質問

板チョコを早く溶かそうと、器に乗せて蓋をせずレンジでチン!しました。なかなか溶けずに30秒ずつ様子を見ながら数回…。結局混ぜてもなかなか溶けないので湯せんでしたのですが、固まってしまいました。初めから湯せんですれば良かったんですけど。何がいけなかったのでしょうか?
チョコレートはレンジでは溶けないのですか?

通報する

回答 (5件)

レンジで溶かそうとすると平均に溶けず溶けた部分と固まりの部分をかき混ぜこれを何回か繰り返して全体を溶かします
温度を上げすぎるとチョコレートの分子が壊れ風味を損ないます。少し溶けたところで残りは湯煎でゴムべらでかき混ぜながらゆっくり溶かした方が良いと思います。
その後テンパリングをしますが作業中(温度を下げていくと)にチョコが固まってきます。その後の温度の微調節はヘアードライヤーで数秒温めゴムべらでかき混ぜながら作業しやすい温度に調整します

http://www.crownfoods.co.jp/tenparing.htm

この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
テンパリングって言うんですね、知りませんでした。ドライヤーを使うというのは目からうろこ!すばらしい発想に感激です。

チョコレートもバターも柔らかくするときは
あえて、湯せんでと書いてありますね。
高温で熱を加えると、変質して、冷めても元の状態には戻りません。
なので直火も電子レンジも×ですね。
処理温度は重要です。
実践でひとつ習得されたわけです。

この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ホントですね、^_^; 
学習しました。

板チョコ、と言っても、食べる用のチョコだと、いろんな添加物、砂糖、乳製品等が入っていて、うまく扱えない場合があります
溶かして何か別の形にしたい、と言う場合は、とりあえず「製菓用」と書かれたチョコレート(スイート、ミルク、ブラックなど)を使うといいと思います

溶かし方ですが、チョコレートはデリケートなので、レンジで溶かしたり、直火にかけると、焦げます
レンジは食品等の水分に電磁波を当てて暖めるはずですので、チョコレートにそこまで水分が入っているかと言うと・・・
溶かすときは湯煎でゆっくり行ってください
その際、湯気、水分、油分を嫌いますので、きれいな道具で、湯煎の湯が入らないように同じ大きさの入れ物で溶かしたほうがいいですよ

この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
子供のおやつにドーナッツを作ったのですが、甘味が足りずに不評だったのでトッピングしようと慌ててやったのが失敗でした。
今度はゆっくりやってみます。

チョコレートは細かく刻んでいるんですよね?

この回答への補足

刻んでいると言うか小さく割っているという感じです。

以下引用させてもらいます。電子レンジで溶かすコツは、一回で溶かそうとしないこと。チョコレート100gの場合、刻んだチョコを耐熱ボウルに入れ電子レンジ(500W)で約50秒~1分加熱します。全体が溶けていなくても、しばらくゴムベラでかき混ぜます。次からの加熱は5~10秒単位で行い、その都度よくかき混ぜます。多少粒が残り、かき混ぜるとようやく全体が溶けるくらいが理想的です。加熱時間は室温によって大きく違います。温かい部屋で作る場合は1回目の加熱時間は短めに設定しましょう。

この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
単にチョコを溶かすと言ってもなかなか難しいんですね。
またレンジで挑戦したいと思います。

このQ&Aは役に立ちましたか?219 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aに関連する記事

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

料理レシピ検索
入力例) 焼肉丼 -  栗ごはん -  かぼちゃプリン
主食: パスタ -  パン - 
野菜: キャベツ -  玉ねぎ -  じゃがいも
肉類: とり肉 -  ひき肉 -  牛肉 -  ぶた肉 -  レバー
魚貝類: あじ -  かつお -   -  まぐろ
その他: 切干大根 -  高野豆腐 -  干ししいたけ
調理方法: 焼く -  煮る -  和える -  炒める
テーマで探す今週のレシピ
ヘルシーレシピ10月2日
ヘルシーレシピ ポリフェノールを摂ろう。がんや動脈硬化、老化などの原因になるといわれる活性酸素を除去する抗酸化作用があるポリフェノールがとれるレシピ。
季節野菜レシピ10月2日
季節野菜レシピ女性に人気の食材「さつまいも」編。ビタミンCが豊富で、食物繊維が多く、お通じの改善も期待できます
レシピ特集10月2日
レシピ特集秋の味覚レシピ。秋刀魚、鮭、きのこ、なす、さつまいも…。色んなアレンジで秋の味覚をたっぷりと味わえるレシピ