現在、ネットトレードで為替証拠金取引を楽しんでいますが、商品先物取引も体験したいと考えています。しかし、若干気がかりがあります。「ナニワ金融道」という漫画では商品先物取引で身を滅ぼす場面が出てきます。あれは極端な例であるにせよ、オンライントレードをしているにもかかわらず、電話が自宅や会社にかかってくるようなことがあれば、生活しづらくなります。そこで質問があります。
 商品先物取引のオンライントレードをするに当たり、レバレッジを低く保てば、頻繁にトレードすることなく、決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。日常生活に大きな負担となることなく取引を続けていくことができるでしょうか。レードで成功するかしないかは、個人の資質や努力 によるところが大ですが、平均的な素人投資家を想定した場合のアドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

だいぶ、勉強されている様なので最後に1つ。


長期保有は可能です、多くのファンドもその様な取引だと推察します。
問題は、リスクのヘッジを、どのようにするか、それに尽きると思います。
例 さやとり、建玉の操作法、試し玉の活用法など
あとは、ご自分で勉強してください。
    • good
    • 0

>決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。


#1さんと基本的には同じです。

しかし、現実的に
たとえば、金を1枚取引します、倍率は確か1000倍です。
今2335円で、売買すると実際の取引額は2,335,000円になります。
10%、20%の変動は株でも、為替でもありますよね。
そうすると、1枚でも、20万から40万円の損益は出てしまいます。
その時の価格変動に精神的に耐えられますか?..1枚ですよ

長期間保有して価格が戻る可能性は十分ありますが、決済日が決まっています、
それまで
>日常生活に大きな負担となることなく

できますか?、始めるとしたら、1枚から時間をかけて経験を積みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに値動きが早いのが先物取引の特徴ですから、長期間保有するためには価格変動に耐えられるだけの資金がなければなりません。
 昨日、商品先物取引のセミナーに行ってきました。そこでは、損切の重要性を繰り返し主張していました。将来の価格変動はほとんどわからない。大きく下落することもあり、その時、資金を使い切ったら市場から退場することになる。これを避けるためには、損切が不可欠であるという内容です。商品先物取引の参加者の多くがこのような考え方の上で取引しているのであれば、私のような長期投資は、少数派になります。長期投資で利益を上げている方がいれば、それを真似ようと考えていたのですが、このような観点はあきらめたほうがいいと感じました。有難うございます。

お礼日時:2006/07/30 15:57

# レバレッジを低く保てば、頻繁にトレードすることなく、決済月まで長期間にわたりポジションを保持することが可能か。



基本的には可能です。
当限になると建玉制限があるのでたくさんは持てません。


# 日常生活に大きな負担となることなく取引を続けていくことができるでしょうか。

個々の投資家によって違いますので回答不能です。


商品先物は岡藤商事とSBIフューチャーズとセンチュリー証券に口座がありますが、ずいぶん前にSBIがまだイーコモディティーだった頃、何度か連絡があったくらいで、他は電話連絡は無いです。
センチュリーは証券の方で不足が発生したときに電話がありました。
勧誘系の電話があっても「いらない」と言えばおしまいです。
資料請求したあと電話がしつこかったのはスターアセット証券で、スターフューチャーズ証券という名前の頃です。着信拒否してましたけど。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ