タイトルの通りなのですが、安西信行氏の作品『烈火の炎』の魅力について教えてください。
私自身、烈火の炎は好きで新刊が出る度に購入して読んでいたのですが、普段あまり漫画を読まないため、他の漫画と比較したときの相対的な『烈火の炎』の魅力がよくわかりません。漫画に詳しい方、教えてください。

それと、烈火の炎を読んで得られるもの(?)って何でしょうか。単純に少年漫画として面白い、ということの他に、○○について考えさせられる。とか、自身の真面目な部分に影響を与える何か、と言ったら良いのでしょうか。。個人的な意見で結構ですので、そういうのを教えてください。拙い文章でごめんなさい…;;宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

世間一般的な相対的な魅力、というか評価は「幽遊白書」によく似た漫画、というところじゃないですかね。



「烈火の炎」は「幽遊白書」から多大な影響を受けているので、「烈火の炎」が好きなら「幽遊白書」も楽しめるかもしれませんね。

読んで得られる物、これは難しいですね。
単純に少年漫画として面白い、ということを除けば、「漫画家としてのタフさ」が勉強になりますね。
模倣作品などと揶揄されつつも、アニメ化までされ、作者の方も売れっ子の仲間入りを果たしましたからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になりました。
確かにアニメ自体は不完全燃焼?的だったようですが、アニメ化されるのは立派なことですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/04/03 15:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ