新聞記事で、「民事再生法の適用を申請し、事実上倒産した」ってありました。

「民事再生法」の質問を検索して、一応いろいろ読んでみましたが、イマイチよくわかりません…。
このカテゴリはある程度知識を持った方々が多いようで、全くの素人である私は用語がよくわからないのです(涙)。
自分の無知を責めつつ、質問させていただきます!


1.そもそも、民事再生法ってなんなんですか?

2.会社更生法とどう違うのですか?
吉野家は会社更生法で復活したらしいんですが、北の家族はどうなんでしょうか?

3.なんで倒産したのにお店は続くんですか?
続けることができるならわざわざ聞こえの悪い「倒産」なんて宣言しなくてもいいんじゃないでしょうか?

4.なんで「民事再生法」なんてあるんですか?
ダメな企業なんてつぶれちゃえばいいのに。
頑張ってる他の企業がカワイソウ…。
弱肉強食ってわけにはいかないんですか?


以上4点、質問させて頂きます!

今までの質問を読んでもよくわからなかったんで、
なるべくわかりやすく教えていただけたら幸いです。
小学生に諭すようなカンジでお願いします(笑)

A 回答 (3件)

4についてだけ。



考え方として、
悪いのは「経営者」で、「従業員」は悪くない、ということです。
だから、潰してしまうと、従業員が路頭に迷うので、
それはできない、ということです。
だから、従業員の多い大企業に適用されますよね。
従業員の少ない町の商店や工務店なんかは、
かわいそうですが、ホントに潰れます。

この書き方で、小学生も分かるかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うお!激しくわかりやすいです!
ありがとうございます!

お礼日時:2002/01/18 19:40

既に回答があるようですから、3だけ・・



「セラヴィリゾート」(本社・名古屋市)の支援を得て再建を図る。 
つまり
営業は続きます。ただ、閉鎖店舗は今後出るかもしれないですね。
    • good
    • 0

2つとも、つぶれてしまった会社をもう一度、復活させる制度です。


1.会社更正法では、会社をつぶした今の経営者は責任をとって辞めて、新しい人が、会社を立て直していく。
2.民事再生法では、会社をつぶしたのに、今の経営者は責任をとらず、そのまま居座って、会社を立て直していく。
倒産では、銀行の口座が使えないだけなので、現金商売なら続けられる。そのため、店で現金による商売をして、少しでもお金を得ようとする。6ヵ月間に2回不渡りがあれば、「銀行取引停止」となるし、倒産や会社更正法・民事再生法とも、今まで通りには会社・店がやっていけない。
倒産しても、借金棒引き(ほとんどなしにする)が日本では当たり前になっており、価値のある会社はよみがせられる。日本は弱いものをおおめに見る社会で、弱肉強食にはならない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え、倒産したら借金チャラになるんですか(;゜д゜)
じゃあ現金商売のために、いっぱい借金してから倒産したほうがトクってことですか…?

お礼日時:2002/01/18 19:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ