和菓子屋さんの屋号の前には普通「御菓子司」と書かれていますが、なぜ「司」がつくんでしょうか?

A 回答 (1件)

「御菓子司」は「おんかしつかさ」と読みます。



昔、お菓子は今で言う国家公務員が作っていたらしいです。
なので今でもお菓子を「御菓子」といい、
製造者を「御菓子司」と言います。
尊い物を作るという意味があるからです。
「司」とは宮中に仕えるものの職位です。
なので、格式の高い菓子屋さんの事を「御菓子司」
というようです。
    • good
    • 10

この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

格式が高いとは思えないお菓子屋さんも「御菓子司」と名乗ってますが、ご愛嬌ですかね。

お礼日時:2006/04/05 02:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

間違った日本語!?「すごい(楽しかった)」は、気になりますか?

つい先日まで聞かなかった言葉が生まれては消えていく。言葉はいきもの、時代と共に変化するもの……そうは思っていても、耳にすると気になる「言葉の使い方」もある。 「教えて!goo」に「『すごい(楽しかった)』...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ