生を否定すれば良い事だと思います。

本来友人のネタ※なので誰にも喋るなと言われているのですが妙に納得したので書いちゃいます。(似た事が既に書かれてるし)
No2さんが書かれている事とほぼ同じなのですが、
おそらく【魂(若しくはその類似物質)】も有限でその循環(リサイクル)が
輪廻転生と呼ばれている物なんだと言っていました。
基本的に生き物の体の大きさに係わらず何某かの“量”若しくは“サイズ”で【魂】の量が変化する。
【魂】の量は生命体としての質に直結する。
だから最近人が増えすぎて質の低い人間が多くなってきたんだ、と語っていました。

※友人は物書きをしているんです。そのネタの一つです。

存在しない。

輪廻があると仮定して生きることは、生きる質を高め、よりよく生きる理由となる。要は考え方だ。
しかしこれは輪廻があるということではない。そう考えると、都合が良いよ。ということです。

もし輪廻があるとしたら、どうなるか?矛盾点だらけだ。
最初の輪廻は?無限に繰り返す?最初はあるだろ。遺伝子技術でクローンを大量に作ったら?それは何からの輪廻?何へ輪廻する?

「あなたは△百年前の○○国に住んでいた、□□さんです」みたいな生まれ変わりは、たぶん違うなと思っています。

ただ自然現象の全てが、物によって時間のスパンが異なっていたとしても循環し、形が変わってもエネルギーが減らずに変化しつづいている。
水は蒸発して雨から川や海にもどったり、あるいは同じ水でもなにかと化学反応して水の形態をとどめていないとしてもエネルギーはひきつがれます。

そう考えると、人間にもなんらかの循環の法則はあるのかな?とも思います。

必ずしも今の自分そのものではないかもしれませんが、なんらかの形でまたどこかに現れるのかなと考えています。

自然の法則=神だとしたら、人間の体はもちろん、今考えているこの思考や感情、体験にもなんらかの循環法則を与えていると信じたいです。

存在すると思います

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピアプリ登場記念!コメントで最大1万円分のギフト券があたる!

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」にAndroid版アプリに続きiPhoneアプリも登場! どちらかのアプリをダウンロードして指定のオーダーにコメントした方に抽選で最大1万分のアマゾンギフト券をプレゼント! フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ