四国お遍路をテーマにした小説を集めようとしています。
どなたか、ご存じでしたら教えて下さい。
なお、エッセーでも、面白いもの、文学性に富んだものなら歓迎です。

A 回答 (9件)

西村京太郎さんの


「特急しおかぜ殺人事件」「四国お遍路殺人ゲーム」
という推理小説を知っています。
特急しおかぜ殺人事件は、最近読んでいないので内容を全く覚えていないので
ネット上で検索してみてください。
四国お遍路殺人ゲームの内容は、(関東?から四国へお遍路さんの取材に来た)女性記者が札所各地で殺人事件に巻き込まれてしまうというものです。
    • good
    • 0

西村京太郎さんの「特急しおかぜ殺人事件」はお遍路を重点的に取り上げていた気がします。


ストーリーはネタバレになっちゃうのであまり言えませんが、四国、潮岬で投身自殺したと思われる女が東京を出る時に妙な格好をしていたという。それは、どうもお遍路の格好らしい。
その二つのなかなか繋がらない糸の接点を探すのに、よく関わってくるので、読んでみる価値はあるかと。
    • good
    • 0

早坂暁の『花へんろ』はいかがですか。


1985年にNHKで放映されたドラマを小説化したもので、文芸春秋社から出ています。著者は松山市(旧北条市)の、遍路道に沿った家の生まれで、物語はその母(ドラマでは桃井かおりが演じました)を主人公としたものです。文学性ということでお探しの趣旨に沿うかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく本を注文します。

お礼日時:2007/08/04 07:30

松本清張「砂の器」とかは如何ですか?



あと、書籍を紹介してるサイトもありますよ。
http://www.kushima.com/henro/
http://namonakihenro.seesaa.net/
    • good
    • 0

空海の風景 司馬遼太郎 上/下あります



『空海の風景』を旅するhttp://books.yahoo.co.jp/book_detail/31567384

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31546920
    • good
    • 0

確か坂東真知子?のホラー小説で、お遍路を逆から回る”裏打ち”というコースを行って恐ろしいことが起こる話があります。

結構、お遍路のこともでてくるし、怖かったのを覚えています。タイトルを忘れてしまって、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答No1nemoさんの「死国」だと思います。
じつはこれはまだ読んでいません。なんとなく怖くて・・・

お礼日時:2006/06/27 21:00

こんにちは



「55歳の地図」黒咲 一人
┗漫画です。連載を干された漫画家が何もかも捨てて四国を旅した実体験を元に描いています。

「ロード88[出会い路、四国へ]」
┗以前NHK朝ドラのヒロインも演じた村川絵梨さん主演で、白血病の少女がスケボーでお四国を旅するロードムービー
http://www.gaga.ne.jp/road88/

「四国霊場徒歩遍路」小野庄一
┗遍路のエッセーは腐るほど出ていますが、私が読んだ中では今のところこれがベストワンです。

あとは、文学性はありませんが、番外で
「釣りバカ日誌 14 お遍路大パニック ! 」
┗云わずと知れた釣りバカ日誌シリーズ。

「四国R-14」
┗北海道テレビの人気番組「水曜どうでしょう」から生まれたテレビドラマ。
ビデオは入手困難ではありますが、今後DVD化されるはず。
あとは根気強く、ローカル局での放送を待つという手も。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BDR …
    • good
    • 0

なんとなく、西村京太郎などの旅情ミステリでお遍路さん殺人事件みたいなのはお探しのテーマではない気がするので(あくまで気がするだけですが)、それ以外で。



短編作品で「花のお遍路」野坂 昭如、「お遍路」丹羽 文雄、というのがありますね。
未読なのでどんな話かはちょっとわかりませんが、「花のお遍路」のほうは『感じて。息づかいを。』という光文社文庫の恋愛小説アンソロジーに収録されているので恋愛物のようです。

また野坂氏のエッセイ「阿波の遍路」が『日本の名随筆15 旅』(作品社:1983)に収録されています。

『ふるさと文学館 第43巻 香川』ぎょうせい(1994年刊)
このシリーズは各都道府県にゆかりのある小説・エッセイ・戯曲などを集めたものです。
目次を見ても「四国第八十八番霊場大窪寺」とずばりお遍路のものがありますし、「彷徨える信仰」「讃岐の旅」などのもしかしたらお遍路テーマかな、と思わせるものも入っているようです。

『ザ・ピルグリム』島村 洋子著 中央公論新社(2005年刊)
これはちょっと変化球かもしれません。動物園から脱走したキリンと世話係と母親に無理やりお遍路に出された小学生が登場人物なので。
    • good
    • 0

いきなりホラー小説で申し訳ないですが…



『死国』坂東真砂子 (著)
 お遍路コースを逆に廻って死者を甦らせる物語です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041932 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ