ある本で読んだのですがその中の登場人物が実は真実を知りながら恐怖と誤解の為に完全に間違っているのにある思い込みを払拭できずに悩みます。
さて実生活でもありがちなことと思いますが皆さんの体験談やその問題の解決法などを募集します。

A 回答 (3件)

「ムンクの叫び」ってありますよね。


あれはムンクが書いた「叫び」なんですが、あの絵に書かれたほおを押さえている人がいるじゃないですか。あの人がムンクだと思ってました。
だって、昔、パンチングボールにもなったんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2002/03/27 18:28

shouziki777さん、こんにちは。



わたしの友人の話ですが。
小学校低学年のころ、給食に出た「蒸し」パンを「虫」パンだと勘違いして以来、
蒸しパンが食べられません。

低学年なので、給食の献立表にはひらがなで「むしパン」と書いてあったんですね。
それを見てびびりまくった友人は、当日ドキドキしながら給食の時間を待ったのですが、
出てきた蒸しパンには、ばっちりレーズンがちりばめられていました。
クラスのお友達がそれを食べているのを見て、友人は「やっぱり虫が入ってる・・・」と思ったらしいです。

もちろん今は、「虫」ではなく「蒸し」パンだということは頭では分かっているんですが、
その時のショックがあまりにもすごかったようで、いまだに蒸しパンはダメです。
解決できていないようです。
チョコチップが入っているのを見て、「虫だー!」と叫びます。

こういうことでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとう。

お礼日時:2002/03/26 01:36

思い込みですよね。


僕は小学生から中一ぐらいまで、
まじめに勉強とかしていると、20代くらいに
1年間くらい何もしなくて良い「お休み」があるもんだと
漠然と勝手に思っていました。
探検家とが活動しているのはそういう時期なんだと。
それが中学の時、
そんなものないんだと分かって、かなりガッカリでしたね。

あと、社会人になると、
1年は1月に始まって12月に終わる、と思っていました。
だって、12月には忘年会、1月には新年会があるでしょ。
でも、実際は4月に始まって3月に終わりますよね。
今にして思えば、
学校終わるのが3月なんだから、4月に新人が入ってくるから、
当然、学校と同じなんですよね。


なんとも例が抽象的でよく分からなかったのですが、
こういう事で良いんですか?
(9割がた違うと思いつつ書きました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとう。

お礼日時:2002/03/26 01:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ