お世話になります。
よく、案内分等で

   記

       以上

という文書を見ますが、
この時の”記”とはどういう意味があるのでしょうか?
通常、記の上に前置きや説明があって、
記の下に具体的な内容が書いてあるような気がしますが、
はっきりとした意味が分かりません。
また、文書の書き方の有用なサイトがありましたら
教えてください。

A 回答 (2件)

新入社員研修で、この「以上」の意味について言われたことを書かせて頂きます。

(^。^)

「以上」…つまり、「ここより下には一切何も書かれていません」という意味合いがあるそうです。
この「以上」を付け忘れると、後にどんなに自分に不利になるようなコトやいい加減なことを書き加えられても、文書を出した先方には、それが後から付け足されたものであるかどうかなんて判断できません。
後から「そんなこと書いてない!」って言ったとしても、文句も言えないそうです。
ですから、しっかりと「以上」で締める必要があるとか…。

新入社員研修ですので、ちょっとオーバーに言ったのかもしれませんが、なるほどと納得してしまったのを覚えています。
    • good
    • 0

通信文などは何かを伝えるのが目的ですが、その事項のほかに挨拶などが入りますので、この文書の目的はここの部分ですということをはっきりさせるために「記」と書いて「以上」で締めくくるのです。



ビジネス文書の書き方
http://www.ddart.co.jp/businessletter.html

↓文章の書き方・ととのえ方

参考URL:http://www.sanseido.net/Main/hyakka2/HowTo/00_Ho …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ