北朝鮮と日本の国交は正常化されていませんが,貿易はやっているようです。貿易は国交のあるなし関係なくできるのでしょうか。あと国交がなくても日本人が旅行や取材などで北朝鮮に渡ることはできるのでょうか?もし国交が正常化すると日本と北朝鮮の関係で変わることはどんなことでしょうか?大使館ができるとか…?

A 回答 (2件)

日本が北朝鮮との国交を樹立するには、金正日独裁体制が崩壊することが大前提です。



国民を飢餓にまで追いやって、軍事最優先政策を続けている現在のままで、国交を樹立しても、日本には何の意味もないばかりでなく、それは「人道無視外交」と言わざるを得ないでしょう。

一方、北朝鮮による日本人拉致事件が、解決の糸口さえ見出せない状況下で、日本が「人道支援」と称して北朝鮮に食糧や物資を供与することは、日本の国辱です。

こうした状況を打破するには、強い指導力を持った政治家が必要です。しかし、ご案内のとおり、日本にはそんな政治家はいません。あの河野洋平(田中真紀子の前任者)が外務大臣を務めていたぐらいですから、推して知るべしです。

鈴木宗男が、あれほど外務省に圧力を行使できたのも、有能が外務大臣がいなかったからです。

これからも、日本が毅然とした外交姿勢を示さない限り、日本人拉致事件が解決することはありません。

それには、アメリカのお家芸である空爆でも強行するぐらいの脅しが必要です。しかし、日本はやっと自衛艦を海外へ派遣できるようになった程度の軍事政策しか持ち合わせていません。

金正日を殺すのに空爆までは必要ありません。北朝鮮での内乱を誘導するだけで十分です。そうすれば、朝鮮人自身が金正日を殺してくれるでしょう。

内乱を誘導するには、「人道支援」を実施しないのは勿論のこと、まず、日本が世界に向けて北朝鮮への「人道支援停止」を宣言することです。そして、北朝鮮の孤立化を促進させ、もうどうしようもないところまで「窮地」に追い込むことが肝要です。

そうすれば、北朝鮮の国民の飢餓状態はより進行し、多くの国民が(何万人単位で)死ぬでしょう。そうなれば、金正日独裁体制の崩壊も時間の問題となり得ます。そのような状態になって初めて、日本にとって北朝鮮と国交を開く「価値」が生まれてくるのです。

今のままで国交樹立などしたら、大変です。日本は、「金(キン)」に「金(カネ)」を脅し取られるだけです。

結論として、私は、北朝鮮という組織が崩壊して、朝鮮半島が、一日も早く統一されることを望んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変分かりやすい回答ありがとうございました!

お礼日時:2002/04/11 14:27

貿易は国交のあるなしに関わらず可能です。

例:台湾
日本人の旅行や取材も制限付きながら可能です。
緒方健さんなんかも言っていますね。テリー伊藤も行ってます。ただああいう国ですから、自由に歩き回れるということはありません。単なる観光の場合は、必ず付き添いが付きます。商用で行く場合は自由に動くことも可能です。(日本からの観光客:年千人、商用:年二千人)。商社も取引をしています。安売りスーツは北朝鮮製も多いですよ。因みに平壌の外国人用ホテルではJCBのカードが使えます。旅行はJTB、近畿日本ツーリストでもツアーが出ていました。
もし国交が正常化すると、日本は北朝鮮に3兆円ほど戦争による賠償をしなければならないので(故金丸副総理、野中広務氏が約束してしまった。本当は朝鮮は当時日本であり、戦争をした事実はないんだけど)、そのお金で復興が始まります。商社・ゼネコンはうはうは! 大使館もできて正式な外交ルートで日本へ援助の要請が来るようになります(現在は人道援助をしているだけ)。もちろん抗議もばんばんきます。マスコミはかつてのように北朝鮮を褒め称え「これからは北朝鮮の時代」「停滞するアジア経済の牽引役に」とのスローガンで、「北朝鮮本場の冷麺特集」「はじける!平壌ポップス」「今問われる日本の教育~北朝鮮の教育現場から~」などの特番を組むようになり「北朝鮮ブーム」が起きます。そうすると「やっぱこれからは北朝鮮だよ」「北朝鮮に行ってみたい」と、田宮高麿が聞いたら泣いて喜びそうな言葉を若者が発するようになり、日本航空が成田~平壌線を開設。旅行代理店もこの機を逃すかと「YS11で行く地上の楽園ツアー」を企画して大当たり。これが引き金となり「朝鮮戦争特需」依頼の好景気となって日本経済が復活します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなかおもしろい回答でした。ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/11 14:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ