質問

AC回路の配線色は一般的には接地側が白を使うと思います。DC回路の配線色はどうなんでしょうか?センサー等でみかけるのが、青(-相)茶(+相)黒(出力)です。線を赤、白、黒にした場合は、どのようにするのが、本当なのでしょうか?又。黒白2芯の場合はどっちを+にするのでしょうか?AC回路で考えると白が-相にするような気がするのですが。誰か教えてもらえますか?

通報する

回答 (1件)

AC配線の場合は内線規程等で白を接地側にすることが定められていますが、
DC配線用のカラーコードの規格が定められていないため、DC電源コードのリード線のコードの色はDC電源の設置環境等によって変わります。
通常、グリーン、またはグリーンとイエローの色がアースケーブルになります。

DC回路では一般的に、黒は(-)、赤および茶は(+)です。

赤黒の場合、赤が(+)で、黒が(-)です。

赤白の場合、赤が(+)で、白が(-)です。

白黒の場合、白が(+)で、黒が(-)です。

青白の場合、青が(+)で、白が(-)です。

赤青の場合、赤が(+)で、青が(-)です。

茶青の場合、茶が(+)で、青が(-)です。

赤白黒の場合、赤が(+)で、黒が(-)です。1つのコネクタ内で色を変えて(-)とすることは通常しないので、白は(+)になることが多いです。
正負両電源の場合に、赤(+電源)、黒(GND)、白(-電源)とすることもあります。

テスタで確認するのが確実です。

このQ&Aは役に立ちましたか?45 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

子供の夏休みの過ごし方

読書感想文・自由研究・宿題・工作など、たまには子供と一緒にチャレンジしてみませんか?

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集