読書感想文を書かなければいけないのですが、
なかなか適した本が見つかりません;;


そこで、読み終わったあとに『自然や大地の有難さ』を感じれるような本を探しています。


小説でもかまいません!よろしくおねがいします!

A 回答 (3件)

↑トルストイの「人には~」はとってもいいのですが、読書感想文にはむかないような気もします。

なんせ、絵本ですから。
    • good
    • 0

こんにちは。



「沈黙の春」 私もいいと思います。

最近ですと
「≪もったいない≫で地球は緑になる」/ワンガリ・マータイ
はどうでしょう?


あと、短編ですが
「木を植えた男」/ジャン・ジオノ
おじいさんが、どんぐりを植え続けて、森を再生する話です。感想文の量が、たくさんあると短編では書きづらいかもしれませんが、絵本にもなっているし、お勧めです。がんばってくださいね。
    • good
    • 0

レイチェル・カーソン著


「センスオブワンダー」、「沈黙の春」
「自然の有り難さ」から最初に連想したのがこの人の作品。今後のためにも一読しておく価値有り。

トルストイ著
「人にはどれほどの土地がいるか」
人と土地との関係を違う視点から見ることができる文豪の作品。短篇。

ロバート・ヤング・ペルトン著
「危機察知の鉄則 生き残る人・ダメな人」
テーマはサバイバルですが、読後に自然への敬意が増すこと請け合いの一冊。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ