高橋 陽一:作 のマンガ「キャプテン翼」において、主人公の翼がボールを両足で挟み、自分の背中からボールを浮きあげて、ボールを相手の頭上を越して、相手を抜き去るというテクニックを見たことがあります。私が小さいころ同級生達はその技を行おうとしていましたが、ただ自分の背後でボールが浮き上がるだけで、ボールは相手はおろか自分すら越えませんでした。このヒールリフトという技はおそらくプロサッカー選手ならば出来ると思いますが、テレビで放映された試合でこの技を見たことがありません。ヒールリフトは実戦では使用されるようなことがあるのでしょうか。もし、ヒールリフトをしているビデオや動画があれば見てみたいので教えていただけないでしょうか。

A 回答 (5件)

日韓ワールドカップのクオーターファイナル?のセネガルvsトルコ戦でトルコ代表のイルハンがヒールリフトを使っていました。



セネガルのゴール右のエンドライン付近でイルハンがヒールリフトをしましたが、相手DFを抜ききれずにそののまゴールラインを割り、相手ゴールキックになってしましました(笑)
でも初めて試合でヒールリフトを見て、初めて見たオーバヘッドより感動したです。

確か試合はイルハンのハーフボレーでトルコが勝ったような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
日本で行われた試合でヒールリフトが使われたのですか。
ぜひとも見たかったと思います。

お礼日時:2006/06/24 22:38

2分47秒ぐらいからヒールリフト3連発。



参考URL:http://media.putfile.com/fussball
    • good
    • 0
この回答へのお礼

動画、拝見させていただきました。
教えていただきどうもありがとうございます。
紹介していただいた動画は様々なファンタスティックなテクニックが紹介されておりまして、その中のひとつとしてヒールリフトが紹介されていることを考えると、実戦で使用するのは非常に難しいテクニックなのですね。

お礼日時:2006/06/24 22:18

No.1さんがおっしゃるように、「カネコ」という技があります。

ブラジルのFCサントスの黄金時代(ペレもいたころ)に在籍した日系人ウイングの名がついた技です。

もう少し詳しく、持っていた『季刊サッカー批評』issue17に載っている「伝説のカネコを求めて」という記事から引用します。

〈私は右サイドをドリブルで上がった。ペレが近寄ってきてね。オレに出せ、って叫んだ。だけど次の瞬間私はヒールでボールを上げ、カルルッチを頭越しに抜いていた。そのままボレーで折り返すと、トニーニョがヒールキックでゴールを決めた〉

1969年3月9日のサンパウロ州選手権、サントス対ボタフォゴ戦で飛び出したスーパープレーとのことです。同記事内には、それから26年経ってさえ「ブラジル史上で最も美しいゴール」と地元紙が称えていることも紹介されていました(まあ、これは地元の身びいきでしょうが、それにしても鮮烈だったのでしょう)。映像が残っているのかは知りませんが、現地ではひとつの美しい記憶として語り継がれているようです。ヒールで抜いて、落ちてきたボールをボレーで叩いてクロスを上げる……想像するだけでゾクッとするプレーですね。


現代のサッカーでおなじプレーをするのはやはり難しいでしょう。サイドでもDFが厳しいプレスをかけてきますし、ミスをしたり、よしんば抜いたとしてもカバーのDFにクリアされたりする可能性もあります(そのときに批判は免れないでしょう)。そのリスクを背負うくらいなら、ボールを転がして抜くほうが簡単だし、確実ですからね。

とはいえ、いちどやったら伝説ですし、相手DFに立ち直れないほどのショックを与えることもできそう。死ぬまでに見たいプレーですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>現代のサッカーでおなじプレーをするのはやはり難しいでしょう。
>サイドでもDFが厳しいプレスをかけてきますし、ミスをしたり、
>よしんば抜いたとしてもカバーのDFにクリアされたりする可能性も
>あります(そのときに批判は免れないでしょう)。
>そのリスクを背負うくらいなら、ボールを転がして抜くほうが
>簡単だし、確実ですからね。

そのような理由から、ヒールリフトは実戦では使用されることがほとんどないのですか。
サッカーに疎いものでそのようなことはまったく知りませんでした。

お礼日時:2006/06/24 22:34

朧げな記憶ですみません。

たしか、その技はブラジルサッカーでやっていたと思います。サッカーの神様ペレの試合をチェックすれば、確か、
数試合でやっていたような.....。

私もそうですが、当時はみんな漫画を真似してやってましたね....。
この技は両足ではなく、実際には走りながら、前足の踵と後ろ足のつま先でボールをはさみ、前足の踵でボールを跳ね上げて、自分と相手の頭上をスルーさせるのが、一番美しいヒールリフトでした。

http://www.1itsuka.com/heel-rifuto.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/24 22:25

これはカネコと言う技術だと思われます。

以前、私が質問したのがありますので、↓のURLをお読み下さい。残念ながら、実線では実践されていません(^_-)-☆

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2181673
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
日系人の名前がついた技術だとは知りませんでした。

お礼日時:2006/06/24 22:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 【長谷川豊】2011年のなでしこジャパンの裏側

    なでしこジャパン、頑張りましたね。 さすがに開始5分でああなってしまうとって状態ではありましたが、前回、4年前の2011年を、まさにNYで取材にあたっていた私はとても感慨深い思いをしながら見ていました。 4年前...

  • サッカー日本代表の監督はなぜ外国人監督?

    ブラジルで開かれたワールドカップが終わり、アギーレジャパンがスタート。外国人監督による新体制が注目を集めるなか、教えて!gooにはこんな質問が寄せられました。 「サッカー日本代表はなぜ外国人監督?そして...

  • フットサルとサッカーの違いとは?

    フットサルやサッカーに慣れ親しんでいない人には、2つの競技の違いはわかりにくいこともあります。教えて!gooにはこのような質問が寄せられました。 「フットサルとサッカー」 質問者は、フットサルとサッカーの...

  • バレーボールの国際大会、開催地に日本が多いのはどうして?

    先月行なわれたバレーボールのワールドグランプリ2014、女子日本代表は新戦術を駆使して挑み、大会初の銀メダルという素晴らしい成績を残しました。 さて、バレーボールのテレビ中継を見ていると、お馴染みの「ニッ...

  • サッカーは屋外スポーツなのに、なぜ雨天中止にならないのですか?

    サッカーは屋外でやるスポーツにも関わらず、基本的に試合は雨天決行になることが多いように思います。そこで、教えて!gooに寄せられたこんな質問を取り上げます。 「なぜサッカーは雨で中止にならないの?」 質...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ