質問

木造2階建てで新築の計画中です
2階LDKと6畳が2部屋合計約40畳の暖房についてですが
ガスまたは灯油の床暖房(できれば2F全部)にするか
オール電化にして蓄熱暖房器にするかで迷っています
イニシャルコスト、ランニングコスト、また快適なのはどれがいいでしょうか
ちなみに中部地区です

通報する

回答 (6件)

#4です。
>高気密高断熱住宅とはどのような定義があるのでしょうか?
高気密高断熱住宅の定義としては、次世代省エネルギー基準がIII、IV地域でC値(隙間相当面積)が5cm2/m2以下の性能を持つ住宅を気密住宅と定義付けています。(ちなみに愛知県はIV地域に該当します)

開口の多さは余り関係がありません。
サッシ等の開口部に高性能な樹脂サッシやアルミと樹脂の複合サッシを使えば問題ないからです。
C値(隙間相当面積)とは床面積1m2当たりの隙間が何cm2あるかによって気密性能を数値で表しています。
C値(隙間相当面積)を5cm2/m2以下の性能にする為には、ウレタン等の発泡樹脂系の断熱材を使ってパネル工法にするか吹き付けをしないと出来ないと思います。
繊維系の断熱材を使っていれば、クリアするのは難しいでしょうね。

>2階床暖房の場合2階床からの輻射熱により1階があたたかい、ということはありえませんか?
仮に床暖房を2階で行っても、1階床下の冷たい空気は遮断出来ません。
1階の床下は冷たいままなので、1階は寒いままだとと思います。
天井部分は熱くなると思うので、頭寒足熱の逆になってしまいます。

在来工法で床暖房をすると快適なのは、1階の床下の冷たい空気の流れを強引に床暖房の熱で遮断しているからです。
つまり、建物の外周部(もちろん1階床下も)を全てウレタン等の高性能な断熱材で充填してある高い性能を持つ会社が施工した高気密高断熱住宅では、本来床暖房は必要ない筈です。
現に私の担当した高気密高断熱住宅で床暖房をした物件は1件もありません。(寒冷地在住ですが、蓄熱暖房器や温水ルームヒーターやFFファンヒーターで十分暖かいです)

蓄熱暖房器は輻射暖房なので、対流式のFFファンヒーターやエアコンの方が直接の暖かさは感じると思います。
但し、設備メーカーの方で適切な熱計算をして必要な熱量と台数の蓄熱暖房器を入れれば、エアコン等の補助暖房は全く必要ありません。
蓄熱暖房器の暖房能力が不足していると思う場合の理由としては、(1)適切な熱計算をしていないか、(2)建物自体の気密断熱性能が低いかのどちらかだと思います。

この回答へのお礼

大変参考になりました
気密断熱の部分から設計士と話してみます
ありがとうございました

蓄熱暖房は、「モワッとほんのり暖かい」感じです。「暑いな」とか「暖かいな」という体感ではありません。必ず、ファンヒーターやエアコンを併用すると思います。

部屋に入った瞬間は「なんだか暖かいなような気がする」という感じで、しばらくすると若干寒くなり、上着を着るか、ほかの暖房機を使うかになると思います。ファンヒーターをぬるくしたようなものが常についているというイメージがよいかもしれません。

暖房器具がふたつになるので、エアコンの電気代やヒーターの灯油代は一台より節約できると思います。
床暖房は、床面積の60%以上を床暖房にすると、蓄熱暖房と同じような暖かさになります。(暖まるまで3~4時間は必要です)

どちらも、それだけでは十分にあたたかくならず、補助の暖房機という点で共通します。ですので、もし蓄熱暖房をメイン暖房として考えていたら、それは再検討の必要があります。

蓄熱暖房は常に動いているので、家に帰ってきたときに寒くないというところが利点で、床暖房は、足元が暖かくなるので他の暖房機と併用すれば効率よく部屋が温められるということが利点です。

建築の会社に勤めていますが、もし自分の家にどちらを設置したいかと聞かれたら、床暖房と答えると思います。やはり、床が暖かいというのは、快適さやすごしやすさの面で優れています。

それと、zero1ykさんが言われているとおり、住宅の基本的な断熱性能は重要です。

この回答へのお礼

ありがとうございます
やはり蓄熱暖房だけではメイン暖房にならないようですね大変参考になりました

結論から最初に言いますと、新築される住宅が高気密高断熱住宅であれば、蓄熱暖房器の方がいいと思います。
普通の木造在来工法であれば、灯油の床暖房や灯油のFFファンヒーターの方がいいと思います。
中部地区という事は東海地方でしょうか?

イニシャルコストは灯油の床暖房や蓄熱暖房器は高くて、FFファンヒーターは安いです。
ランニングコストは昼間の電力の1/3位しか電気代が掛からない深夜電力を利用する蓄熱暖房器や灯油を熱源にするボイラーの床暖房は安いです。
逆にガスを熱源にするボイラーの床暖房や電熱式の電気床暖房は割高になります。
尚、灯油の床暖房やFFファンヒーターは通常外部に設置したオイルタンク(200L~500L位)から給油しますので、普通のファンヒーターのような給油の手間は必要ありません。

快適さは建物の気密性能に比例します。
気密性能の高い高気密高断熱住宅を建てる会社の建物であれば、蓄熱暖房器が数台で非常に快適な家になります。(床面積にもよりますが、普通は1台だけでは無理です)
在来工法の場合が難しくて、気密性能の高い新築の建物の場合は暖かい家になりますが、隙間の多い家の増改築の場合は暖房能力が不足して寒くなる場合もあります。

また、通常床暖房は2Fに設置する事は少なくて、1Fのリビングやキッチンなどに設置する事がほとんどです。
理由は、床暖房は輻射暖房なので、1Fの輻射熱の効果で2階にも暖房効果があるからです。
2階に温水式の床暖房を設置した場合には、水漏れする可能性もあるので余りお勧めは出来ません。


建築士

この回答へのお礼

ありがとうございます
場所は愛知県です、設計士の話では気密断熱は相当なレベルとのことですが窓などの開口も多いので高気密高断熱ではないと思います
高気密高断熱住宅とはどのような定義があるのでしょうか、数字とかで表すのですか?
対流式の暖房はできれば使いたくないので蓄熱暖房か床暖房と考えております
蓄熱暖房の場合はやはり一台では難しいようですね
また、2階に温水式床暖房は水漏れの可能性があるとのこと、大変参考になりました
ひとつ疑問なのですが
「通常床暖房は2Fに設置する事は少なくて、1Fのリビングやキッチンなどに設置する事がほとんどです。
理由は、床暖房は輻射暖房なので、1Fの輻射熱の効果で2階にも暖房効果があるからです。」
とありますが、2階床暖房の場合2階床からの輻射熱により1階があたたかい、ということはありえませんか?
すみません、素人ですのでめちゃめちゃなことを言っているかもしれませんが・・・

SRC基礎なんていうのもありますよ。我が家も床暖房採用したかったのですが、予算の都合であきらめました・・・。

床暖房屋です。もし在来工法の木造で家を建てるのであれば、床暖房や蓄熱暖房機を考える前に、徹底的に気密性能や断熱性能を上げる事にこだわりましょう。全ての基本は建物から熱が逃げない事。また余計な熱が外部から進入しないようにする事で、暖房器具の能力を小さく出来ますし、温風式や対流式の暖房機の場合には、部屋の上下の温度差も小さく出来ます。在来工法の建築の場合(建築やさんにもよる)の断熱工事は、意外とアバウトな工事が多く隙間だらけだったりします。実際行われる施工も良く見ていて下さい。床暖房についてはどのような建物においても足元から温める頭寒足熱と言う最上級の暖め方をします。この暖め方は他のどの暖房にも出来ません。現在はエアコンの室外機でお湯を沸かして床暖房に使うシステムも有ります。これは、インバーター機能を内蔵のため省エネ型エアコンと同じように通常の電気代の1/3=ほぼ灯油代程度で済みますよ。

この回答へのお礼

ありがとうございます

わが家はオール電化で蓄熱式暖房機使っています。

暖かさは石油ファンフィーターのが群を抜いて暖
かいと思います。

しかも蓄熱式っていっても深夜電力で暖めて昼間
熱を放出するだけですから一番高いのでも1台で
40畳は絶対に無理です。

俺の経験上一番高いので20畳くらいだと思いま
す。さらに熱を使い切れば風しかでません。
追い炊きできますが深夜以外は電気代高いです。

1台20万くらいするし、重いから移動は絶対に
できません。冬しか使わないのにどーんとリビン
グに置いたままだし。

ではなぜ蓄熱式にしたかというと、高気密高断熱
住宅なので部屋の中では石油類が無理なんです(
換気の意味で)

なので俺は間違いなく機材も安い石油ファンヒー
ターがいいとは思いますが。
でも灯油を入れるのって面倒ですよね。
電気を熱に変えるって電気代高いですよ。

この回答へのお礼

ありがとうございます
一台ではやはり無理ですか、大変参考になりました
もしよろしければ使用感など教えていただけますでしょうか
床暖房は友人宅で経験したことがありますが蓄熱暖房機は未経験です
カタログなどでは輻射熱により部屋中が同じ温度になり非常に快適・・・などと書いてありますがいかがでしょうか

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集