こんにちわ。
母から夏の着物にと大島紬をもらいました。ベージュ時に青色の絣風の模様がはいったもので、落ち着いた柄です。よく歌舞伎を見にいくのでそのときにでも着ようと思ったのですが、歌舞伎に紬はふさわしくないのでしょうか?歌舞伎は年中みにいくので、夏に限らず歌舞伎観劇の際の服装も知りたいです。

(1)歌舞伎観劇にはどういった着物がふさわしいのか?(帯は半幅ではダメ?)
(2)紬を着ていける場所はどこまで?

当方着物初心者につき、上記二点教えていただけますと幸いです。

A 回答 (7件)

  私は一階席前方で結構ラフな服装で観劇しています(ジーンズのときもあり)


お芝居を観るだけなんだからそんなに気にしないで気楽にどうぞというのはそうなんですが
歌舞伎座はやっぱり別格です。
というのも、お着物に目の肥えた方がたくさんいらっしゃっているからです。
この間も、洗面所で20代半ばの女性とそのお母様らしき二人連れが
ほかの人の着物についてかなり厳しい品評をしていらっしゃいました。
お二人は洋装で、見た感じそれほどお詳しいようには見えなかったんですけどね。
知り合いに観劇歴20年超でご自分でもお着物を着こなしていらっしゃる方がいます。
人様のことについてとやかくはおっしゃいませんが
水を向けると、相当辛口の意見を聞かせてくれます。
私自身は着物に詳しい方ではないんですが
ときどきぎょっとするような着物の人もまじっています。
やっぱり場所に合っていないとわかるものなんです。
ですから、歌舞伎見物の際はやはりルールにのっとったお着物で、と申し上げたいです。
それが難しいので、歌舞伎座には着ていかないわという方も多いと思います。
二階、三階だったらそこまでうるさくチェックされることもないと思いますが
着物を着て三階席まで階段を登るのって大変じゃないですかね。
あ、それから桟敷席は一般でも発売されていますよ。
株主招待枠もかなり占めているようで、それが金券ショップで格安で換金されるので、
どう見ても初心者っぽい人が座っていることが多いです。
前方席もほとんどが一般枠です(1~4列)
もちろん先行予約でないと取れないですが
前方でお着物を着ていらっしゃるからごひいき筋だとは限りません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ますます難しくなってきました・・・とりあえず、着物お出かけ初デビューが歌舞伎というのは危険そうですね。今度歌舞伎に行くときじっくりチェックしてみます。

お礼日時:2006/05/08 11:20

もうだいたい回答は出揃っているようですが…。


夏の大島紬とありますがそれが透けない単衣なのか透けるように薄い薄物なのか確認してください。
単衣…6,9月を中心とし盛夏(7,8月)は着ません。
薄物…盛夏(7月~9月上旬)
がその着物を着る季節です。
厳密な縛りではなくその日の気候に合わせて単衣などは4月下旬からも紬の場合は着ていいのですが、盛夏の暑いさなかに単衣を着るのはお洒落ではありません。
帯も単衣には普通の袷用の帯でかまいませんが盛夏の着物には夏帯を締めます。
6月下旬にもなれば単衣に夏帯を締めて一足先に夏姿になります。
長襦袢も着物に準じて無双、単衣、薄物と変わります。
半襟、帯揚げも盛夏は夏用に変わります。

というわけで、歌舞伎見物はあくまでも趣味のお出かけなので好きな物を着ればいいのですけど、季節だけは基本を押さえておくといいでしょう。
小紋でも紬でも本当にかまいません。

(1)決まりはありません。思い思いのお洒落をして出かけてください。
訪問着あり、紬ありとそれは様々な出で立ちを見かけますよ。

(2)パーティーや茶会や「式」と名のつく所でなければどこにでも。
紬とひとくちに言っても様々で軽いパーティーに着られる物もありますが、伝統的な大島や結城のような紬の事としてお答えしています。

歌舞伎で着物を楽しむのでしたら、慣れてきたらお正月や襲名には思い切りお洒落をして訪問着で、普段の月は紬や小紋で気軽に、贔屓の役者が出る時にはその役者や演目にちなんだ柄の着物を着たり…と自分なりにテーマを作って着分けるとお芝居の楽しみも倍増します。
人にわかってもらえなくても自分が楽しめればいいのですよ。
着物に限らずお洒落なんて所詮自己満足で結構なのですから。

ところでご主人の着物ですが、ウールアンサンブルとなると冬物ですから夏大島とのカップルは無理という事になりますね。
男性の場合、暑いからと言って羽織を除いて着流しだけで出かけられるのはほんのご近所のみになりますから歌舞伎座には必ず羽織を着てください。
まあ盛夏であれば浴衣でも最近はかまいません。
男性の場合、黒紋付き以外のTPOはそれほど気にしなくて大丈夫です。
実際、ほとんどが紬になります。女性のように染めの着物を着る一般男性はいませんから。
着物、羽織それぞれに、袷、単衣、薄物があり、それを季節で組み合わせます。
今の季節は(4,5月)袷の着物に単衣羽織です。
6月には単衣の着物に単衣羽織または薄物羽織。
7,8月は薄物の着物に薄物の羽織。
という具合です。
男性の着物と言えばアンサンブル一辺倒ではありませんので、着物と羽織の組み合わせのお洒落ができると楽しみも広がるし素敵です。
ウールアンサンブルをお持ちなら次は単衣ものをお作りになったらお出かけの範囲も広がると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもご丁寧にありがとうございます。
単は夏の盛りには着ないこと、勉強になります。
旦那の分は秋からになりそうですので、このときには私も小紋の袷を用意しておこうと思います。TPOはそれほど気にしなくていいとのこと心強いです!正直自分で一杯一杯で、人の着物までかまってられませんからねぇ^^

お礼日時:2006/05/11 12:03

既回答者さん以外のことを書きこみさせていただきます。


殿方の着物ですが、
木綿・ウールアンサンブル(家庭着・普段着)
合繊着物・紬アンサンブル(外出着・おしゃれ着)
お召しアンサンブル(紋は羽織につけます)
お召しは時に違う色目を着る事が、おしゃれともいわれますね。紋をつけないこともあります。(女性の訪問着・準礼装と同格くらいです)袴下に着ます。
染めの着物と格が上がります。
夏用は麻・絽・紗・があります。
これは女性もおなじです。
紬は産地によって値段はぴんきりですが、
用度は変わりません。
季節によって単と袷に仕立てます。

着物は、いろいろやかましい、きまり事がありますが、
それと同時に、融通することで許されることも沢山あります。
格に関しても季節のことも一つくらい上下にずれる事は
良いんですよ。

歌舞伎見物ですが、御贔屓さんや、役者さんの奥さまは
礼を尽くして、色無地以上のものを着られていますが
一般客は、こだわる必要は無いと思います。
御贔屓さんは当然桟敷や前の良い席ですから、
そこに混ざった場合は、ご本人が、厭だなと感じるかどうかだと思うのです。
着物は覚えると、段々拘りが出る人と逆に拘らずに
何でも良しと開き直れる人がいるんです。
それを良しとする人も、否とする人もいます。

私は、着物を着る方を好ましく思うほうです。
私も大好きです。
一応の決まり事は覚えて、後は多少の融通をして
少しずつ、ご自分のグレードを定め買い足して行く事が
良いと思っています。
まずは着なれる事が大事です。
手入れを覚え、沢山着物を着るように応援します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

男性の着物のランク、大変参考になりました。持っているのはウールアンサンブルなので、普段着・・・といったところですね。着物は本当に難しいですが、融通をきかせられるくらいに慣れれば本当に楽しいものなんでしょうね!
「手入れを覚え」・・・とのことですが、クローゼットでちゃんと保管できるのかも不安です。ここも頑張って着物美人になりたいものです!

お礼日時:2006/05/03 22:48

こんにちは。



歌舞伎観劇のときの着物ですが、着物の決まりごと、と言った意味でのドレスコードはありません。顔見世や襲名といった場合の着物は、「周りの状況」を言われているのではないか、と思います。

例えば、友達とコンサートに行く、という場合、
ハイロウズとか、オレンジレンジなどのグループのコンサートに行く場合には、来る人も若い人が多いでしょうから、ワンピースなどで行くとちょっと違うような気がします。GパンにTシャツとかではないでしょうか?
平井賢とかサザンなら、ちょっとお洒落しても大丈夫かな、と思います。大人の方が多いと思いますし。

歌舞伎もそういう感じです。襲名披露や顔見世などは、一階の良い席で見る人はご贔屓の筋の方が多く、お祝いの意味で来ておられるので、場合によっては打ち上げのパーティなどに行かれたり、楽屋に挨拶に伺うので訪問着等をお召しの方が多いです。そういう雰囲気なので、特に楽屋訪問などがなくても、他に着る機会のない訪問着や色留袖で来られる方も多いです。
そういう中では、紬はちょっと浮きます。

でも、そのような大舞台はたまたま歌舞伎を見に来る人も多く(初心者の人で、知っているのが団十郎とかなので、聞いたことあるかな、という程度の人)、またそういう人は2階、3階席に多くいる(桟敷はなかなか取れません)ので、そのような方は普通に映画を見に行くような格好で来る方が多く、そういう中では紬でも小紋でも、半巾帯でも大丈夫です。
下駄の場合は、足音が響くので断られることがあるようです。裏にゴムなどがついているものなら構わないようです。(ホテルでサンダルお断り、というのとは違うようです)

(2)相手の方に失礼でなければどこでも大丈夫だと思います。基本的には招待されていない場所へのお出かけ(買い物、お友達や家族との食事、お散歩、旅行等)です。招待されていないので、相手がいなくて失礼のしようがありません。ホテルの食事でも、普通のワンピースよりも丁寧に扱っていただけます。ただし、どなたかとの会食(特に親戚や上司などの目上の人との食事)には不向きだと思います。美術館めぐりなどにもよいと思います。小紋は紬よりもちょっと改まったところまで行けます。目上の方がおられるお食事くらいなら大丈夫だと思います。ですがこれも、柄などによって変わってきますので、ご自分の着物がどのような場所にふさわしいと思うかを客観的に見られることが大切だと思います。

男性用の着物は不勉強なのでわかりません。

ですがとにかく、着物を楽しまれることが大切だと思います。習うより慣れろです。参考にしていただけましたら幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になります!ありがとうございます。
なるほど、観覧以外に挨拶にうかがうような方がかっちりとした格好をされているのですね。
確かに習うより慣れろ!ですね。今はもらった紬に合う帯・帯止めを探してるところですが、探しているだけで毎日がウキウキします!とにかく早くそろえて暑くなる前に美術館でもいってこうようと思います。

お礼日時:2006/05/03 22:42

正確にいうと、NO1、NO2さんの回答で正しいと思います。


ただ、現在の着物事情を鑑みますと、ちょっと厳しいご意見かと思います。

過去の経験からいきますと「観劇」においては「着物」「帯」に制限はありません。
(紬に金糸銀糸の帯等、トータルバランスがおかしいものは除く)

「式」とよばれるものに出席しない限り大丈夫かと思います。ex結婚式・葬式
あ、卒業式に友人のお母さんが着てた紬はいい感じでした。

襲名披露でも、千秋楽でも紬の人を見かけます。
(私は素敵だと思いますが、年配の方は眉をひそめてるのかなぁ?あまり感じませんけど…)

たとえば数年前でしたら「浴衣」でホテルに入るなんて、考えられないことでしたが、今では花火客のための浴衣着用者割引設定もあるとか。

「色襟や色足袋なんて使用人の着るもの」
(白は汚れやすいから、お嬢様用らしい)
と言われましたが…いまでは皆さんとても素敵に取り入れてらっしゃいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今はかなり自由なんですね。実際の場に紬の人がいたというのは心強い意見です!せっかくの着物だからどんどん使いたいと思います。今度歌舞伎にいったとき、人の着物を観察してみることにします。

お礼日時:2006/05/03 14:28

追加のご質問について、母にも聞いてみました。


小紋の場合は柄が細かいほど準礼装に近づくそうです。
例えば鮫小紋などは付け下げと同等と考えてよいようです。
女性の場合は織りの着物は普段着の扱いとするそうです。洋服でいえばニットと同じといえばわかりやすいでしょうか。ニットのアンサンブルでは正装になりませんよね。
男性の場合は結城のアンサンブルでちょっとしたお出かけ着になるそうです。近頃、男性の和装は珍しいので、気をつけなければいけないのですが、下駄履きではホテルの入館など断られる場合があるようです。
ご夫婦で着物、素敵ですよね。お手入れが手間なので、私もこのところ遠ざかっていますが、近々着る機会があればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~勉強になります!
下駄履きでは断られる場合もある、というのは参考になります。男性の着物のTPOはなかなか説明してあるところも少ないので・・・どうもありがとうございます!

お礼日時:2006/05/03 13:11

(1)時と場合によるとお考えになってはいかがでしょうか。


例えば、顔見世や襲名披露などの特別なときには避けたほうが良いと思います。初日や千秋楽も同じです。
それから、お座りになる席の位置にもよると思うのです。桟敷や1階の前のほうの席では、ちょっと浮くのではと思います。訪問着や色留袖の礼装の中では、肩身の狭い思いになるかもしれません。
上記で述べた特別なときでもお席が2階、3階でしたら紬でもよいかと思うのです。もちろん半幅帯で良いと思います。
歌舞伎に紬はふさわしくないとは全く思いません。ジーンズやラフな格好で見に行かれるかたもいらっしゃいます。しかし、歌舞伎を見ることすなわち、装いを楽しむことでもあると思います。他の方のお着物を拝見するのも楽しみです。臨機応変に楽しまれてはいかがでしょうか。
(2)近頃は大島紬で訪問着を作ることもあります。しかし、あくまでもおしゃれ着であって、礼装にはならないと思います。例えば、お友達とランチに行く、旅行に行くというときには良いと思います。パーティやお喜びの席では常識はずれとご年配の方には眉をひそめられます。
実際に大島紬の訪問着にほれ込んでしまい、母に見てもらおうと、持ってきてもらいました。一目見るなり母に、これは着る場所も時もない使えない着物と言われました。これを披露宴などで着ていったら、恥をかくから駄目だと言われました。(呉服屋さんには大変申し訳なかったのですが、その番頭さんも、そのとおりとおしゃってました。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます!
なるほど、歌舞伎でも襲名披露・顔見世等「ここぞ」というときは避けたほうがよいのですね。確かに歌舞伎も1F席に座っている年配の方はとてもシャンとしたものを着ているような気が・・・。「若い子は着物の着方も知らない」といわれてしまうのは避けたいので、1Fの良い席がとれたときはちょっと考えてみます。。

追加の質問となってしまって恐縮ですが、小紋ももっているのですが、小紋ですといかがでしょう?また、主人も一緒に着物で観劇を、と思っているのですが、男性の着物は特に縛りはないのでしょうか?

お礼日時:2006/05/02 14:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ