私のタイ人の友人が研究のために日本の民法、判例の英訳,もしくはそれらに関する英文の論文を探しています。

これらの文献は日本の民法が“BONA FIDE/MALA FIDE”(GOOD FAITH、BAD FAITH)
もしくは英法の“FAIRNESS、RESONABLENESS”を取り入れているか検証するために必要です。

文献名、サーチできるウェッブページなど教えてください.
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

英語に翻訳された法令集として、英文法令社から刊行されている『EHS Law Bulletin Series.』があります。

この中のNo2100-2101に英訳された民法が収録されています。特殊な法令集ですので、大型の公共図書館や大学の図書館等でないと置いていないのではないと思います。もし、購入したいのであれば一般の書店でなく、霞ヶ関にある政府刊行物サービスセンターに行ってみるとよいでしょう。

“FAIRNESS、RE(A)SONABLENESS”という法理が具体的にどのような場面で使われるのかがわかりませんのでなんともいえませんが、日本の民法でいえば、「信義誠実の原則」や「権利濫用排除の原則」などがこれにあたると予想します。条文でいえば、民法の1条2項、1条3項です。英訳するとこんな感じです(自信なし)。

Article 1. 2. The exercise of rights and performance of duties must be done in faith and with the principles of trust.
3. The abuse of rights is not permisson.

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何も情報がなかったので大変助かります。
どうもありがとうございました.
早速連絡します。

お礼日時:2002/01/16 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ