題名の通りなのですが、家庭などで作る一般的なカレーの作り方はわかっているのですが、おいしい有名なカレーの専門店などに行くと味は歴然と違います。あの甘いようで
辛いカレーのルーどうやったらあの味がでるのでしょうか?家庭では滅多に使わない香辛料とか使っているのでしょうか?どうにかしてカレー専門店などが作っているあの味を作りたいのですが、わかりません。誰か知っている方がいたらお願いします。また、皆さんが作る自慢のカレーのレシピなどを教えてくれたら幸いです。お願いします。

A 回答 (9件)

私は、本格的に作るときはパウダーのスパイスをいためてルーからつくりますが、いつもやるわけにもいかないので、市販のルーを使うときは二種類以上混ぜるようにしています。

これをやるのとやらないのとでは、味の深みがちがいます。
あと、ほかのかたも書いてらっしゃいますが「チョコレート」「インスタントコーヒー」「ヨーグルト」なども隠し味としてはなかなかです。(それぞれコクが出たり辛味がひきたったりまろやかになったり、種類が違うので、いっぺんにみんなは使っちゃだめですよ)
最近オススメの隠し味は、「桃缶」ですね。白桃を一切れ、細かく切っていれるんです。これで甘味が出ます。うちのカレーは中辛~辛めなのですが、この桃で甘味が微妙について、本格的(と、思われる)味に近づきます。「えっ?」と思われるかもしれませんが、ためしてみてもらえるとうれしいです(リンゴよりは桃!ですよ)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:57

以前カレーに隠し味として、チョコレートを入れてる人がいました。


でも、コクがあって美味しかったですよ。
(私は辛めのカレーが好きなんで、入れてませんが・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:57

市販品のカレールゥを使う場合ルゥは甘口を使い、ルゥを入れるまでの煮込みの段階で鷹の爪・一味唐辛子(またはレッドチリパウダー)を少し多めに入れて煮込むと甘くて辛いカレーに仕上がります。



市販のルゥを使わない場合は、みじん切りのタマネギをじっくり茶色になるまで炒めたものを多めに使ったり、すりりんごを加えたりして甘さを加減します。
辛さは一味唐辛子・レッドチリパウダーで加減します。
香りや味の調整は、その他のスパイス(シナモン・クミンシード・ターメリックなど)で、最後の仕上げにガラムマサラを使います。

専門店でもやはり試行錯誤しながらお店の味を出していると思いますので、SBKさんもいろいろ試して美味しいカレーを作ってくださいね!

私がよく作るカレーは、インド風です。
カレー専門店のカレーというより、インド料理屋さんのカレーに近いので、もしレシピが必要でしたら補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:57

うちのカレーは、チキンカレーです。



まず、骨付きの鶏肉(ぶつ切り)を焦げ目がつくまで両面焼く。
それを取り出し、タマネギを30分くらい焦げないように炒める。
さらに、ニンニク、しょうが、ニンジンはすりおろし炒める。
リンゴはみじん切りにし、炒める。
野菜ジュースと水を加えてローリエと固形スープの素を入れ、煮る。
煮立ったら、アクをすくい弱火で肉を鍋に戻し15分くらい煮こむ。
火を止め、ルーを入れ混ぜながら10分程煮て出来上がり。

寝かせると、からみが減りますが…お試しください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:56

砂糖を煮詰めたカラメルソース少々。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:56

そんな簡単に専門店の味が出せたら、世の中専門店は商売あがったりですよ^^



ケチャップを隠し味に入れると、おいしくなりますよ。あとは、市販のルーを使わないでみたらいかかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうかもしれませんが、作ってみたいと思うのは自然でしょう。現実的なことを聞いてません。

お礼日時:2002/06/22 16:56

こんばんは。


私は、定番ですが、林檎やチーズを入れます。
下準備としては、玉ねぎや人参を「あ、焦げすぎ?!」くらいまで
炒めて、香ばしい匂いがしてきたところで止めて
後は、溶けやすいジャガイモ等と入れてクタクタ煮込みます。
これまた定番ですが、林檎をすりおろしたものを入れたり
蜂蜜を入れたり、個人的にはプルーンをすったものを入れたりすると
おいしい気がします。。。
全然辛くはないですけど、辛くないカレーを作りたい時は試してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:55

相当無謀な問いに思えるのですが。


専門店のカレーは個々の香辛料を調合して作り上げてる訳ですから、その作り方といったら、極端に言えば個々の店のレシピを教えろと言うに等しいのでは?
「家庭で滅多に使わない」確かにターメリックやセージ、クローブとか家庭でも入手可能なモノが大半ですが、わざわざ揃えて使ってる家庭なんて稀ですからね。

私のカレー。文面の量の都合上簡潔に書きますと
タマネギみじん切りをとことんいためる。
これにスパイス(カレー粉缶の原料参照)入れて練り上げてルー化(1)
野菜(人参、玉葱)、牛骨、ローリエ煮出してスープ作成(2)
(1)をまぶした肉、具野菜(ジャガイモ等)を炒め(2)を入れ数時間煮込む
(1)を入れ味調整、インスタントコーヒー(一人頭茶さじ1位)いれて加熱
火を止めて一旦さまし、冷えたところで再加熱
煮るときは蓋はしない(各段階共通)
以上概略ですがポイントを
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたは何を言いにここに回答してるんで?そんなことは誰だってわかってること、でも、少しでもおいしいのを作りたいと思うのは自然でしょう?そんなことわかってない人はいませんよ。

お礼日時:2002/06/22 17:01

SBK さん こんにちは



カレーなどの煮込み料理はやはり時間です。

以前、回答した内容です。参考になれば良いですが。コピペします。

●とんでもなく美味しいカレーの作り方

まずお水たっぷりの中に「鶏がら」を入れ、ことこと煮、鳥のだしをとります。コンソメも入れてください。その間、たまねぎ3つをみじん切りにし、弱火で狐色になるまで炒めます。それを、先のだし汁に入れ、煮詰めます。

ひき肉、にんじん、ピーマンのみじん切りを更に加えことことと煮ます。あく抜きは頻繁に行ってください。そして、欠かせないのが、「月桂樹」と「ナツメッグ」これら香辛料を入れことこと更に煮ます。

さあ、ここまで約4時間はたちました。いったん火を止め、市販のルーを入れ弱火で1時間ことこと煮ます。そして、ココナッツミルク、ガラムマサラを小さじ1杯入れ、醤油を大さじ3杯いれ少し煮ます。さあ出来上がり!ではありません。

火を止め24時間寝かせます。次の日、少量の牛乳もしくは生クリームと、りんご1個をすったのを入れことこと煮、出来上がり。

じゃがいも類は最初から入れてはダメダメ。崩れます。入れたいのであれば、あらかじめ煮ておき、食べる日に入れます。

約30時間根性のカレーです。お試しあれ。

当家ではここまでします。それこそたまらない味です。さて、後日このサイトで勉強したことですが、「ガラムマサラ」 は食べる直前に入れると良いとのことです。未だ試しておりませんが、きっとそうなんでしょうね。

朝一番でカレーが食べたくなりました。

それでは by クアアイナ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。やってみますっ。

お礼日時:2002/06/22 16:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ