質問

割り箸は何の木でできているのですか?

原料の木はどこから輸入されているのですか?

輸入先の国の環境問題になっていますか?

通報する

回答 (6件)

殆どは「杉」「檜」等々と思われます。

割り箸は、大部分加工済みで輸入し、原木での輸入は少ないと思います。

輸入先の大部分は、「中国」です。現在環境問題化され値段が上昇
輸入数量が激減しています。
木材の少ない韓国では、大分前から割り箸でなく、金属製の箸を使用
しています。日本もこの点は韓国に見習うべきと思います。

この回答へのお礼

確かにその通りだと思います。廃材と言ってももし割り箸に使用しなければ他にもっと有効利用できるかもしれませんからね・・・。一回しか使わないと言うのはやはり問題だと思います。

環境問題について。
国内では、切ったあまりの部分を使っています。また、森林で木が密集していると光が当らないなどで伐採された木を使っています。ですので国内は環境にいい事をしているのです。
輸入先はよく分かりませんが、隣の超大国は割り箸目的で伐採しているので問題。

この回答へのお礼

一概に隣の国の責任だけと言えるのでしょうか?
年間500万トンの輸入ですね。他の国からに比べると3桁ほど違います。
そこまで多いと生木を切るしかないのでは?
日本国内の割り箸生産量と比較してみたいです。

下記URLに詳しいです。

材料などはお読みいただくとして、国内で消費される割り箸は半分ちょっとが輸入され、さらにその約半分が中国から、ということになります。

ただし、ここに書いてあることが正しいとすると、割り箸で使用される木材は、全木材の需要の0.4%程度、ということになります。

割り箸で消費される木材が50万立方メートル、というとたしかに大きいように思えますけれど、全木材の需要が1億1385万立方メートルとなると、割り箸が「輸入先の環境問題」になっているといえるのか?といえば、あんまり関係ないかもしれません。

割り箸問題、というのは、けっこう奥の深い問題です。参考URLも、少々斜めに構えてお読みいただいてもいいかもしれません。

この回答への補足

そのようですね。
建材特に南洋材の伐採のほうが問題だと思います。
建材は歩留まり悪いですから。
森林がバリカンで刈られたように一気に消滅します。
建材製材工場や合板工場は森にとってはバリカンです。
しかし、割り箸は比率は少ないといってもやはり、廃材利用しているといっても、お箸を一度使って捨てることが習慣になるというのは恐ろしいと思います。

木材などとして切って,余った使えない部分を割り箸にすると聞いたことがありますo
だヵラ環境問題にはならないんですネo

この回答への補足

確かにそう言われればそうですが・・・、もし割り箸そのものが存在しなければ廃材は他の用途があるのではと思いました。
一回しか使わない箸・・・。確かに箸一膳あたりの体積はそんなにないですが、ちりも積もれば山となる。廃材を合板にして建材や何かにしたほうが有効利用では?

こんばんは。
ご存知ないかもしれませんが、
プロ野球や社会人野球のバットがお箸に利用されています。
年間何万本というバットが使用不能になるそうで、
それをお箸に作り変えるのです。
これも立派なリサイクルではないでしょうか。

この回答への補足

仮にバットを半径5cm長さ100cmの円柱とした場合体積は0.00785m3で割り箸を幅5mm、厚み3mm、長さ200mmとした場合体積は0.000003m3です。バット1本あたり2617膳割り箸が取れる計算です。
バットが年間10万本だめになった場合、2億6千万膳、5000膳/ケースとして52000ケース。89年全国で生産され輸入された割り箸の合計は4800万ケース。バットは1%にしかなりません。
確かに廃材利用ですが、バットのような良い木材を割り箸にしかできないというのは非常に残念です。

日本割箸輸入協会のホームページを見れば、わかります。

この回答へのお礼

ありがとうございます。
割り箸の輸入が協会組織と成っているとは思いも寄りませんでした。

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集