高橋和巳は、論語のことを説教くさく、道徳的でつまらないと思っていました。しかし、中島敦の論語について書いている本を読んでから、論語の面白さに気づき、感動を覚えたそうです。
そのことについて書いている本が出ているようです。
その本の名前分かる方、いらっしゃいますか?

A 回答 (2件)

「論語 ― 私の古典」 という随筆であろうと思われます。



  儒教的倫理や制度は激しく攻撃され、『論語』は青年の
  手にする書物ではなくなっていた。
  それを手にした機縁は、道学的な関心ではなく、むしろ
  文学的なものだった。硬質の文体で知慧の悲しみとでも
  いうべきものを描き続けた中島敦の『李陵』という作品
  が私を中国文学に接近させ、『弟子』という作品が『論
  語』に開眼させたのだった。    (高橋和巳「論語」)

『高橋和巳全集 第十ニ巻 評論2』(1978年 河出書房新社)に収められています。

なお、Amazon と紀伊国屋で検索してみたところ、入手できなくなっています。わたしは図書館で借りて読みました。おもしろかったです。
    • good
    • 0

「弟子」という小説があります。

孔子の弟子である子路の運命を描いたもので、孔子も登場しますし、問答もあります。これでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ