現在、輸入住宅(2×4工法)で新築を検討中です。
しかしながら、私はこの件につき全くの無知であります。
そこでこの「長所」「短所」および「注意点」を教えてください。
また、「短所」を補う為の、適切な施工と設備等も合わせて教えてください。

実際に住んでいらっしゃる方、専門家の方などからの、生の声(回答)を
頂ける事を望んでいます。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

輸入住宅(2×4工法)をご検討ですか、素敵ですね。


ちなみに2×4工法の国内最大手の三○ホームやフランチャイズのアーデ○ホームは、決して輸入住宅ではありませんので、みなさんご注意を。
「輸入住宅」とは、輸入住宅産業協議会では一般的に「海外の設計思想による住宅を、資材別またはパッケージで輸入し、国内に建築する住宅」を輸入住宅と呼んでいます。

私も輸入住宅建築の経験者です。長所や短所はたくさんありすぎて、ここでは書ききれないほどなのですが、少しだけお答えします。

まずデザイン。国産住宅はご存知のようにほとんど似たよーな家が多いでしょ。住宅メーカーもあまり変わった家作りたがらないのですよ、クレームを恐れて。主観ですが、あんな没個性の家によく大金を払えるなーと思います。
女性の城、キッチンではキッチンキャビネット等の特有のデザインがたまらない。扉がムク材で使うほどに味がでる。国産だと確かに機能的(拭き取りやすいように鏡面など)ですが、なんとなく金属って感じしませんか。アメリカなどでは日本と違い油物などは揚げることがなく、ほとんどオーブン使用なので、日本でムク材扉を大事に使うのなら軽く拭いてあげれば大丈夫です。

床材。一般的に輸入住宅は床材にオーク材などのムク材(ほとんどが19mm厚)を使用します。これはめちゃくちゃいい。夏はひんやりと程よく冷たいし、冬はやんわり暖かい。こちらは雪国ですが床暖不要です。
一方国産はいまだに合板フローリングがほとんど。これはなぜか。国内で市販されているムク材(ほとんどが15mm厚)は高かったからです。
短所もあります。生の木なので隙間が多少でます。働き巾が狭いもの(57mmくらい)を使えば反りはそんなにありません。

住み心地。国もようやくシックハウスの発生源をどうのこうのと新聞で言っていますが、真っ当な施工業者が建てる輸入住宅でしたら最初からこんな問題ありません。だってほとんどがムク材なのだから。ただし水には弱いので気をつけないと色が少しあせますね。
輸入住宅は一般的に高気密・高断熱ですがメリットは各社すべて謳っていますのでお分かりでしょうが、デメリットは大きく二つ。一つは機密が高いためにドアの開け閉めや上階の足音などすごくうるさく感じます。もう一つは乾燥すること。冬場は湿度30%台のときもあります。

まだまだたくさんありますので、ご質問があれば承ります。

参考URL:http://www.enquete-japan.ne.jp/ejver3/Enq/AEnq.a …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

SUNBELTさんご回答頂きありがとうございました。
今後の参考とさせて頂きます。

>こちらは雪国ですが床暖不要です。
●私も雪国に新築予定です。「青森」です。近いかな?

お礼日時:2002/02/08 09:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ