現在、事務系のOLです。
インターネットのHPを見ているうちに、WEBデザイナーと言う仕事があると知りました。
とても興味があり、学校(スクール)等に通って転職したいと思っています。
とは言っても、現在30代前半の年齢でHP作成に必要なソフト(イラストレーター・フォトショップ・フラッシュなど)は、少しいじれる位です。
自分のHPも作成中です。
そこで現在WEBデザイナー等で働いている方に質問です。

・WEBデザイナーになるには、スクールに通うべきか?
・今から独学orスクールで勉強し転職は可能か?
・また通っていて「良かった・悪かった」スクールは?
・イラスト等は苦手ですが、WEBデザイナーにはなれますか?

こんな初歩的な質問ですみませんが、アドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

あ、下の方の質問での補足になりますが(笑)。


以前はどこのデザイン事務所でも、マックでしたが。
今では、マックのみとかいう方がは少ないくらいですよ!
実際にDTP関連のデザイン事務所などでも、両方使ってたりしますし、
逆にWinのみのところとかも結構あるくらいです。
私は仕事柄、一応両方見てますが、今では大体HP作成にはWinが主です。
ただ、画面の見え方で、Winとマックの違いが結構あり、しかもそこにどのブラウザを合わせているかでも、かなり違うので。
私はWinで作り、とりあえず両方で画面チェックしてます。
でも、今、HPを見る側でいうと、Win派が多いので、基本はWinできちんと画面が反映されてればオッケーとしています(笑)。
では。
    • good
    • 0

Norika77さん、初めまして!


私も一応今、WEBデザイナーとして仕事をしています。
下の方が書いてることももっともなことだとは思いますが、
私の場合は、元々広告代理店で働いてたんですね、そこで使う広告などのいわゆるDTP関連の仕事で、デザイナー(WEBデザイナーではない)と一緒に、今思うとかなりのハードスケジュールの中で仕事をしていたんです。
でも、インターネットの普及にともなって、その会社のHPを作ろうとなり、というか「代理店のくせにHPが無いのはおかしいじゃないですか!」と上司に話をもちかけたんですね。でも当時はWEBデザイナーがまだまだ少なくて、それなら、お前が作れと上司に言われてしまい(笑)、そこで作ったHPが私の仕事としては一番初めのものだったんです。
それでやり始めたらかなりおもしろくなってきて、こうなったらWEB関連の仕事に転職したいと思い、思い切って広告代理店を辞めて、小さなプロバイダーの会社に転職したんです。そこでは、いろんな企画ものをやったりして、まあとにかく、サクサクと何ページも作りました(笑)。
でもですね、はっきり言って私はスクールには通ってません。
知り合いのWEBデザイナーもそうですが、スクールになど通う暇などなかったんです。というかWEBデザイナーに限らず、クリエイトする仕事に関しては、
ずばり言っていいですか?
「センス1発」の世界です。これはこうでなきゃいけないとかいうものはあるようで無いです。センスのみのだと思います。
WEBに限らず、こういう世界は、人の好みに結構左右されるので、たかが1つの色にしても、ある人はこれでいい、でもある人はこれはよくない、などと言いたい放題ですよ(笑)。でも、一番重要なことはそういうことに対して、どれだけ素早く反応できるかだと思います。

期限までに作るという所もありますが、ほとんどネットの場合は瞬時に変更とかってよくあります。ひどいときは分単位でページ変更とかってのもあります。

さて、なんか前フリが長くなってしまいましたが、
それぞれの質問に対してちょっと書きますね。

・今から独学orスクールで勉強し転職は可能か?

今からですと、スクールに通ってからの転職はかなり有利なのかもしれませんが、
わたしから言わせると、スクールに通うよりも、とにかく経験を積んでしまった方がてっとり早いとも思います。今、ご自分でHPを作成中とのことですが、そういうものから入ってみてもいいと思います。中にはHPを作ったことがあるかないかだけで、決めてしまうほど急を要するような会社もありますし(笑)。
あと、できれば面接などに行かれる際には必ず、今まで自分の関わったページなどのURLは提示してあげると話がスムーズに進みます。実際に目で確認できるので!

・また通っていて「良かった・悪かった」スクールは?
すいません、通ってないです。でも仕事してます(笑)。

・イラスト等は苦手ですが、WEBデザイナーにはなれますか?
ここですが、結構イラスト必要としてるところって私の経験から言うと、大きな会社以外はあまりありません。どちらかというと、DTP関連の仕事の方がイラスト必要としているところが多いと思います。
イラストよりも、まずは基本的なhtmlタグを勉強した方がいいと思います。例えば、自分で作ったHPのソースを見て、ここはこうなってるのか、とかとにかくタグを読むことに慣れることだと思います。その次にjava scriptやCSS~とどんどんハマッてきたら、もうかなり作れる状態になっていると思いますよ!
あと、このイラスト云々というところは、ほとんど単発の仕事かと思います。どちらかというと、タイムリーに情報を提供できるかどうかがネットビジネスの命だと思うので、イラストよか、どれだけ素早く仕事がこなせるかということのほうが重要視されてると思います。というか大体の企業がその考え方だと思います。それと、レイアウトですかねえ。見やすくて軽いHPというのが基本かと思います。見る側の立場になって考えると、どういうことかが分かると思います(笑)。ページが重いとイラつくでしょ(笑)。そうするとやっぱりソースですよ、ソース!私など、毎日ソースチェックして出来る限りページを軽くするように心がけてます。

それから、
特にjava scriptなどは、とにかく、日に日に進歩し続けているので、面白いなと思うHPをみつけたら、まずはソースをみて、自分で応用して使ってみることです。
あと、そうですねえ、いろんなHPを毎日見てるといろいろ勉強になりますよ~!

それから、例えば派遣会社でも、結構WEBデザイナーは募集しているので、とりあえずある程度分かってきたら登録しに行き、自分のレベルにあった会社を逆に探してもらって、そこで経験を積んでいけば、そのうちに個人的に仕事も入ってくるようになると思います。

とにかく、センス1発です!それと、好奇心が人より多いってことも大事かも(笑)

がんばってくださいね!

えらく、長くなってしまいました。すみません!
    • good
    • 0

Webデザインで飯くってる二十台前半の男です。


結構、辛口なのですんません。

(質問)WEBデザイナーになるには、スクールに通うべきか?
(回答)私の場合は、高校が工学系だったのでプログラムやHTMLを書くのをそこで慣れました。卒業後にスクールに通いました(ただし、Webデザインではなく映像系)
その際、感じたのは学ぶのではなく、場を提供してもらってるわけで、自分で必死に覚えるしかないなということです。スクールの授業についていければ、現場でやってけるわけではないので、必死にやるつもりだったら行くのもいいと思いますよ。

(質問)今から独学orスクールで勉強し転職は可能か?
(回答)在り来たりですが、センスがあれば可能でしょう。
ただ、業界的に不況やWebデザイナーという職業自体のありかたが変わりはじめてる時期でもあるような気がします。

(質問)また通っていて「良かった・悪かった」スクールは?
(回答)在り来たりですが、いろいろと見学にいってみてはどうでしょう?
お勧めのポイントは機材が使用できる時間(授業中以外)でどれだけあるかもチェックしたほうがよいかもしれません。

(質問)イラスト等は苦手ですが、WEBデザイナーにはなれますか?
(回答)デッサンなど、できませんが、食ってけてますが、これからは中途半端な実力のデザイナーは淘汰されていく時代だと思いますので、その系統の腕は磨かれたほうがよいと思います。

そんな感じで、現在働いてる人間も厳しい状況にあったりします。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
webデザイナーの仕事の現状のお話が聞けて、とても参考になりました。
今現在は、HP作成の本で独学状態なのでこの先どうしたらいいのか迷っていたので。。。。
やはりプロになるのは厳しいんですね。
(どこの世界でも一緒だと思いますが。。)
でも興味がある分野ですので、頑張ってみたいと思っています。
努力して何とかなる世界では無いのかも知れませんが、
これからソフトの勉強や、デッサンの勉強もしていくつもりです。

スクールも何校かは見学してきました。
機材や使うソフト、施設利用などいろいろ異なるので悩んでしまします。
自宅にWindowsしかないので、やっぱりMacがいつでも使用できるような
学校がいいのでは?と思ってます。
ある学校に見学に行った時、「Windowsのみ」という学校もありました。
実際の現場でのHP作成は、やはりMacなのでしょうか?
また質問ですみませんが、お時間がありましたらご回答下さい。

お礼日時:2002/01/23 17:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ