質問

こんにちは。
以前一度ジャンプを読むのをやめていたのですが、先週からまた読み始めたものです。
いちご100%のラストを知りたくて質問させていただきます。

主人公が女の子たちとドタバタ恋愛をしていて、どうやって収拾つけるのかなぁと思っていましたが、今はもう終了したみたいですね。

以前読んでいたときのぼんやりと記憶のある最後の内容としては、

これから高校受験(大学??)という時期
とある女の子が主人公が作る映画に抜擢

かなりあいまいかつ不明瞭で申し訳ありません。
このころでジャンプを読むのをやめています。

この後のストーリーがどうなったか、わかる方がいらっしゃいましたらぜひとも教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

通報する

回答 (2件)

中学三年生の真中淳平はある日の放課後、学校の屋上で偶然から少女の「いちごパンツ」を目撃してしまう。それ以来、真中はその少女が誰であるかを探し求めるようになる。少女の名は東城綾。しかし真中は、その少女を学年トップアイドルの西野つかさだと勘違いし、不思議な関係が始まる…!?

その後西野と付き合うことになったが、東城に惹かれていく真中。そしてそんな真中の様子に気付いた西野は真中への想いを胸に秘め、真中達とは別の高校へ進学する。 そして高校に入学した真中は、新しい同級生になった外村ヒロシ・北大路さつきを交え、東城・小宮山とともに映像研究会を立ち上げる。彼らは、学校に残されていた過去の映像コンクール応募作品を発見し、それを越える作品をつくろうと、東城の脚本・真中の監督という形で、毎年の文化祭での発表と、映像コンクールへの応募をめざして作品をつくる。そうした中で、真中の周りには、東城・北大路に加えて女子高に進学した西野・そして一つ年下の幼なじみ南戸唯も交えた、真中をめぐる恋の戦いの混戦模様を物語は描いていく。

という感じです。
ラストは作者本人も最後の最後まで悩んだそうですが、西野司とくっつきました。

この回答へのお礼

作者本人も悩んでいたんですね。
つかさちゃんを選んでくれてよかったです。
ご回答ありがとうございました。

映画のあと
卒業し それぞれの進路は
主人公大学 進学し映画監督の道を目指す
ちいさな賞を受賞

東城あや 作家デビュー
西野つかさ フランスへパティシエ修行に行く
北大路さつき 家業の旅館のおかみになる

数年後、さつきの旅館で同窓会を開く

東城はうれっこ作家
さつきは すっかり一人前のお上に

東城と真中は いつかまた脚本家と監督として一緒に映画をつくろうと会話

ラストシーンで公園かどっかで 真中がつかさに 再告白してエンディングです 

この回答へのお礼

おお~つかさちゃんとくっついたんですね。
つかさちゃん好きだったのでうれしいエンディングです。
ご回答ありがとうございました。

このQ&Aは役に立ちましたか?4 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

おしトピへのコメントで10人に1人に500円分のギフト券プレゼント!(先着2000名様)

話題のトピックにさくっとコメントできる「おしトピ」で指定のオーダー3件にコメントした方先着2000名様の10人に1人にギフト券をプレゼント!
フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊氏の質問にも回答受付中!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集