質問

香港で3時間半も
時間をもてあましてしまいます。
皆さんなら何をしますか?

また、トランジットの経験は初めてなのですが、
香港の空港に着いてから
何か手続きしないといけないんでしょうか?
前までは全て親任せだってので
何にも分からないです。
確か、トランジットする場合、
カウンターに一度出向いてから、
チケットを交換するんでしたっけ??
教えてください

通報する

回答 (7件)

こんにちは。

#6の方が
「No4の方がキャセイのゲートは、
 近場にあると書いていらしゃいますが、
 大きな間違いです。」
と書き込まれていますが、
私は
「近いところが多い」
と書いたのであって
「近いところしかない」
とは書き込んでいません。

ゆえに、書き込んだことが
間違っているとは思いませんが。

「私の」感覚では
HKGのゲート番号39までは
近いと思っています。

下記リンク先で
カウントしてみるとおもしろいでしょう。

なお、
質問者の方は
キャセイを利用するとは
ひとことも書かれていません。



せっかくの書き込みなので一言おすすめ。

短時間ではありますが
入国を考えられるならば
機場快線の終点・・・香港駅から近い
羅富記はどうでしょうか。
なによりも駅から近い、
注文してから早い、
そして安い、
この3点が
滞在時間の少ない方にピッタリ。

3時間半は、空港の中で食事とかしてみたらいかがですか?
後は、ちょっとしたおみやげをみたらどうでしょうか?

No4の方がキャセイのゲートは、近場にあると書いていらしゃいますが、大きな間違いです。
キャセイのゲートは、近いところは、一桁のゲートですが、遠いゲートは、一番遠い場所になります。
他は、日本から香港へ着陸する時に出発地のゲートが表示されませす。
たまに変わる見たいです。
私の友達は、結構な移動距離をようするゲートに帰られた人もいますので、乗られる1時間くらい前になったら確かめた方がよいでしょう。
乗り遅れないように、キャセイの場合は、遅れると出発してしまいますよ。
3時間半楽しんでください。

 3時間半はたしかに微妙ですね (^o^; 。私は以前、4時間ほどの
待ち時間があったとき、エアポート・エクスプレス( 機場快線 )で
香港島まで行き、ピークに登ってきたことがあります。

 機場快線は、当日中の往復( Same Day Return = 即日來回 )で
あれば、片道と同じ料金になります。空港から乗るときには改札が
なく、降車駅でキップを改札機に通すとそのまま出てきます。その
キップを再び、空港に戻るキップとして使えるという仕組みです。

 電車は 12 分ごとにあり、終点まで 24 分です。帰りは出発の
1時間前には空港に着いていたいですから、1時間40分前に駅に
戻れば大丈夫な計算になります。また、キップはカードで買える
ので、香港ドルに両替する必要もありません。

 3時間半の空き時間だとピークの頂上まで行くのは難しいかも
しれませんが、香港島を小一時間ぶらつくだけでも楽しいでしょう。
キップがあれば、駅からホテルに向かう無料シャトルバスに乗れ
ますので、どこかの高級ホテルでアフタヌーンティーが楽しめる
かもしれません。かなり急ぎ足になるので不安ならオススメでき
ませんが、こんな寄り道も可能だということを、覚えておいて損は
ないと思います。

こんにちは。
#3です。
補足します。

香港は
出発ゲートや出発時刻の変更が
他空港に比べて
やや多い印象です。
(とくにキャセイ)

待っている間も
手近のモニターで
ゲートの確認はしましょう。

ショップのあるエリアから
最も遠いゲートまで
1キロ以上ありますので・・・。

出発時刻が早まるときもあるので
要注意です。
(遅れたら名前をアナウンスしてくれますが・・・私・経験者)

キャセイのゲートは
近いところが多いですけれど。

こんにちは。

香港で乗り継ぎ(トランジット、トランスファーなど)するときに、
最終目的地までのボーディングパス(搭乗券)と
最終目的地までのバゲージクレイム・タグ(荷物の預け証)が
手元にあるのならば、
何もする必要がありません。

不安・心配だったら
手近なカウンターのお姉さんに
ボーディングパスを見せて
「大丈夫か?」とたずねれば良いです。

香港の空港(正確には・・・キャセイ航空)は
乗り継ぎ客を大切にする営業方針ですので
(乗り継ぎ客にホテル1泊格安キャンペーンをしたりする・・・)
空港自体も
空港職員も
乗り継ぎにたいしてフレンドリーです。

私も何回もお世話になりました。


3時間半だと入国は厳しいので
空港内で楽しみましょう。

上記の理由により
ショップ、飲食店などが充実しています。

空港内をぶらぶらするだけでも楽しいです。

しかし、飲食店は高めの料金設定です。

ブランド・ストアは
ひととおりそろっています。

私の超おすすめは
ゲートのあたりに置かれている
コイン(香港ドル)を入れて使う
マッサージ機。
人間にやってもらう店もありますが
マシーンは超・格安なので
お気に入りです。

無料でインターネットが使える
コンピュータも
そこかしこにあります。

飛行機マニアならば
世界中から集まる飛行機をながめるだけでも
楽しい空港です。

キャセイのラウンジは
超・快適らしいですが
(無料で飲茶が・・・!!!)
一般庶民の私には
うかがい知ることのない世界で
わかりません・・・。

●トランジット(途中寄航)とは、航空機の機体整備や給油のために途中の空港に立ち寄ることで、最終目的地まで同じ飛行機で行きます。
乗客は一度機外に出てトランジットルームで待つ場合があります。

●トランスファーとは、途中の空港で飛行機を乗り換えることです。
トランスファーの場合、乗り換え地の空港やターミナル間の移動があったり、現地で新しい搭乗券を得る必要があったりするので、出発地で搭乗券をもらったときに確認しておきましょう。
-saori-さんの場合は、これに該当すると思います。

私もキャセイパシフイック航空の香港乗り継ぎでバンコクへ行きました。
日本の空港で香港までの搭乗券と、香港→バンコクの搭乗券を貰いました。

香港空港では入国審査へ向かわず、ターミナルビルに入って、安全検査を通り、ビル内を上がったり下がったりして連絡電車(関空内の無人電車と同じ)に乗って出発ロビーに行って当該便の出発を待ちます。
出発アナウンスに従って、搭乗ゲートで搭乗券を渡し、半券を貰って乗り込みます。
(A航空からB航空に乗り換える場合は、B航空のカウンターに行ってチェックインする必要があると思います、B航空で確認下さい)

出発ロビーには通貨両替、各種土産物店、台湾ラーメン店などありました。
私は土産物店を冷やかしたり、発着する飛行機を眺めたりしていました。
(台湾ラーメン食べたかったが混んでいて諦めました)

飛行機はよく遅れるし(定刻に着く場合もあり)香港空港の混雑もあるので、3時間半という接続時間でもそんなに余裕タップリでは無いと思います。
(暇を持て余すことにはならないのでは?)

空港で入国するかしないか、によります。

入国するなら、普通に入国審査を受けます。そしてあとでまた搭乗手続きから出国審査までの手続きを経ることになります。

入国しないなら、出発ロビー内や免税店をうろうろするってことですね。
乗り継ぐ航空会社のカウンターで搭乗券を受け取ります。
乗ってきたのと同じ会社なら、最初の空港で搭乗券を受け取っているでしょうから、あとは時間が過ぎるのを待つだけです。

航空会社やカード会社のラウンジが使えれば、そこで一休み、とうのをお奨めします。(航空券のクラスや、カードの種類によります)

このQ&Aは役に立ちましたか?13 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集