玉子が好きで、温泉玉子もよく食べるのですが
皆さんのおすすめの「美味しいだし」のレシピを
教えてください。よろしくお願いします。
  m(_ _)m

A 回答 (4件)

納豆に付いてるタレです。

手抜きしたいなっていう時に大活躍。
味は、そこそこ、おいしいですよ。
ちなみに、ただ、かけるだけでは、甘いので、水でのばしたり、おしょうゆを入れたり、好みの味に調節してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 納豆のタレ・・・・・
我が家では使い切ります(笑)付属の調味料って
結構色々入れると複雑な味になりますよね。

 湯豆腐のタレとかあるのに、どうして
「納豆のタレ」「温泉玉子のタレ」とかって
売っていないのでしょうか?(爆)

 参考にさせていただきます。
 ありがとうございました。
  m(_ _)m

お礼日時:2002/03/13 23:24

だし汁7:薄口しょう油1:みりん1で作ってます。


みりんはアルコール分を飛ばさないといけないので、煮きってから使います。(だし汁に加えてアルコール分を飛ばしてもよい)

だし汁は、かつおと昆布で取っています。
一度にたくさん作っておいて、氷のケースで凍らせておけば使う分量だけ解凍して使えます。(凍ったら別の容器に移し替えます)
市販のダシの元でも、作れます。

砂糖を加えると、甘さがきつく感じますので、みりんの量で甘さの加減をしてください。

関西風うどんのお汁も、これをもっとだし汁で薄めたら作れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 (・ロ・)ホ,('ロ')ホーッッ!!!
 応用が利くのですね!とても便利そう。

 早速試させていただきます。
 ありがとうございました。

  m(_ _)m

お礼日時:2002/03/13 23:15

うちは昔からあじポンです!


ゆずなど味にくせ?のあるものより、「あじポン」が合う気がします。

たいした回答じゃなくてごめんなさい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 (  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! あじぽん・・・
かの「ガクト」様も大のお気に入りという・・・(笑)

 私個人的には、温泉卵にはあの酸味がちょっとなぁと
いう感じです。
 でも、参考になりました。ありがとうございます。

   m(_ _)m

お礼日時:2002/03/13 23:08

温泉玉子についてくる出し汁は甘すぎるのが欠点です。



既製品の甘くない素麺汁があるときで、玉子だけにかけるなら
ストレート、素麺などに入れるときは麺ツユの味で食します。

作るなら下のような分量配分ですが、私の家では甘いのが嫌いなので一切ミリンも砂糖も使いません。

「素麺ダシの味」
 出し汁・・・・・・600cc
 薄口醤油・・・・50cc
 日本酒・・・・・・50cc
(みりん)・・・・・・20cc

「玉子だけの汁」
 出し汁・・・・・・100cc      
 薄口醤油・・・・20cc 
 日本酒・・・・・・10cc
(みりん)・・・・・・・2cc 

*但し一般家庭では日本酒とみりんの分量が逆かも知れません!  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 遅くなってすみません。
 
 付属のだし・・・・温泉玉子、買わないんですよねー。
買ったとしても、残らない。(爆)

 麺つゆのように売ってもいないし。

 でも!さっそく教えていただいたレシピで
つくってみますね。

 ありがとうございました。 m(_ _)m

お礼日時:2002/03/13 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

料理レシピ検索
入力例) BBQ -  弁当 -  作り置き
主食: パスタ -  パン -   -  うどん -  そば
野菜: 白菜 -  大根 -  にんじん
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ
ヘルシーレシピお悩み別に取りたい栄養分と食品をご紹介。おいしく栄養が取れるヘルシーなレシピも大集合。カラダの中からキレイ!な食生活を目指しましょう。
季節野菜レシピ
季節野菜レシピ野菜はたくさん食べたいけれど、1度に使いきれなくて残ってしまうことはありませんか?旬の野菜を毎日でも飽きずに食べられるレシピです。
旬の魚レシピ
旬の魚レシピ食べごろのお魚や貝類を200%楽しみましょう。旬の魚貝を使って、バリエーション豊かなメニューにトライ!

カテゴリ