Q質問

あさって、英語のテストがありますが、間接話法と直接話法の違いがわかりません。
yesterdayがthe day beforeに変わるのはわかっていますが、直接話法は理解できていますが、なんで同じ意味〔間接話法が〕になるのか、理解できません。
英語に詳しい方、教えてくれませんか?

A 回答 (3件)

 間接話法というのは,筆者(今ある英文を書いている人)が客観的にストーリーを書くような感じで述べたものです。
 例えば,Last Sunday my father said, "I went there yesterday." という英文を今3月2日に書いたとして,これを間接話法で書き直すとします。
 "I went there yesterday." という発言内容を事実として客観的に説明することになります。I という主語は,my father に等しくなりますので,he になり,went という過去は,3月2日という現在,last Sunday に said という過去に対して,さらに前の過去完了になり,had gone となります。そして,yesterday というのは,今日の前の日という意味であり,間接話法で yesterday を用いると,それは3月1日のことになってしまいます。yesterday というのは,last Sunday の前の日です。これを the day before とか,the previous day とすると,「(問題になっている日,ここでは last Sunday の)前日」という意味になります。
 したがって,今日言った場合,例えば,This morning my father said, "I went there yesterday." ならば,This morning my father said that he had gone there yesterday. でかまわないのです。
 このように,間接話法というのは,いつ誰が何をしたのか,書いている時点で,書いている人が客観的にストーリーを書いているようなものなのです。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分もストーリーにして理解しようと試みましたが、理解できませんでしたが、この回答でなんとなくコツをつかむことができました。

お礼日時:2006/03/05 19:19
    • good
    • 0

参考URLの
http://www.geocities.jp/englishcafejp/english2nd …
とか参考にならないですか?

参考URL:http://www.geocities.jp/englishcafejp/sakuin2nd/ …

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
かなり参考になりました。ありがとうございました

お礼日時:2006/03/05 19:16
    • good
    • 0

直接話法と間接話法では話をしている時間の基準点が異なります。直接話法では「~」を言った時=過去を時間の基準としているのに対し、間接話法では今=現在を時間の基準としています。
直接話法中のyesterdayはそれを言った時(過去)を基準に昨日といっている。つまり昨日が指すのは現在に基準を置いた時の昨日ではありません。だから間接話法ではthe day(話した日の)before(前の日)と言い換えるのです。the day によって時間の基準を現在からその時へ移しているのです。間接話法でもyesterdayと言ってしまうとそれは現在を基準に昨日を指してしまい、それを話した過去を基準に昨日にはならないのです。
なんか上手く説明できませんでしたが少しは理解できたでしょうか?また全然回答になっていなかったらごめんなさい。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/03/05 19:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

専門家に聞いた、子どもの将来に役立つ習い事とは?

世界に誇る日本のテニスプレーヤー・錦織圭選手は、5歳の時にはすでにラケットを握っていたのだとか。彼のように子どもの頃から続けている習い事が今の職業になった、という人はそう多くはないだろうが、誰でも一度...

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報