Linuxをマシンにインストール時に接続していたディスプレイをワケあって変更したのですが、その変更したディスプレイにLinuxマシンを接続して起動したところ、X Windowが起動する画面(ログイン画面)のところで、真っ黒になって何も映らなくなってしまいました。
そのため、X Windowの設定をし直したくても、画面に何も映らないため設定ができません。

いったいどのようにすれば、X Windowの設定をし直すことができるのでしょうか?
また、X Windowの設定をどのようにすればいいのでしょうか?

どなたかご教授ください。


OS:Redhat Linux 7.1J

A 回答 (2件)

まずは、boot時に、singleモードかtextモードで立ち上げましょう。


singleモード
boot:linux single
textモード
boot:linux 3

で、login出来たらXconfiguratorでXの設定をして、startxでXの起動チェック、といったところが一般的かな?
    • good
    • 0

まずは設定ファイルの垂直、水平周波数がディスプレイの持つものと合ってないとだめでしょう


XF86Config-4ファイル(RHはXF86Configよりもこっちを先に読み込みから)
の以下の"#" 部分をチェック

Section"Monitor"

Identifier"Monitor0"

HorizSync40-70 #ここの値をディスプレイの近値もしくはそのままの値

VertRefresh47.0-60.0 #同じくここも

VendorName"Generic"

ModelName"Laptop Display Panel 1024x768"

EndSection
あと、X起動時に
#startx > x.log
で、カレントディレクトリにLogが吐き出されるので、(EE)というのが書いてある項目をチェック
これがエラーの内容
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ