質問

雑誌に簡単なティラミスの作り方がのっていたので作ってみようかなと思っています。でもレシピの中に「アマレット」とあり、コーヒーと混ぜてそれにビスケットを浸して使うと書いてありました。アマレットの使用量は大さじ1だけで、普段あまり使うものではないので、別になくてもいいかな?って思ってるんですが、やっぱりレシピどおりちゃんと使わないとおいしくないんでしょうか?

通報する

回答 (4件)

元ケーキ屋さん、現在バーテンダーのmoominx2です

garden0499さん、ratfinkさん、残念ながら両方とも違います。
アマレットは杏の“核”の部分を使ったリキュールなんです。(中華で云うところの“杏仁”の部分です。)

で、肝心のリキュールの必要性ですが、アマレットに限らなくてもいいと思います。
ケーキのレシピブックによっても、ラムを指定してる本や、ブランデーを指定しているのも、好みのリキュールでいいものなどかなりアバウトです。

ただ、コーヒー(エスプレッソ)を使いますので、コーヒーと相性のいいリキュールを使った方がおいしくなりますね。
経験上ナッツ系のリキュールとの相性がいいように思います。
例を上げると・・・・
アマレット:杏の核
フランジェリコ:ヘイゼルナッツ
ノチェロ:クルミ
カルア、もしくはティア・マリア:コーヒー
なんかが相性がいいようです。

カルアあたりでしたら、かなり小さなサイズでも売っていますし、手に入りやすいんじゃないでしょうか。(あまったら牛乳で割って“カルア・ミルク”にして飲んじゃってください^^)

この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます!リキュールの種類っていっぱいあるんですね。
これからいろいろと試してみようと思います。

またまた、すいません。
アマレットの値段なんですが、
500mlで1500円前後です。
ディスカウントショップではもっと安いと思いますが
500ml以下の小さなビンは私は見たことがないです。
700mlはあるんですが…

参考URLの物が一番歴史が古く、有名だと思います。

この回答へのお礼

量や値段までありがとうございます。そうですね、ディスカウントショップの方が安く手に入りそうなので一度探してみます!

アマレットはアンズのリキュールじゃなかったですか?
間違ってたらごめんなさい。
アマレットはイタリアでは有名なお酒ですよね。
だからティラミスの中にも入ってる場合もあるんですね!
初めて知りました!

多分、風味を良くする為の香りつけだと思いますので、必ずしも
必要でないと思います。
でも、本格的に作りたいのであれば、洋酒が多めのお酒屋さんで
必ず置いてるので(そのぐらい有名)買ってもいいのでは?

余ったアマレットはすごく飲みやすいのでソーダ割やオレンジ割でも
すっごくおいしいです。

余談ですが、杏仁豆腐の風味付けにもよく使われます♪

アマレットソーダ割が大好きなratfinkでした☆

大さじ1杯って、お料理ではすごく影響の出る量ですよ。それがあるとないとでは味も全く変ります。
ただ、これは好き嫌いがありますから、なくても全然構わないなあと思う人もいると思います。
アマレットとは、アーモンドのリキュールなので、香ばしい香りをつけるには最適です。
コーヒーなどにも入れる場合があります。
まあ、美味しい本格的なお菓子を作るには、結構リキュールって重要なんですが、一度ナシで作ってみて、
物足りなかったら買ってみるというかんじでもいいと思います。お料理ってある意味実験ですから。
または、おうちにあるブランデーなどでも、香り付けとしては似てますから、ご自分でなにか替わりに
なるものを探すのも手ではあります。200ccくらいのいろんなリキュールが売ってますから、一番使えそうなのを代わりに買ってみては?

この回答へのお礼

う~ん、言われてみたら確かに大さじ1って大きな量かも。
200ccくらいなら気軽に試してみようと思います。
ありがとうございました!

このQ&Aは役に立ちましたか?5 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

料理レシピ検索
入力例) 焼肉丼 -  栗ごはん -  かぼちゃプリン
主食: パスタ -  パン - 
野菜: キャベツ -  玉ねぎ -  じゃがいも
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ10月2日
ヘルシーレシピ ポリフェノールを摂ろう。がんや動脈硬化、老化などの原因になるといわれる活性酸素を除去する抗酸化作用があるポリフェノールがとれるレシピ。
季節野菜レシピ10月2日
季節野菜レシピ女性に人気の食材「さつまいも」編。ビタミンCが豊富で、食物繊維が多く、お通じの改善も期待できます
レシピ特集10月2日
レシピ特集秋の味覚レシピ。秋刀魚、鮭、きのこ、なす、さつまいも…。色んなアレンジで秋の味覚をたっぷりと味わえるレシピ