電車の中、病院の待合室、寝る直前のベッドの中、などで気軽に読める作品を教えてください。
「気軽」がポイントなので、シリアスなものはご遠慮ください。
小説・エッセイなどジャンルは問いませんが、日本人の作品で文庫で読めるものが良いです。
実はこの手の作品はそれなりに漁っている方だと自負していて、阿川佐和子、泉麻人、玖保キリコ、西原理恵子、さくらももこ、椎名誠、東海林さだお、土屋賢二、ナンシー関、原田宗典、松尾スズキ、宮沢章夫、宮嶋茂樹、群ようこといったあたりは大体読んでいます。
他にも浅田次郎『勇気凛凛ルリの色』、奥田英朗『延長戦に入りました』、辛酸なめ子『消費セラピー』、菅野彰『海馬が耳から駆けてゆく』、東野圭吾『あの頃ぼくらはアホでした』、三谷幸喜『オンリー・ミー』、村上春樹『村上朝日堂』なども読了しています。
(逆に言えば、上述の作品は電車の中で気軽に読めますので、オススメですよ)
「まだこんな掘り出し物があったのか!」と思わず膝を打つような良作のご推薦をお待ちしております。
よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

 角田光代の小説はいかがでしょうか。


 自然で軽い文体で書かれていて、読み手もすんなりと、今を生きる登場人物の一人になったような気分になれます。いろいろあるけど、まあいいか、といった気持ちになりたい時など、いいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

角田光代は『キッドナップ・ツアー』を読んだことがあります。
児童文学の風格で、気軽と言う点では言い得ているかも知れませんね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 00:21

今の人がいいんでしょうか…ちょっと昔じゃダメでしょうか(だったらスルーしてください^^;)



電車の中で気軽に読める文章として、内田百けん先生の文章を私は好んで読んでます。
「御馳走帖」も良いですし、「阿房列車」も良いです。
昔の人なんですけど、もともと先生自身もあまり深刻なものを好んではいらっしゃらない方なので、気軽に文を鬻いでいる、という感じです。
ちくま文庫なら全集も出てますので、まだまだたくさん読めますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内田百閒は『百鬼園随筆』を読んだことがあります。
軽妙洒脱が謳い文句でしたが、古典を読んでいるような感に陥り、気軽に読める感じではなかったかなと言うのが率直な感想です。
クラシックなところでは、向田邦子、幸田文と言ったあたりが耐えられるラインだと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 23:48

星新一さんですかね?


ショートショートはちょこちょこっと空いた時間に読める所が良いですよ。

文庫も薄くて軽いものが多いですし…。
お勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星新一は『人民は弱し官吏は強し』を読んだことがあります。
スマートで読みやすい文章だったと記憶しているので、ショートショートも探してみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 20:43

ゲッツ板谷


内田樹
養老孟司
池田晶子
竹内久美子
茂木健一郎
池田清彦
中島義道
中島らも
仲村清司
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全体にアカデミズム色の濃い人選ですね。
ゲッツ板谷あたりは楽しめそうです。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 11:31

なーんとなく、わかりましたぁ。



色川武大(阿佐田哲也)はご存知でしょうか?

もう逝ってしまいましたが、是非読んでみてください。
「麻雀放浪記」とかで有名ですが、修羅場をかいくぐってきた人の、、、、もうやめときます。うまく言えないから。

「気軽」がポイント、、、とありますので、↓の作品をお勧めいたします。
あなたのために編集されたようなものですよ。たぶん。
『色川武大・阿佐田哲也エッセイズ〈1〉放浪 (文庫)』・・・〈2〉、〈3〉とあります。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480038566/50 …

この色川武大(いろかわ・たけひろ)の弟分であった伊集院静にもちょっといいのがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色川武大は、『うらおもて人生録』を読んだことがあります。
確かに気軽な感じがして、電車内にぴったりですね。
伊集院静は、『あの子のカーネーション』を読んだことがあります。
涙腺を刺激するところもあって、気軽と言うには少し重い感じがしましたが、良作があればぜひ読んでみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 11:21

エッセイなら三浦しをんさんもおすすめです。


私はエッセイって基本的に苦手なんですが、
三浦さんのものは面白いと思います。
落ち着いている方が良かったら江國香織さんの『いくつもの週末』とか、どうでしょうか。

小説なら中村航さんのものが軽く笑えて、ちょっと読むのでも一気に読むのでも楽しめます。
三浦しをんさんの、角川文庫から出ている『ロマンス小説の七日間』も笑えますよ。
あとは深沢美潮さんの『サマースクールデイズ』とか。

さくらさんのエッセイは本当に素敵ですけど、
通勤中なんかには笑いを堪えるのが辛そうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江國香織は『都の子』を読んだことがあります。
落ち着いた文体ですよね。もう少し「気軽」感があっても良いと思うのですが…。
その他のご紹介の方の作品は読んだことがないので、今度書店で探してみたいと思います。
早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/15 11:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ