大学の授業で先生(物理の教授)が、

「・・・これは、『耳に入っている音』と、『聞こえてる音』との違いと同じで・・・」

と、さも当たり前のようにスラ~っと流して話をされていました。

 講義の間は別に気にも留めず、何気なく聞き流していたのですが、よくよく考えて見ると

『耳に入っている音と、聞こえている音の違いってなにかあるの?』
また、同じように
『目に入ってくる映像と、見えている映像の違いは?』

という素朴な疑問がわいてきました。
自分なりの解答としては、
「その耳に入ってくる音や映像を意識しているかどうか」の違いだと思うんですが、これで間違いはないですか?もっと、大きな違いがあるんですか?

物理の講義の内容をしっかりと覚えていたら、その内容から推測できたんですが、どの話をしていた時に話題に出たのか覚えていません^^;

別に、この疑問があるために、講義の内容の理解に苦しんでいるというわけではないのですが、この疑問が解けないとなんだか気持ちがすっきりしません。

この二つの疑問に対して明確な違いを教えてください。

A 回答 (12件中11~12件)

>入ってくる音や映像を意識しているかどうかの違いだと思うんですが



その通りです。聞いているか。見ているか。認識しているかの違いだと思います。

人間の目や耳は、都合良く日常生活できる様に、余分な情報を無意識にカットしますから。

録画や録音した物を再生して『アレ?こんなのあったけ?』の経験ありませんか。
この認識しているか、無意識情報か、の違いだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。

 No.1でご解答下さったryuitiさんのお礼にも書いたのですが、
tamatamatamadeさんのご解答によると

>また夜、寝付けないときなど、「ふ」とした瞬間から時計の針の
>『チクタク、チクタク・・・』という音が聞こえ出したりする時

というときは認識しているか認識していないかの境になると
考えて問題ないですか?

少し話は変わりますが、錯聴というのは、
『耳に入っている音』なんですか、それとも
『聞こえている音』なんですか?

はじめの質問とは少しずれていますけども、
もしよろしければご解答ください。

お礼日時:2002/02/06 18:46

音や光にはご存知の通り波長がありますよね。


低い音から高い音まであるように、光も同じことが言えます。しかし人間の耳や目はそれらすべてを感じ取ることはできません。
たとえば犬笛などがいい例です。犬には聞こえても人間には聞こえません。つまり意識していても聞こえない波長のものもあるのです。また光も同じです。人間には見えなくても昆虫などには見えている色や映像があるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございます。

なるほど、人間が感じられる音というのが
『聞こえている音』となるわけですか。

 では、例えば勉強に集中しているとき、周りの雑音があるにも
かかわらず、それが聞こえていないときってありますよね?

また夜、寝付けないときなど、「ふ」とした瞬間から時計の針の
『チクタク、チクタク・・・』という音が聞こえ出したりする時
がありますよね?

これは、「耳に入っていた音が聞こえ出した」という時といえますか?

 おそらく、物理の先生はryuitiさんご解答くださった意味で
話していたのだと思いますが、もしよろしければ、お礼の内容に対する
ご解答もお願いします。

お礼日時:2002/02/06 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ